【心配】猫がゴロゴロ鳴きながらよだれを垂らすって異常なの!?

猫がゴロゴロ鳴きながらよだれを垂らしている。これって異常ではないの?なでて喜んでいるのはとっても嬉しいことなんですが、これはちょっと気になりますよね…。

「うちの子、大丈夫なのかな!?」

この記事では、猫がゴロゴロ鳴きながら垂らすよだれにどんな理由があるのか解説していきます。

いがいと異常がない場合もあるので、まずは落ち着いて読んでくださいね。

喜ぶとよだれを垂らす猫もいる


実は、リラックスしていると、よだれをポタポタ垂らす猫ちゃんっているんです。

べつに病気とか異常があるわけでもなく、猫が撫でられて「気持ちいい」と感じると、自然と出てしまうようです。

そもそも唾液とは、緊張していると分泌量が減り、リラックスしている時には分泌量が増えます。

自律神経が関係していることなので、意識してよだれを増やしたり減らしたりすることはできないんですね。

人の場合でも、緊張していると口が乾くってよく聞く話です。

猫の場合も同じで、よだれがたくさん出ているってことは、リラックス状態にあるって判断できるのです。

もしも健康で、よだれをポタポタ垂らす猫ちゃんがいたら、それは、猫があなたに対してとっても良い感情を持っている証拠。

ボタボタ垂らされるとちょっと心配になりますが、基本的には喜んで大丈夫です。

前歯が長くて、口が閉まらないのかも

他の理由としては、口のしまりが若干ゆるいってことも考えられます。

口がちゃんと閉まらなくて、隙間からよだれが漏れてしまうってパターンですね。

例えば、猫によって歯の大きさはさまざまですが、前歯(正確には門歯/切歯といいます。)が大きい猫ちゃんは、口の閉まりが悪く、よだれを垂らすことがあるそうです。

この場合も病気ではないので、安心して大丈夫。

人の場合でも、寝ていると口の筋肉がゆるむので、起きたらよだれをたらしていたってことありますよね?僕もうつ伏せで昼寝をしていて、起きたら枕によだれを垂らしていたってこと何回もあります。

ちょっと恥ずかしいですけど、病気ではないので、猫の場合もそこまで心配しなくても大丈夫だと思います。

よだれが垂れて心配なら、獣医さんにみてもらおう


猫がよだれを垂らす理由には、リラックスしている以外にも、ケガや病気の可能性があります。

あごがベッタベタに濡れるほど多量のよだれが出ているなら、お口トラブルの可能性も。

僕の猫は以前、遊びでカエルを噛んでしまったようで、口が開けっ放しのよだれをポタポタ垂らしている状態になったことがありました。

捕まえようとすると、なぜか逃げ回って威嚇してくるので、捕まえられず、本当に心配でした。2日ほどたったら治ったようで、いつものようにご飯を食べてくれてホッとした記憶があります。

もしも、本当に心配だったら、動物病院に相談することをオススメします。
獣医さんにみてもらって、異常がないのであれば安心ですし、異常が見つかれば対処することができるからです。

飼い主だから感じる、ちょっとした異常に気がついたら、まずは動物病院で診察をうけるようにしましょう。

猫のよだれ跡を防ぐ方法とは?


では最後に、よだれ跡を防ぐ方法をご紹介しましょう。放っておいても良いのですが、洋服とかソファにつくとなんとなく汚い感じがしますよね。

まずは洗濯機で丸洗いできるものは、容赦なく洗濯機で洗ってしまいましょう。問題なのはソファや布団。どうやって汚れを防いだら良いのでしょうか?

よだれ跡を防ぐ方法2つ

  • カバーをかけて防ぐ
  • 猫用のベッドを用意する

サクッとみていきます。

カバーをかけて防ぐ

ソファや布団の上にカバーをかけて防御します。布団カバーは簡単に手に入れることができますね。

ソファカバーはネットショップで[ソファ カバー]と検索すれば見つけることができますよ。専用品でなくとも、大きめのタオルケットとかでもカバーすることができます。

ご自身のお気に入りの柄に合わせてカバーしましょう。

猫用のベッドを用意する

発想としては「ソファや布団に上げさせないようにする」ことです。しつけできるならそれでも構いません。

でもうまくしつけられないこともあるので、そんな時は、猫用のベッドに上手いこと誘導して、間接的にソファに上げないようにすることもできます。

ポイントは猫が好きな素材のベッドを選ぶこと

猫はかなりこだわりが強いですから、そこらへんのチョイスは、飼い主であるあなたが、一番よく知っているはず。

「ここ、とっても良い場所でしょ?ソファなんかよりもフカフカよ。」と猫に教えてあげましょう。

まとめ:猫がゴロゴロ鳴きながらよだれを垂らす

この記事では、猫がゴロゴロ鳴きながらよだれを垂らすのは、異常なのかどうか?ご紹介してきました。

  1. リラックスして、よだれを垂らす甘えん坊な猫ちゃんもいます。
  2. 口の閉まりが悪く、隙間からよだれが漏れている可能性も。
  3. それでも心配なら、獣医師さんに相談することもできますよ。
  4. よだれ跡は、カバーや猫用ベッドを用意して、防ぎましょう。

リラックスして垂らすよだれ、ちょっと汚いけど飼い主としては嬉しいことですね。猫の健康にも気をつけつつ、よだれと上手に付き合っていきましょう。