猫が飼い主をわざと踏んでいくのはどうして?【3つの理由を解説】

「飼い猫が私をわざと踏んで歩いていくんですが、これってどうしてですか?」
こんな疑問に答えます。

床でゴロゴロしていると、猫がわざわざ踏んで通っていく。
これには理由があったんです。

本記事の内容

  • 猫が飼い主をわざと踏んでいく理由
  • 猫に踏まれて幸せを感じる

さっそく見ていきます。

猫が飼い主をわざと踏んでいく3つの理由

①:とおり道を譲ってくれないから

猫にも「先に来たほうが優先」という交通ルールがあります。

例えば、2匹の猫が十字路にさしかかった時、先に通りぬけるのは先に来た方の猫です。

あとから来た猫は、その場に座ってその猫が視界から消えるまでじーっと待っています。

では同時に出会ってしまった場合は?

それぞれがその場に腰をおろして、じーっと見つめ合います。

この状況が打破されるには2つのパターンがあり、その1つが「一方の猫が勇気を出して通り抜ける」です。

家猫の置き換えてみる

飼い猫がちょうど通りたい道の上に、飼い主さんがどかーんと寝そべっています。

飼い猫は交通ルールにもとづき、しばらくは待ちますが、、、

しびれを切らして、自分のいきたい道を行こうとするのです。
それが飼い主さんを踏んづけてであっても。

②:飼い主さんにくっついて温まりたいから

これは高齢猫に多いかもしれません。

僕の飼い猫も19歳になるんですが、最近こたつで寝ていると上に乗っかってきて、温まるんです。

ほかにも布団で寝ていると、わざわざ布団の上を歩いて、頭のほうまで登ってくることも。

歩きながら暖かい場所を探しているのかもしれませんね。

③:飼い主を踏むのは仲が良い証拠

「まるで尻に敷かれているようでいや〜な感じ」と思う方もいるかもしれません。

ところがどっこい。

飼い猫がわざわざあなたを踏んでいくのは、それだけ仲が良い証拠かも。

なぜなら、猫は嫌いな人には絶対に近づこうとしないからです。

成猫が上に乗っかると、ずっしりと重いですが、それは愛の重たさなのです。

猫に踏まれて幸せを感じる


猫を飼っている人の中には、「飼い猫に踏まれることで幸せを感じる人」たちがいます。

実は僕もそのうちの一人…。

なぜかは分かりませんが、猫に踏まれると「あのツンデレの猫が、わざわざ僕を踏んでいってくれた。」と幸せな気持ちになるんですよね。

そうなるともう理由なんてどうでもいいです。

いかにまた踏んでくれるか?
に興味を持つようになります。

同じように感じている方も多いのではないでしょうか?

だから僕はこの現象に名前をつけることにしました。題して…

ふみ猫の快感原則

ちょっとお堅いイメージになっちゃいましたかね。もうちょっとポップな方がいいという方は下記のとおり。

ふみ猫ウキウキ

いずれにしても、愛猫とのスキンシップだと思い、猫と接するのがいいと思います。

猫に踏まれても意地悪でしているわけではないので、ぜひ可愛がってやってくださいね。