ネベロング Nebelung

ネベロングの基本情報

体重 3.5〜6.5kg
ボディタイプ フォーリン
毛の種類 長毛種
毛の色 ブルー
性格 人見知りだが、飼い主にはよくなつく。穏やかで、あまり鳴かない。
登録団体 TICA、GCCF

ネベロングの特徴

輝くブルーの被毛

ネベロングの起源はロシアにあり、ロシアンブルーから突然変異によって生まれた猫だと考えられている。

セミロングの被毛は、細くて手触りはなめらか。

色はブルー(灰色)で、シルバー・ティップド(毛先がシルバー)により、光沢があるように見える。

猫種名の由来

ネベロングという猫種名は、ドイツ語で「霧」を意味する「nebel(ニーべル)」と、『ニーベルンゲンの歌』に由来する。

ネベロングの基礎となった猫たちの中にも、『ニーベルンゲンの歌』の登場人物から名前をもらった猫がいる。

ネベロングはロシアと関係が深いのに、ドイツにちなんだ名前を持つとは、少し不思議な感じがする。

人見知りをする性格

ネベロングは知能が高いゆえに、激しく人見知りをする。

見知らぬ人がくると、必ずといっていいほど安全なところまで逃げて、様子をうかがう。

しかし危険がないとわかれば、すぐに仲良くできるようになる。

また、一人を楽しめる猫なので、アパートでの生活には最適だ。

ネベロングの歴史


コーラ・コッブというアメリカのブリーダーがネベロングを開発した。

1984年、彼の飼っていた「エルザ」という猫は、黒いアンゴラに似たオス猫との間に子猫を産む。

その中に長毛で、ロシアンブルーに似ている猫がいた。

それがのちにネベロングの基礎となる「ジークフリート」という猫だ。

エルザは5ヶ月後にも子猫を産む。
そのうちの1匹も長毛のブルーで、コッブはこの猫に「ブリュンヒルト」という名前をつけた。

1986年には、ジークフリートとブリュンヒルトの間に子猫が生まれるが、やはりブルーの長毛だった。

この時点で新種の可能性を確信したコッブは、TICAに連絡をとり、1987年にニュー・ブリード・ステータスに認定された。

猫種を安定させる

次のステップは、健全な遺伝子プールを維持すること。

ここで登場する「ユニバーサル・コンコード」というロシアンブルーが、ネベロングに大きな影響をもたらした。

当時ブリーダーたちはネベロングの繁殖をしていたのだが、猫の流行病に巻き込まれて死んでしまう。

さらに、ジークフリートは交通事故で、ブリュンヒルトも原因不明の死を遂げた。

それでもコッブは交配を続け、キャットショーへの出陳を繰り返した。

ロシアンブルーはネベロングの危機を救い、健全な遺伝子プールを保持するために、大きく貢献しているのである。

こうした努力が実り、TICAは1997年、ネベロングをチャンピオンシップ・ステータスへと認定を決めたのだった。

2012年には、GCCFからプレリミナリー・ステータスとしての認定を受けている。