なじめばきまま Written by Fukutaro Sugiyama

猫が膝の上を取り合いすることってある?【対処法も解説します】

「猫を複数匹飼っていると、飼い主の膝の上を取り合いすることってありますか?喧嘩とかすると心配なのですが、いい対処法はありますか?」
こんな質問に答えます。

僕も猫を3匹飼っていて、この問題に悩まされたことがあります。

今ではそれなりの仲になってくれたので、それまでにおこなったことなどをご紹介していきたいと思います。

この記事を読んで、あなたのご家庭でも参考にしてもらえると嬉しいです。

本記事の目次

  • 猫が膝の上を取り合いすることってある?
  • 猫が膝の上を取り合いする原因
  • 膝の上を取り合う猫たちをうまくなだめる方法

さっそく見ていきましょう。

猫が膝の上を取り合いすることってある?

猫を複数匹飼っていると、飼い主さんの膝の上をめぐって取り合いになることがあります。

仲良く一緒に膝の上で寝てくれるならまだいいのですが、取り合いで喧嘩になったら心配になりますよね。

僕の家でもそうでした。

僕の家では3匹の猫を飼っているのですが、そのうちのちび子とミーちゃんの仲が悪く、喧嘩ばかりしていました。

あるとき、僕の膝の上にちび子が乗っていたのですが、そこに「私も乗せてー」とみーちゃんが後から乗ってこようとします。

ちび子はその場所を奪われたくなかったのか、シャーと威嚇しながら猫パンチを繰り出すしまつ。
それでも強引に登ってこようとするミーちゃん。

ちび子がわりと本気で怒っているので、僕もオロオロしてしまい、、、

結局ちび子は怒って逃げていってしまいました。

仲が悪いと心配になる

SNSとかでは一緒になって眠る猫たちがたくさん投稿されていますが、現実には毎日喧嘩ばかり…。

「いつか仲良くなってくれないかなぁ」なんて叶わぬ希望を持ちながら、心配する生活。

どうにかならないものでしょうか?

猫が膝の上を取り合いする原因


まずは取り合いをする原因を考えていきます。僕の考える原因は下記の3つです。

猫が膝の上を取り合いする3つ原因

  1. 猫は2匹いるのに、膝は1つしかない
  2. 近づきたい思いが強すぎる猫がいる
  3. 近づいてほしくない猫がいる

順番に解説していきます。

原因①:猫は2匹いるのに、膝は1つしかない

これが主な原因です。
猫は2匹いるのに、あなたの膝は1つしかないから。

もしもあなたの膝が2つあったら、2匹が取り合いをすることはありませんよね。

でもそんなことは不可能ですから、1つしかない膝をめぐってトラブルが起きるのです。

残念ですが、これはどうしようもありません。

原因②:近づきたい思いが強すぎる猫がいる

猫の世界の暗黙のルールに「早い者勝ち」というものがあります。

今回のケースで言うと、先に飼い主さんの膝の上に乗った猫が優先で、あとから来た猫は膝の上が空くまで待たないといけません。

思いが強すぎてルールを破ってしまう

しかしながら、近づきたいという思いが強すぎて、暗黙のルールを破ってしまう猫ちゃんもいるのです。

そうなると、喧嘩になることは火を見るよりも明らか。
お互いの言い分が食い違って、喧嘩になってしまうのです。

原因③:近づいてほしくない猫がいる

「ほかの猫とは距離をとっておきたい」と考える猫もいます。

どれだけの距離を許容範囲とするかは猫によってまちまちですが、すぐ隣どうしにいてほしくないことは確かでしょう。

先ほど紹介したちび子もこのタイプで、猫同士ではあんまり仲良くしないですね。

もちろん鼻を突き合わせてのあいさつ程度はするのですが、一緒に寝るなど考えられないと思います。

膝の上を取り合う猫たちをうまくなだめる方法


では原因を考えた今、どうすれば両者をうまくなだめることができるのでしょうか?

僕が試してうまくいった方法は下記のとおり。

  • 早い者勝ちルールを守る
  • 2匹目は、お腹に乗せる
  • めちゃくちゃ撫でる

こちらも順番に解説していきます。

早い者勝ちルールを守る

まず、膝の上にすでに1匹乗っていたら、基本的には2匹目は断りましょう。

先ほども紹介したように、猫の世界には暗黙のルールとして「早い者勝ち」があるから。

このルールを飼い主が破ってしまうと、秩序がなくなり、家の中がカオスになります。

そこかしこで喧嘩するようになってしまうかもしれません。

それはダメですよね。
そうならないために、ルールはしっかり守りましょう。

2匹目は、お腹に乗せる

1匹目がある程度許してくれる場合もあります。そんなときは、2匹目をお腹に乗せることで無駄な争いを避けることができるでしょう。

飼い主は寝る必要があります。

当然のことながら、お腹に乗せると言うことは、あなたは寝っ転がる必要があります。

飼い主→仰向けで寝る
1匹目 →膝の上で寝る
2匹目 →お腹の上で寝る

最終的には上記のような構造になりますね。

めちゃくちゃ撫でる

どうしても寝っ転がれないという場合もあるかと思います。
そんなときは、1匹目をめちゃくちゃ撫でて機嫌をとってあげましょう。

けっこう効果的

僕が実験した範囲では、この方法はかなり効果的でした。

ちび子が最初に乗っていて、あとからミーちゃんが来た場合でも、ちび子をめちゃくちゃ撫でてあげることで、2匹は一緒に僕の膝の上で寝るようになったんです!

猫も撫でられるといい気持ちになる。

猫もいい気持ちになると、ほかの猫のことを許してあげようという気持ちになるんでしょうね。

めちゃくちゃ撫でる。この方法は意外と効果的ですから、ぜひ試してみてください。

まとめ:猫が膝の上を取り合いする

今回は、猫が膝の上の取り合いをしていて喧嘩になる原因と対処法をご紹介しました。

猫が膝の上を取り合いする3つ原因

  1. 猫は2匹いるのに、膝は1つしかない
  2. 近づきたい思いが強すぎる猫がいる
  3. 近づいてほしくない猫がいる

対処法

  • 早い者勝ちルールを守る
  • 2匹目は、お腹に乗せる
  • めちゃくちゃ撫でる

我が家では上記の方法を実践してみて、うまくいっています。

全てのご家庭にうまくいくとは限りませんが、やったことがないならぜひ試してみてください。

猫たちがうまくいくといいですね!