なじめばきまま Written by Fukutaro Sugiyama

【ひと工夫】猫と一緒に寝る方法とデメリット

「猫と一緒に寝たいんですが、猫が寝てくれないんです…。どうしたら一緒に寝てくれるようになりますか?」
こういった疑問に答えます。

僕はよく猫と一緒に寝ています。
かれこれ20年近く猫を飼ってきました。

僕の経験から、猫と一緒に寝る方法を解説しますね。

本記事の内容

  • 猫が一緒に寝てくれないのはなぜ?
  • 猫と一緒に寝る方法
  • 猫と一緒に寝ると起こるデメリット
  • それでも猫と一緒に寝たい

さっそく見ていきましょう!

猫が一緒に寝てくれないのはなぜ?


まずは、あなたの猫があなたと一緒に寝てくれないのはなぜなのか?
原因を探っていくことからやっていきましょう。

例えば原因は下記のとおり

  • 猫があなたのことを信頼していない
  • あなたの布団以外にも暖かい場所がある
  • 猫の警戒心が強すぎる

上記のとおり。
さまざまな原因があると思いますが、「信頼関係」と「寝る場所の環境」。この2点がとても重要です。

信頼関係

言わずもがなですが、猫との信頼関係がなければ、猫は一緒に寝てくれません。

あなたも信頼していない人と一緒に寝るのはいやですよね?

それと同じように、猫も信頼している人でなければ一緒に寝ようとは思いません。

布団以外にも暖かい場所がある

これが意外と盲点なのですが、あなたの布団以外にも暖かい場所があると、猫はそっちで寝てしまい、一緒に寝ることはできません。

この行動が一緒に寝るのを妨げている

「夜は寒いから、暖房をつけておいてあげよう」と考えて、部屋を暖かく保ってあげるかもしれません。

猫からしてみれば「こんなに暖かい寝床があるんだから、わざわざ飼い主の布団にいくまでもないにゃ」と考え、飼い主と一緒に寝ることをしなくなるでしょう。

警戒心が強すぎる

もともと警戒心が強すぎる猫の場合、一緒に寝るのは難しいです。

猫は家で飼われていたとしても、いつでもピリピリしていて、いつ天敵に襲われるかわからないと感じています。

こういった警戒心の強さから、猫はあなたと一緒には寝てくれないんですね。

正直にいってしまうと、警戒心が強すぎる猫と一緒に寝るのは非常に困難です。あきらめた方がいい場合もあるでしょう。

猫と一緒に寝る方法


では、実際に何をすれば猫と一緒に寝られるのか?見ていきましょう。

まずは信頼関係を構築しておく

前提として、日々の生活のなかで猫の信頼を得ておくのは必須条件。

信頼度チェック

  • ひざの上で丸まって寝てくれる
  • あなたに撫でられるのが好き
  • 甘えた声ですり寄ってくる

上記のような行動をしてくれるなら、猫との信頼関係はバッチリと言えるでしょう。

部屋を寒くする

次に、あなたが寝る場所以外を寒くして、暖かいあなたの布団に誘導します。

猫は寒ければ、暖かい場所を求めるものです。

僕の家の場合、夜は火事のリスクを考えて暖房器具をすべてOFFにしています。

こうなると夜はこたつであっても寒くなるので、猫は暖かい僕の布団に来なければいけなくなるのです。

結果として、僕は猫と一緒に寝ることができるわけですね。

布団以外を寒くするのもポイントでした。

いつでも受け入れる

暖かポイントを発見した猫は、そこに通うようになります。

ここでもひと工夫が必要。

いつでも猫を受け入れるようにしましょう。

「今日は猫と寝たくないぁ」と感じる日もあるかもしれません。

しかし、猫を拒否してしまうと、今後猫は一緒に寝てくれなくなるかもしれません。

いつでも猫様優先で布団をあけておくのは、猫とすえ長く一緒に寝るコツです。

猫と一緒に寝ると起こるデメリット


「猫一緒に寝ると幸せだろうなぁ」と思いますか? 現実はそう甘くありません。

最後に、猫と一緒に寝るとどんなデメリットがあるのかご紹介します。

安眠が邪魔される

猫と一緒に寝るようになると、やすらかにぐっすり寝られなくなります。

「猫は暖かいから気持ちよく寝られるんじゃないの?」と疑問に思うかもしれません。

でも実際は、真夜中に「にゃー(入れて!)」と来たり、早朝にゴソゴソ出て行ったりするので、安眠を邪魔されます。

ちなみに、猫の飼い主の半数以上は、猫の妨害で睡眠時間を削られているというデータもあるほど。

猫と一緒に寝るようになると、安眠が邪魔される可能性があります。

体が痛くなる

猫と一緒に寝ると、猫に気を遣って寝返りが打てなくなるので、体の節々がポキポキとかたくなります。

昼寝くらいであれば大丈夫ですが、一晩中寝ると、けっこうつらい、、、

朝起きてう〜んと体を伸ばした時に、体から「ポキポキッ!」と音がするようになってしまうかも。

それでも猫と一緒に寝たい


「デメリットを考えてもなお、猫と一緒に寝たい」と思う飼い主さんもいることでしょう。

僕もそう考えている一人。

「大いなる力には大いなる責任が伴う」

映画スパイダーマンでの有名なセリフですが、猫と一緒に寝ることにも当てはまると思います。

猫と一緒に寝ると、最上級の幸せを感じることができますが、その代償として安眠が削られます。

猫の大いなる癒しパワーを得たいなら、こうした代償を支払わなければいけないのです。

ただし逆を言えば、「代償を支払える人だけが、猫と一緒に寝ることができる」とも言えるかもしれません。

あなたは代償を支払って猫と一緒に寝ますか?

そうであれば、この記事で紹介したことを参考に、さっそく行動を開始しましょう。