猫の爪が二枚爪に!?これって大丈夫なの?【結論:大丈夫です】

「猫の爪を切ったら二枚爪のようになってしまいました。これって大丈夫なの?」

当の本人は痛がってない様子だけど、ボロボロで見た目も悪いし、本当に大丈夫なのでしょうか?

猫の爪の構造は人間の爪と違うので、心配になりますよね。

しかし安心してください。結論をいってしまうと「大丈夫!」です。

その理由をこの記事で解説していきます。

猫の爪が二枚爪に!?これって大丈夫なの?【結論:大丈夫です】


猫の爪を切ってあげたら、二枚爪のようになってしまいました。これって大丈夫なのでしょうか?

結論をいってしまうと「大丈夫です。安心してください」

なぜかというと、猫の爪の両サイドが二枚爪に見えるのは、そうやって爪が生え変わるから。放っておけば爪の成長とともに自然に抜け落ちるので大丈夫です。

ときどき部屋をお掃除していると、猫の爪が落ちていることってありませんか?

猫の爪はキャップのように重なっており、新しい爪を出すために爪とぎをして、古い爪を抜き取ります。

古い爪が抜け落ちる前に爪切りをすると、二枚爪のようになってしまう

放置しておけば、そのうち自然と二枚爪も元のとおりになるので、安心して大丈夫です。

やってはいけないNG行動

二枚爪になっていてもやってはいけないNG行動があります。それは下記のとおり。

  • 無理やりはがそうとしてはいけない

上記のとおりで、無理やり古い爪をはがす必要はありません。

もしも無理やりはがしてしまうと、出血する恐れもあるので、絶対にやってはいけません。

もしも出血してしまったら、↓コチラの記事を参照。

二枚爪のバリエーション

一口に「二枚爪」といっても僕がこれまで確認した中で、3種類のバリエーションがあるので、ご紹介しましょう。

爪がそのままタイプ


爪の形がそのままに、はがれようとしているタイプ。爪切りをしていなければ、通常このタイプで爪がはがれ落ちていきます。

たけのこタイプ


爪切りをしたあと、新しい爪が生えてきたタイプ。周りに残った古い爪がポロッと取れることはよくあることです。猫が自分で爪とぎをしてはがすことも。

四角い爪タイプ


定期的に爪切りをしている猫ちゃんに多いタイプ。これも問題ありません。自然にはがれ落ちるのを待ちましょう。

よくある誤解【カルシウムが足りてないんじゃ?】

はっきりと言いますが、猫の爪が二枚爪になるのと、カルシウム不足とは関係ありません。

猫の爪は硬いですが、皮膚と同じ「ケラチン(タンパク質)」からできているから。
カルシウムとタンパク質はまったくの別物です。

さらに、最近のキャットフードは栄養がバランス良く配合されているので、猫が栄養不足になる可能性は低いです。

これらのことから、二枚爪とカルシウム不足とはまったく関係がないので、心配しなくても良いということが分かりますね。

まとめ:猫の爪が二枚爪

この記事では、猫の二枚爪について解説してきました。ポイントをまとめましょう。

  • 猫の爪が二枚爪のようになっても、大丈夫です
  • 古い爪は自然とはがれ落ちるので、待ちましょう
  • 無理やりはがそうとすると出血するのでNGです
  • 猫の爪とカルシウムはまったく関係ありません

猫の爪に異常があると思うと心配になりますが、二枚爪に関しては心配いりません。

自然とはがれ落ちるのを気長に待つことにしましょう。