【猫の抜け毛】掃除のコツ・テクニックを解説【ブラッシングが超おすすめ】

「部屋のあっちこっちに猫の毛がつきまくって…。どうしたらいいの?」
「抜け毛の多さに悩まされている。」

この記事ではこうした質問・疑問に答えていきます。

3匹の猫(無限ムダ毛製造マシーン)を飼っている僕が、日頃おこなっている掃除方法やテクニック、意識しているポイントなんかをご紹介。

もちろん面倒くさいことはキライなので、簡単にできるものばかりです。お出かけ先で「うわっ!ここにも猫の毛がついてる」ということをなくせることでしょう。

ではさっそく見ていきましょう。

猫の毛を掃除するコツとテクニック


ふだん僕が、掃除しているシチュエーションごとに紹介していくので、気になるところがあれば参考にしてください。

布団・クッション・ソファ

布団を掃除

布団やクッション、ソファなどは問答無用でぜんぶ掃除機をかけています。

最初のころはコロコロ粘着シートを使っていたんですが、面倒くさくなってやめました。

掃除機は押すよりゆっくり引いたほうが、猫の毛を効率よくとることができます。
力を入れる必要はありません。

カーテン

カーテンの掃除
カーテンは、吊るしたまま掃除機でガーっと上からかけてしまえばOK

猫の毛はふわふわ空中を舞ってカーテンにもくっつきます。いがいと盲点なのでお忘れなく。

本だな

本棚の掃除
ハケ&掃除機のコンビネーションで本だなを掃除しましょう。

並べて立てていても、よく見ると本の上にも猫の毛がふわりと舞いおりています。ハケで「サッサッ」とほこりを掃いたら、すかさず掃除機で吸ってあげましょう。

ハケじゃなくても小さなホウキなんかも使えますね。

机の上

机の上は、ハンディモップかウェットティッシュで拭いてあげています。

カーペット

カーペットも掃除機がけですね。

回転ブラシが付いている掃除機がおすすめ。表面にからまっている猫の毛も、かきだして吸い取ってくれます。

ちなみに僕が愛用している掃除機は「dyson v6 cord-free pro」という掃除機です。めちゃくちゃよく吸ってくれて、アタッチメントもついてるのでおすすめ。
≫Dyson(ダイソン)のコードレス掃除機

フローリング

フローリングの掃除
フローリングも今は掃除機1本でやっています。

前はウェットシートで水拭きしていたのですが、案の定面倒くさくなってやめました、、、

掃除機でも十分ゴミがとれると思っているので、多分OKです。

畳(たたみ)

畳の掃除
畳も掃除機。

畳の目にそって掃除機をかける

注意ポイントは、畳の目にそって掃除機を動かしてあげましょう。ホコリとかもけっこう取れますよ。

衣服

衣服の掃除
馬毛の洋服ブラシでやさしくなでてあげましょう。

スーツやコートなどを着たあとは、これでホコリをとってからしまってあげます。

もちろん着る前にも猫の毛を発見したら、これでサッと払ってあげます。

押入れのしきい

敷居の掃除
押入れのしきいも意外とゴミがたまる場所。

かたまりになってくっついているので、棒などで引き剥がしたあとに、掃除機で吸ってあげます。

布団とか収納していると、わたぼこりも出るので定期的にチェックです。

パソコンの画面とキーボード

キーボードの掃除
パソコンなど電化製品を掃除するときも、ハケ&掃除機のコンビの登場です。ハケでサッサとはきながら、同時に掃除機で吸ってあげます。

吹き飛ばすのはNG

電気を使っているので、最悪のケースとしてパソコンから発火したり、パソコンが壊れたりするので、ほこりを吹き飛ばすのは絶対にNG。

とかいう僕も、以前にパソコンから異常なニオイの煙を出したことがあります。のどの粘膜がヒリヒリするようなツーンとしたニオイで、黄色い煙でした。「絶対に有害だろうな」と思います。

僕のようにならないように気をつけてくださいね。もちろんパソコンは壊れました、、、

パソコンを使っていると、猫が机に上ってきて横で寝ているってことないですか? うれしいんですが、必ず抜け毛が落ちてるんですよね、、、

エアコンフィルター

エアコンフィルターの掃除
やる気があるときは、お風呂でバケツに水をためてガシガシ洗ってあげます。(水洗い可能か確認はしましょう)

そこまでやる気ないときは、ハケ&掃除機のコンビでも十分ホコリは取れます。

車のシート

車のシートは唯一コロコロでやっています。なぜなら電源確保が難しいのと、掃除機を外まで持っていくのが面倒くさいからです。

その点、コロコロなら手軽に持っていけるので便利ですね。車のシートだけはコロコロです。

以上がふだん僕がおこなっている掃除方法です。参考にしていただけたらうれしいです。

猫のブラッシングが超おすすめな理由【抜け毛の量を減らせるから】


そもそも猫の抜け毛を少なくできれば、こんなに掃除しなくても済みそうですよね?
そう思った僕は、さっそく猫のブラッシングを開始しました。

↓買ったブラシはこちら

ブラッシングをした感想、、、

ブラッシング超おすすめ!

確実に抜け毛がへって、空中をまう猫の毛がへった気がします。

ブラッシングのメリット

  • 抜け毛が減った
  • スーツにつく猫の毛も減った
  • 猫が毛玉を吐く回数も減った
  • 猫の毛並みがツヤツヤになった

などなど良いことづくめでした。

もしも猫の毛がたくさん抜けて悩んでいるなら、根本として猫のブラッシングをするのはおすすめです。

僕も今ではほぼ毎日やってこれだけの量を収穫できました。
ブラッシングの成果
3匹ともショートヘアーですが、半年くらいでこんもり取れてますね。

これだけの量が部屋に落ちていたと想像すると、ブラッシングの重要性が身にしみて分かりますね。

まとめ:猫の毛の掃除

猫ってとても可愛いのですが、「無限ムダ毛製造マシーン」になるところが唯一のデメリットですよね。

ほんとに大変、、、

でも掃除しないともっと悲惨なので、掃除のポイントを押さえて実践してみてくださいね。