アメリカンカール American Curl

アメリカンカールの基本情報

体重 3.0kg~6.5kg
ボディタイプ セミフォーリン
毛の種類 短毛種と長毛種があり、色やパターンは限定されない。長毛種のしっぽには、羽飾りのようなフサフサの被毛がみられる。
毛の色 すべての色
性格 愛情たっぷりで、遊び好き。頭が良く、賢くおだやか。
登録団体 CFA、TICA、FIFe

アメリカンカールの特徴

外向きにカールした耳が1番の特徴。

生まれた時はまっすぐで、生後1〜7日ほどで耳に軟骨が入り、先端がカールし始める。カールが完成するのは、生後4ヶ月半ごろ。

このカールした耳を病気だと思うかもしれないが、これは遺伝子の突然変異により自然発生したもので、健康への悪影響も奇形発生の心配もないことがわかっている。

被毛と目の色

被毛のバリエーションも豊かで、あらゆる毛色とパターンが認められている。大きめの目はクルミ型で、毛色に関係なくすべての色が認められている。ただしポイントカラーのみ例外的に毛色に準ずる。

アメリカンカールの歴史


アメリカンカールの起源については、比較的詳細に記録されている。

1981年、アメリカ・カリフォルニア州に暮らす夫婦の玄関先に、耳が外側にカールした2匹の子猫が迷い込んできた。

2匹のうち1匹はこつ然と姿を消してしまったが、もう1匹の猫は「シュラミス」と名付けられ、夫婦の家で飼われることに。

シュラミスから生まれた子猫たちを基礎として、品種の固定と改良が行われ、
1993年までには「アメリカンカール」として品種が認められることになった。

日本ではまだまだ数の少ない猫種ではあるが、絶大な人気を誇っている。