なじめばきまま Written by Fukutaro Sugiyama

ハバナブラウン Havana Brown

ハバナブラウンの基本情報

体重 2.7〜4.5kg
ボディタイプ セミフォーリン(アメリカ)、オリエンタル(イギリス)
毛の種類 短毛種
毛の色 深みのあるマホガニー・ブラウン
性格 愛情深い。人なつこく、好奇心も旺盛。よく遊ぶ、運動好き。
登録団体 CFA、TICA

ハバナブラウンの特徴

光沢のあるマホガニー・ブラウン

中くらいの長さの被毛が密に生えている。

色は深みのあるマホガニー・ブラウンで光沢がある。(マホガニーとは、赤茶色の木で、高級家具や高級楽器に使用されている)

ちなみに髭(ひげ)も茶色。

目は鮮やかなグリーン

中くらいの大きさの目は楕円形で、色は鮮やかなグリーン。

光沢のあるブラウンの被毛と、鮮やかなグリーンの目がとてもよく合う。

ハバナブラウンとハバナの違い

CFAではハバナブラウンという猫種名だが、TICAではハバナという猫種名で登録されている。

主な違いは下記のとおり。

ハバナブラウン ハバナ
原産国 アメリカ イギリス
ボディタイプ セミフォーリン オリエンタル
毛色 ブラウンのみ ブラウン、ライラック

上記のとおり違いがあるが、ルーツは同じ。
歴史については後述する。

知的で人なつっこい性格

器用な前足で物にさわり、その正体を調べようとする仕草をよく見せる。

飼い主の注目を集めようとし、積極的に関わろうとするが、うるさく鳴くことはあまりない。

愛情を注げば、同じだけの愛情を見せてくれる猫だ。

ハバナブラウンの歴史


ダーク・ブラウンの猫はすでに1800年代後半のイギリスで見られていた。

「スイスマウンテンキャット」という名前で紹介されていたその猫たちは、シャムでは珍しいダーク・ブラウン。

ところが1920年代後半に、「ポイントカラーで青い目の猫のみをシャムの登録対象とする」と決定されてから、ブラウンカラーの人気は一気に落ちてしまう。

さらに、2つの世界大戦の影響を受け、数は激減する。

再び注目される

1950年代の初め、イギリスのブリーダーたちが、現在のハバナと呼ぶブラウンの猫を開発。

チョコレートポイントとシールポイントのシャムに、ブラックの短毛のイエネコやロシアンブルーを交配させ、

「エルムタワー・ブロンズ・アイドル」という名前のハバナ第1号を誕生させた。

GCCFは、1958年にこの新種を「チェスナットフォーリンショートヘア」として公認。

同組織は1970年に猫種名を「ハバナ」に変更している。

アメリカに渡る

1950年代半ばにアメリカに渡ったハバナは、独自のアイデンティティーを確立するようになった。

アメリカでは、輸入された当時の特性を保つべく交配が行われ、

もともとのハバナの特性や血統は、アメリカ産のハバナブラウンに受け継がれることになった。

一方イギリスでは、細身でエレガントな体型が追い求められ、シャムとの交配が盛んに行われた。

その結果、アメリカ産のハバナブラウンとイギリス産のハバナとは、区別して認識されるようになる。

アメリカのCFAは、1964年にハバナブラウンをチャンピオンシップ・ステータスに受け入れた。

TICAは1979年にハバナをチャンピオンシップ・ステータスとして公認し、1983年には、ライラックカラーのハバナも公認している。

GCCFは現在、オリエンタルのバリエーションとしてハバナを扱っている。

ちなみに、ハバナブラウンという名前の由来は2つある。

1つは、濃い茶色が特徴的なハバナ産の高級葉巻。もう1つは、ハバナラビットというチョコレート色のうさぎだ。