なじめばきまま Written by Fukutaro Sugiyama

猫の肉球が切れた時、どうすればいい?【飼い主にできる対処法を解説】

「猫の肉球が切れてしまいました。これってどうしたら良いでしょうか?放っておいても大丈夫?それとも動物病院へ連れて行った方がいい?」
こんな質問に答えます。

飼い主さんがどう対処するかは、傷の具合によって違ってきます。

この記事ではとくに、切り傷、やけどについての対処法や判断の基準についてまとめました。

迷ってしまうような状況に対処しましょう。

本記事の目次

  • 猫の肉球が切れた時、どうすればいい?
  • 猫の肉球が切れてしまった時、飼い主にできる治療法
  • 猫の肉球が切れてしまうのを予防する

適切な対処をして、猫の健康を守りましょう。

※この記事は病気を診察したり、特定の治療法をすすめるものではありません。専門的な処置については獣医師の判断を仰ぐことをお勧めします。

猫の肉球が切れた時、どうすればいい?


猫の肉球トラブルで多いのは、切り傷・やけど。
どう対処するのが最善か?判断材料になるのは下記のとおりです。

肉球のケガ【判断ポイント】

・傷の原因
・傷の大きさ
・化膿しているか
・傷になってからの日数
・本人が気にしているか

上記のとおり。さまざまなケースがあることでしょう。

明らかにヤバそう…。と感じるなら動物病院へ行くことも迷いませんが、、、

「これってどうなんだろう?」と判断に迷うケースもあるかと思います。

動物病院へ行った方がいいと思われるケースをご紹介します。

切り傷の場合

・傷口から血が出ている(傷が深い)
・切り傷がパックリ割れている
・傷口が化膿している(うみを持っている)
・本人がしきりに傷口を気にしている
・不衛生なもので切ってしまった

傷口の確認のためにまずすることは、傷口の洗浄です。

流水で洗い流すのがベストですが、猫が嫌がる場合、水で濡らした清潔なガーゼで拭き取るという方法もあります。

その後、応急処置として乾いたガーゼを当てながら手で圧迫止血をします。

やけどの場合

基本的にすぐに冷やしてください。

保冷剤をタオルで巻き、やけど部分に当て、20分程度冷やして様子を見ます。(軟膏などは塗らない)

その後の状態により動物病院に連れて行くか判断します。

・肉球が腫れている
・肉球が赤くなっている
・肉球の皮がただれている
・肉球の皮が剥がれている
・ブクブク水ぶくれになっている

上記のような症状は、重度の火傷の症状です。やけどの具合を獣医さんに診察してもらいます。

一方で、猫が普通に歩ける程度であれば、軽度の状態だと思われるので、お家で様子を見てもいいでしょう。

猫の肉球が切れてしまった時、飼い主にできる治療法


お家で少し様子を見ると決めた時、飼い主さんにできることをご紹介します。

治療の基本方針

化膿(悪化)しないようにしつつ、傷の治りを地道に待つ

上記のとおり。

悪化させないようにする方法

大切なのは、傷口を清潔に保つことです。

外に遊びに行く猫は、砂や泥などが付着して不衛生な状態になるので、傷が治るまではお家で過ごしてもらいましょう。

猫が過ごす環境を掃除するのも大切

床のホコリをはいたり、猫ベッドを洗ったりすることができます。

猫がトイレに行くと、どうしても猫砂で肉球が汚れますので、毎回拭いてあげることも心がけてください。

傷の治りを地道に待つ

肉球はケガをすると、治りにくい部位なので、傷の治りを地道に待つ必要があるでしょう。

とはいえ、治るのには時間がかかりますが、化膿さえしないように注意していれば、徐々に治っていきます。

猫が傷口を気にしていないか、たびたびチェックしてあげてください。

猫の肉球が切れてしまうのを予防する


最後に、2度とこのような事故を防ぐためにできることをご紹介します。

肉球の乾燥を防ぐ

健康な肉球は潤っていてぷにぷにしています。

しかし乾燥すると、ひび割れたり、ケガもしやすくなってしまい、いい事はありません。

特にシニア猫は乾燥しがちなので、猫専用の保湿クリームを塗って保湿をしてあげましょう。

定期的に爪を切る

爪を切るなら、自分も他の猫も傷つける心配がなくなります。

喧嘩をしてしまっても、被害を最小限に抑えることもできるでしょう。

シニア猫は注意が必要

また、シニア猫は爪研ぎをしなくなるため、いつまでも伸び続けて、肉球に刺さるということがあります。

こうなると動物病院で処置してもらう必要があるため、シニア猫の爪は特にケアをすることが重要です。

家の中の危険な場所に近づけない

・調理台
・ストーブ
・花瓶のそば

上記のとおり、やけどやケガの原因となりやすい場所を知って、対策をしておきましょう。

調理台は包丁やコンロなど、知らずに触ってしまいケガをしやすい場所です。

冬場はストーブで肉球をやけどしてしまうことがあります。周りをストーブガードで囲ってあげるなど対策が必要。

花瓶やガラス製の置物を倒して、猫がその上に着地してケガをしてしまうこともあります。

できるなら、猫が興味を持ちそうな置物は置かない方がいいですね。

とはいえ、全てを予防するのは無理

「全てのリスクを回避することができる。」と考えるのは現実的ではありませんよね。

我が家も注意は払いつつ、やはり物を置いてしまったり、注意が散漫になっていることがあります。

ポイントは、無理のない範囲で対策をしてあげることでしょう。

家の中を1度確認してみることから始めると、良さそうですね。

まとめ:猫の肉球が切れた

猫の肉球が切れたり、やけどをしてしまったときに、どうしたらいいのかを解説してきました。

どうしてもケガをしてしまうことはあります。
大切なポイントは、化膿(悪化)させないで、回復を待つことでした。

もちろん、それでも心配な場合もあることでしょう。
そんな時は、迷わずに動物病院へ連れて行ってくださいね。それがベストです。