猫の爪って何本あるの?【結論:合計で18本あります】

「猫には何本の爪があるか分かりますか?」
「猫の爪の数って合計で何本なのでしょう?」

飼っている猫の足をながめて、これは正常なのだろうか?と疑問に思うことも。

猫を飼っていても、生活の中では意識しないことなので、意外と知らない方も多いかもしれません。

この記事では、猫の爪の本数について詳しく解説していきます。

この記事を読めば、飼っている猫について安心できることでしょう。
ではさっそく見ていきましょう!

猫の爪って何枚あるの?【合計で18本あります】

ふつう猫の爪は、前足と後ろ足を合計して18本あります。

内訳は下記のとおり

前足→5本ずつ
後ろ足→4本ずつ

ですから、猫の爪の合計は

前足→5×2で10本
後ろ足→4×2で8本

合計で「18本」です。

ときどき「前足と後ろ足の爪の数が違うけど、これって異常ですか?」と疑問に思う飼い主さんもいます。

結論はいたってシンプルで「普通です。」

安心してください。猫は前足の爪が5本ずつで、後ろ足の爪が4本ずつなのが普通なのです。

前足と後ろ足で爪の本数が違うのはなぜ?


「どうして前足は5本あるのに、後ろ足は4本と少ないの?」と疑問に思うかもしれません。人の場合は、手も足も5本ずつですよね。

結論としては、そういう生き物だからです。

世界にはいろいろな本数の動物がいる

動物名 前足 後ろ足 合計
1本 1本 4本
2本 2本 8本
2本 2本 8本
フタユビナマケモノ 2本 3本 10本
ミユビナマケモノ 3本 3本 12本
5本 4本 18本
5本 4本 18本
5本 5本 20本
5本 5本 20本

上記のとおり、いろいろな数の爪を持っている動物がいるということが、分かるのではないでしょうか。

だから、猫の爪が前と後ろで違うとしても「そういう生き物だから」としか言えないんです。

爪の本数が多い猫もいる【でもそれが正常】


猫の世界では指の数が多くなることは、それほど珍しいことではありません。

これは「多指症(たししょう)」と呼ばれています。

具体的には、指が6本だったり、7本だったりする猫ちゃんがいるのです。指が多ければ、当然爪の数も多くなります。

しかしこれは病気ではありません。

カナダの東部やアメリカの北東部にたまに見られますが、日本ではほとんど目にすることはありませんね。僕もじっさいに見たことはありません。

ちなみに海外では「幸運を呼ぶ猫」として、親しまれているようです。

【ギネス記録】「合計で28本」の指を持っている猫

足の指がもっとも多い猫は「ジェイク」というカナダに住んでいる猫。

1本の足に7本ずつ、合計で28本の指を持っていたことが記録されています。

それぞれの指に爪も確認されていることから、爪の合計は28本となりますね。

純血種の猫でも多指症は認められている

たとえば「ピクシーボブ」というアメリカ原産の猫は、1本の足について7本の指までが認められています。

これは基礎となった猫が多指症であったことが理由であって、もちろん病気ではありません。

ヘミングウェイも指が多い猫を飼っていた

アメリカの小説家、アーネスト・ヘミングウェイも1本の足につき6本の指を持つ猫を飼っていたようです。

船乗りから譲り受けた「スノーボール」という名前の猫は、その後子孫をのこして、現在は「ヘミングウェイ博物館」の庭で暮らしています。

このことから、英語圏では多指症の猫のことを「ヘミングウェイキャット」と呼ぶ人もいます。

まとめ:猫の爪の本数

この記事では、猫の爪の本数について詳しく解説してきました。

猫の爪は
前足→5×2で10本
後ろ足→4×2で8本
合計で「18本」です。

これを知らないと「病気なのかな?」って戸惑ってしまうかもしれませんが、これで安心ですね。

ときどき指の多い猫ちゃんもいますが、これも病気ではないので、もしも出会えたらラッキーですね!