シンガプーラ Singapura

シンガプーラの基本情報

体重 2〜3.5kg
ボディタイプ セミコビー
毛の種類 短毛種
毛の色 セピア・ティックド・タビー、セーブル・ティックド・タビー
性格 おとなしいが、家族の注目を一心に浴びたがる。
登録団体 CFA、TICA、FIFe、GCCF

シンガプーラの特徴

世界最小のイエネコ

世界最小のイエネコとして知られるシンガプーラ。

メス猫の体重は成猫でも約2kgと、一般的な猫と比べても小さいことがわかる。
その見た目から、「小さな妖精」と親しみを込めて呼ばれている。

ティッキング

ティッキングとは、1本の毛に2種類の帯が入っており、先端にいくにつれ色が濃くなっている毛色のこと。

細く短い毛が身体にぴったりと密着するように生えていて、光の加減でキラキラ輝いているように見える。

大きな目と耳

小さい身体に比べると、目と耳は大きい。

大きな目はアーモンド型で、色はグリーン、カッパー、イエロー、ヘーゼル。
耳も大きく奥行きがあり、先端がややとがっている。

知的でインタラクティブな性格

シンガプーラは知的で好奇心が強く、家族みんなの注目を一心に浴びたがる。

一方で、飼い主の膝の上で丸まったり、肩に乗ったり、ベットで一緒に寝たりと、飼い主に愛情を示すインタラクティブ(相互に作用するさま)な性格もあわせもっている。

シンガプーラの歴史


シンガプーラはその名の通り、東南アジアのシンガポールで自然発生した猫種である。

シンガポールの下水溝には「ドレイン・キャット」と呼ばれる野良猫がたくさん住み着いていた。

現地の人々には悪評を買っていたドレイン・キャットは、体型も大きさもまちまちだったが、シンガプーラのような猫も混じっていた。

そんな猫たちに注目したのが、アメリカ人のメドウ夫妻だ。

品種化への歩み

1970年代のはじめ、出張でシンガポールを訪れていた夫のハルが、ブラウン・ティックドの猫数匹を貨物船で、アメリカにいる妻トミーのもとへと送る。

それらの猫はアメリカで子猫を3匹産んだ。

その後、メドウ夫妻は仕事の関係でシンガポールへ赴任する。
その際、3匹の猫たちも一緒にシンガポールへ行き、1975年に猫たちとともに再度アメリカへ帰国。

メドウ夫妻は帰国後、猫種を確立させるために計画交配と猫のアピールをスタートさせた。

そのかいあって、1979年にTICAがシンガプーラをチャンピオンシップ・ステータスに認定する。
CFAは1988年、シンガプーラをチャンピオンシップ・ステータスに昇格させている。

その間、徐々に人々の注目を集めるようになり、熱心な愛好家たちによってシンガプーラ愛好会までが設立されるまでになった。

かつてはドレイン・キャットとして邪魔者扱いされていたシンガプーラだが、現在ではシンガポール観光局の広告塔になっている。

今や世界中でその愛らしい姿を見ることができ、人々の目を楽しませている。