なじめばきまま Written by Fukutaro Sugiyama

猫の肉球がカサカサになる原因【おもに乾燥】対処法も解説します。

「猫の肉球がカサカサして乾燥しています。どんなケアをしてあげたら治りますか?」
こんな質問に答えます。

ぷにぷにとした感触が本来の肉球ですが、ぷにぷに肉球がカサカサ肉球になることが!

この記事で原因や、ぷにぷに肉球に戻す対処法をご紹介していきます。

本記事の目次

  • 猫の肉球がカサカサになる原因【おもに乾燥】
  • 猫の肉球が乾燥でカサカサになった時の対処法
  • おすすめ3選!肉球ケア専用グッズ

さっそく見ていきましょう。

猫の肉球がカサカサになる原因【おもに乾燥】


猫の肉球がカサカサになってしまう原因は下記のとおり。

・乾燥
・怪我
・病気

順番に解説していきます。

原因①:乾燥

肉球がカサカサになるのは、乾燥によるものが一般的です。
・部屋が乾燥している
・暑いアスファルトの上を歩いた
・暖房器具で低温やけどをしてしまう

肉球も人間の手と同じような材質なので、乾燥するとカサカサになったり、ひどい時にはひび割れてきてしまいます。

肉球は一度ひび割れてしまうと、治りにくい部位。
でも根気よく保湿してあげれば、もとのぷにぷに肉球に戻すことができます。

原因②:怪我

鋭い石などの上に着地したときに、怪我をしてしまい、切り傷ができてしまうことがあります。

切り傷の部分がかさぶたのようにカサカサになっているのかもしれません。

ちょっとした傷なら自然と治りますが、出血している場合には、雑菌などが入ってしまい悪化することがあるので、念のため動物病院を受診しましょう。

原因③:病気

例えば、猫の肉球が炎症を起こして腫れてしまう病気に『形質細胞皮膚炎』があります。

原因ははっきりとは分かっていませんが、一説には免疫力の低下から起こるのではと言われています。

初期症状では「腫れるだけ」ですが、悪化すると肉球がしぼみ、潰瘍(かいよう:表面がくずれ、内部にまで及ぶ)ができてしまい、痛みを伴うようになります。

カサカサ肉球の悪影響

肉球にはいくつもの大切な役割があります。
カサカサになると、その役割を果たせなくなってしまうので注意。

肉球の役割

  • 歩くときの滑り止め
  • 着地する際の衝撃吸収
  • 歩くときに足音を立てない
  • 肉球で地面の感触を判断する
  • マーキング、匂いつけ

上記のとおり。

猫の肉球が乾燥でカサカサになった時の対処法


肉球がカサカサになっていたら、どう対処したらいいのでしょうか?

猫用の肉球ケア専用グッズを使用する

保湿をしてあげることが何よりも重要です。

猫用の保湿クリームなどを塗ってあげると良いでしょう。

乾燥が進んでひび割れるのを防いでくれます。

人間用のクリームを使ってはダメ?

人間用の保湿クリームを使ってはNGです。

なぜなら、人間用のものは、香料や猫に毒となる成分が入っていることがあるから。

僕の家にもニベアの青い缶がありますが、これらは人間用の保湿クリームなので、猫に使っちゃいけません。

グルーミングの際によく舐める場所なので、塗るものには十分注意が必要です。

ワセリンとかオリーブオイルもダメですか?

猫用クリームがどうしても入手できない場合、使っても大丈夫です。

エキストラヴァージンオイル

食用のオリーブオイルですね。

塗るときにはほんの少しで大丈夫。うすーく伸ばしてあげましょう。

白色ワセリン

ワセリンの中でも”白色ワセリン”は不純物が少ないので、大丈夫です。

よく見かける青色のケースに入ったヴァセリンは避けた方が無難かもしれません。

ワセリンは塗るとベタベタになってしまうので、猫が嫌うかもしれません。
気になる場合は、限りなく薄く塗りましょう。

おすすめ3選!肉球ケア専用グッズ

・入っている成分
・香りが強過ぎないもの
・塗ったあとサラッとする

上記3つのポイントをふまえて、おすすめ商品をご紹介します。

みつろうクリーム 肉球ケア用

・100%天然成分で作られた肉球クリーム。
・無香料でベタつきも少ないので、使いやすい。
・もちろん猫が舐めても安心です。

犬猫用 みつろうクリーム

・ホホバオイル、オリーブオイル、椿油を配合
・保存料や香料が全く含まれていない。
・猫が舐めても安心。

肉球クリーム 犬猫用

・防腐剤や着色料などが一切含まれていないので、安心して使用できる。
・椿オイル、スクワランオイル、みつろうのみを使用している。
・無香料だが、かすかにみつろうの匂いあり

塗るときの注意ポイント

まずは薄めに塗って、猫の反応を見る。

猫が違和感を感じると、いつまでも舐め続けてしまう場合もあります。

まずは薄めに塗ってみて、猫の様子をみてあげてください。

また、塗ったあとに肉球に異常がないか?を確認するのも忘れずに。