猫にさつまいもを与えても大丈夫?【答え:食べてもOKです。】

「猫にさつまいもを与えたいのですが、大丈夫でしょうか?」
こういった質問に答えます。

僕は子供の頃、焼き芋が大好きで、お腹がパンパンになるまで食べた幸せな思い出があります。
愛猫に幸せを共有してあげたいと考えるその気持ちもよーく分かります。

  • 猫にさつまいもを与えても良いのか?
  • さつまいもを与える際の、注意点

こういったトピックをご紹介していきます。

猫にさつまいもを与えても大丈夫?【答え:食べてもOKです。】

猫にさつまいもを与えても大丈夫です。問題ありません。さつまいもはキャットフードにもよく使われている材料で、安全な食べ物です。

あとでキャットフードのパッケージを見てみてください。市販されているものであれば、さつまいもが入っていることでしょう。

もちろん無理に与える必要はない

猫は肉食動物ですから、さつまいもを無理に与える必要はありません。キャットフードを食べていれば、基本的な栄養はまかなわれています。おやつ感覚として与えるのが良さそうですね。

少量あげると猫の健康を促進する

一例として、整腸作用が期待できます。これは「ヤラピン」という成分のおかげです。

また、さつまいもには食物繊維が豊富に含まれています。便秘気味の猫にあげると、便秘改善が期待できます。

食欲を刺激することも

さつまいもが好きな猫の場合、キャットフードにさつまいもを少量添加してあげると、食欲が戻ることがあります。ふりかけ感覚で与えるといいですね。

猫にさつまいもを与える時のポイント


さつまいもが好きな猫に、どうやって与えるとベストなのでしょうか?ポイントを5つご紹介します。

1.与え過ぎない

さつまいもは炭水化物の塊と言えるので、たくさん与えると猫の肥満の原因になってしまいます。1日に輪切り1枚程度を目安にするといいでしょう。

あくまでもおやつ感覚で、毎日の食事摂取量の10%を超えるべきではありません。

2.皮をむいてから与えよう

さつまいもの皮はむいてから与えた方が、消化不良の心配が少なくなります。

「皮をむかずに与えるのがベスト」と書かれている記事を目にすることもあります。確かに皮の近くは栄養価が高くなっています。しかしながら、さつまいもの栄養を目的として与えてはいないので、むいてから与えてもOKです。

3.加熱してから与えよう

さつまいもは小さくカットしてから蒸すか、茹でるかして加熱してから与えると消化が良くなります。電子レンジでチンしても良いですね。

僕は電子レンジでチンした、ほくほくの焼き芋が大好物でした。お腹がポッコリ膨れるまで、たくさん食べたのは、良い思い出です。

4.あげるときの温度に注意!

熱々のまま猫にあげると火傷してしまいます。加熱したさつまいもを与える際は、人肌(35度)くらいまで冷ましてあげてくださいね。

5.味付けはいっさいしない

人間が食べるように味付けをしてはいけません。砂糖などを加えると肥満や虫歯の原因となってしまうことも。

また、お惣菜やスイーツに含まれていることがありますが、そのようなさつまいもは与えないようにしてくださいね。

まとめ:猫にさつまいもを与えても大丈夫?

答え:猫にさつまいもを与えても大丈夫です。問題ありません。

さつまいもが好きな猫も多いですが、与える量はほどほどに、太らないように気を使ってあげてください。

少量ならOKですから、飼い主さんと一緒にさつまいもを楽しむのも良いですね!