猫にレモンを与えても大丈夫?【答え:果肉はOK・皮はNG】

「レモンの匂いに誘われて食べたそうにしているんですが、猫にレモンを与えても平気でしょうか?」
こういった質問に答えます。

レモンはビタミンが豊富で体に良いと言われますが、すっぱくてそのまま食べることはあまりないですよね。果たしてレモンを猫に与えてもいいものか?と疑問に思います。

  • 猫にレモンを与えても大丈夫?
  • 猫がレモンの匂いを嫌うのはなぜ?
  • レモングラスは猫が食べても大丈夫?
  • 猫がレモンを食べてしまった時の対処法

上記のようなトピックを扱っています。

猫にレモンを与えても大丈夫?【答え:果肉はOK・皮はNG】

結論をいうと、「猫にレモンの果肉を少量ならOKですが、皮を与えるのはNG」です。とはいえ、基本的にレモンを与えるのはオススメしません。

レモンの皮に含まれる「リモネン」がNG

レモンの皮には「リモネン」と呼ばれる成分が含まれています。これは柑橘系の皮に多く含まれている成分で、シールはがし用のスプレーや香料として利用されています。

WHO(世界保健機関)が発行している「国際簡潔評価文書 リモネン」によると、「猫の胆石を溶かすのにおこなったリモネンの注入が、急性および慢性の炎症を引き起こした。」とあります。

また、犬にリモネンを口から摂取させると、悪心(嘔吐に先行するむかつき)および嘔吐を起こさせた、と書かれています。

つまり、詳しくは書かれていませんが何らかの毒性があるということです。

大量に摂取すると肝臓に悪影響をおよぼす可能性

同じ文章の「健康への影響の評価」という副見出しを見ると、リモネンが肝臓に影響することが書かれています。

・各種の肝臓酵素の量と活性
・肝重量
・コレステロールレベル
・胆汁流量

上記のような変化がマウス、ラット、イヌで見られました。
猫については述べられていませんが、同じような危険性があると考えておくと良いでしょう。

レモンの果肉や果汁は大丈夫

その一方で、レモンの果肉や果汁を少量なら猫に与えても大丈夫です。しかしご存知のとおり、レモンはすっぱいです。この酸っぱさを嫌う猫も多いことから、好んで食べる猫は少ないでしょう。

健康な猫はビタミンCを体内生成できる

レモンにはビタミンCが豊富に含まれていることでも有名。「ビタミンC=レモン」というくらいイメージを持たれる方もいるかと。ビタミンCは猫にも必要な栄養素であることから、レモンを与えようと考えるかもしれませんが、、、

猫はビタミンCを体内で作ることができる

猫は自分の体の中で、ビタミンCを作ることができるのです。もちろん人間や犬はできません。どうしてこういった体をしているのか詳しい事はわかっていませんが、、、

猫はビタミンCを摂取しなくても良い

だからレモンをわざわざ与えなくてもいいんです。

結論:レモンを積極的に与える必要はない

これまで見てきたことから、猫はレモンの果肉を食べることができますが、積極的に与える必要はまったくないです。むしろ嫌いな猫も多いので、与える必要はありませんね。

猫がレモンの匂いを嫌うのはなぜ?


レモンを猫の前に差し出すと、クンクン匂いをかいでから「うぎゃっ!」顔をゆがめて逃げていきます。なぜそんなにレモンの匂いが苦手なのでしょうか?

答え:レモンの匂いが腐った肉の匂いに似ているから

実は、猫はレモンの匂いが苦手というより「すっぱい匂い全般が嫌い」です。自然界においてすっぱい匂いを発するものと言えば、そう。腐った肉です。

すっぱい匂い→腐った肉→危険の食べ物

上記のように連想して、腐った匂いを嗅ぎ分けることで自分の命を守っているのです。

こうした名残から、猫はすっぱい匂いを敏感に嗅ぎ分け、鼻を曲げるようになったのです。

ちなみにミカンやオレンジといった柑橘系の匂い全般が嫌いな猫が多いですね。

レモングラスは食べても大丈夫?


レモンと名前が似ているレモングラスはどうでしょうか?

レモングラスは猫が食べてもOKです。

レモングラスはレモンを同じ匂い成分が含まれており、爽やかな香りが特徴の植物。
猫にとっては嫌いな匂いの1つですが、猫が食べても問題はないのです。

ただしアロマオイルは絶対にNG

アロマオイルにもレモングラスが使われることがありますが、こちらは絶対にNGです。成分が凝縮され、アルコールなどと一緒にされたものなので、猫が舐めたりすると深刻なダメージを与えることがあります。

猫がレモンを食べてしまった時の対処法


最後に、猫がレモンを食べてしまった時の対処法をご紹介します。

体調に変化がないようなら様子をみましょう。

少量であれば、大きな問題になることは少ないでしょう。レモンの皮をペロリとひと舐めしたくらいなら、体調を崩すことは少ないと思います。

とはいえ、万が一体調が悪くなったときに備えて、1日ほど様子をみてあげると安心ですね。

明らかに体調が悪いなら、すぐに動物病院へ

吐き気や嘔吐、下痢などいつもと違う様子が見られたら、すぐに動物病院を受診しましょう。

中毒症状の場合、放っておくとますます悪化してしまい、最悪の場合死にいたることもあります。

いつ・何を・どのくらいの量食べたのか

上記のことを獣医さんに伝えましょう。

まとめ:猫にレモンを与えても大丈夫?

答え:果肉はOK。皮はNG。基本的に与えるのはオススメしません。

ほとんどの猫はレモンの匂いを嗅いで逃げていきますが、まれにレモンが好きな猫もいるようです。

皮には十分に注意して、果汁だけをキャットフードに垂らしてあげるといいかもですね。