【気になる】猫の口が黒いんですが、これって大丈夫?

猫の口に黒いところがあるんですが、これって大丈夫ですか?

口が黒いといってもいくつかあるので、この記事で謎の黒い正体を3つ暴いていこうと思います。

謎の黒い正体

  • 口の粘膜に黒いポツポツ
  • 口の中全体が黒い
  • あごに黒いポツポツ

猫もいろいろ病気があったり、原因不明の症状があったりするので、これに限らないと思いますが、参考程度に見てくださいね。

猫の口の粘膜に黒いポツポツ

粘膜と言われるとイメージしづらいかもしれませんが、要は「唇や口の中に、黒いシミみたいなのができている」状態のこと。

直径1ミリくらいの丸くて黒いシミみたいなのができても問題はない

なぜなら、茶トラは加齢とともに唇に斑点が出てくるから。
私は茶トラ猫を飼ったことがないのでわかりませんが、よくあることなのだそうです。

粘膜と皮膚の境目あたりにポツポツと増えてくることが多く、3歳などわりと若い頃から出てくる猫ちゃんもいるそう。

茶トラに限らず、しょうが色っぽい猫ちゃんは黒い斑点が出てくるのかも。

プクーっと膨らんでいたり、かゆみや痛みがなさそうなら放置OKです。

ちなみにこの現象の正式名称は「単純黒子(たんじゅんほくろ)」「多発性黒子(たはつせいほくろ)」と呼ばれ、遺伝でメラニンが過剰になっていることが原因です。

最終的にこれらの黒子は1つにつながりあい、粘膜部分が黒茶色になったりしますが、特に問題はありません。

猫の口の中全体が黒い


黒子のように一部が黒い猫ちゃんもいれば、粘膜全体が黒い猫ちゃんもいます。

私の飼っている猫も、粘膜が黒い猫です。

写真の猫は、アメリカンショートヘアーの雑種で、性別はメス、年齢は13歳。

おそらく生まれた時から黒かったんじゃないかと思います。気づいた頃にはもう黒かった、、、

粘膜全体が黒い場合も、特に健康に影響はないので、問題なし。

私の飼っている猫は黒いですが、キレイなピンク色をしている猫ちゃんもいますよね。
白猫に多いと思いますが、肉球までピンク色でかわいいですよね〜

猫のあごに黒いポツポツがある


あごに黒いゴマのような謎の黒いポツポツ、、、
その正体は、猫ニキビ!

猫種を問わずどんな猫でもできる可能性があるんです。
なぜなら、猫でも自分であごまでは毛づくろいできないから。

キャットフードの食べかすがついたり、よだれで汚れたりしても、猫にはキレイにするのが難しい部分なんですね。

放っておくと悪化して出血したりするので、ニキビだからと言って甘くみてはいけないのです、、、

でも症状が軽いうちなら簡単に取り除くことができるので、定期的にみて、黒いポツポツがあるようならとってあげましょう。

【簡単】猫ニキビの取り方

猫ニキビを湿らせて、柔らかくなったら拭き取っておしまい。

タオルでもガーゼでもコットンでもなんでも良いので、ぬるま湯で猫ニキビをふやかすと簡単です。

あとは清潔なタオルなどで拭いておしまい。

ティッシュでも大丈夫ですが、水に濡らすとボロボロになるので使いにくい、、、
でも身近にティッシュしかないなら、ティッシュでも全然問題ないですね。

拭きながら、「血が出てないかなー」とか「毛が抜けてないかなー」と症状の重さを見てあげてください。

悪化してくると、皮膚の炎症やかゆみを伴い、猫が足でかきむしることで出血することもあります。

その傷口から、細菌感染してしまうと自力での治療は難しいので、獣医師さんの治療を受けることが必要です。

ニキビだからと言って、甘く見てはいけない・・・

猫の口が黒いまとめ

猫の口が黒くても、大抵の場合はすぐに処置が必要なわけではありません。
この記事で猫の口が黒い原因を3つご紹介しました。

  • 茶トラは、加齢とともに口に黒い斑点が出てくる。
  • 口の粘膜全体が黒い猫もいます。
  • 猫のあごが黒いのは「猫ニキビ」。根気よくとっていけば、治ります。

黒い斑点が出るとビックリしますよね。「これって病気じゃないの?」と疑ったり、、、

でも小さい変化でも気が付けるって、猫のことをよーく観察して愛している証拠だと私は思います。

今回は特に問題ありませんでしたが、万が一ということもありますから、猫の小さい変化に気が付けるってとても大事なことですね。

私も見習いたいと思います。