猫が毛玉を吐く場所は決まってるの?【しつけることは無理】

「猫がいつも同じような場所で毛玉を吐いている。」

猫が毛玉を吐くのはしょうがないことですが、吐く場所に関して、何かしらの法則性とか、決まっている場所とかあるんでしょうか?

この疑問に、18年以上猫を飼ってきて、幾多のゲロを処理してきた私が経験からお答えしたいと思います。

この記事を読めば、猫が毛玉を吐くことの大切さについて知ることができます。

事実、毛玉って猫の健康状態を知る上で、とっても大事なので知っておいて損はありません。

猫が毛玉を吐く場所は決まってるの?

私の経験から言うと、猫は毛玉を吐く場所にとくに決まった場所はありません。

と言うのも、猫は吐き気をもよおしたらどこでも吐くから。

それがたとえソファであろうとベッドの上であろうと関係ないのです。

しかしある程度の傾向はあるのかなぁと思ったりしています。私の飼っている猫の場合、毛玉が発見されるのは台所と居間が圧倒的に多いですね。

なんでだろう? と感じたので推測してみたのですが。

おそらく、台所や居間で過ごしている時間が長いからだと思います。単純にその場所にいたから吐いたというわけ。

猫は吐きたいからそこで吐く。というけっこう単純な生き物だったりするんでしょうね。

ベッドで吐いたから、私嫌われてるのかな、、、


ときどき、「猫は自分の嫌いな場所で吐く」という噂を耳にすることがあるんですが、それは本当でしょうか?

結論:それはないです。

私の実体験がそれを証明してくれます。

以前、猫と寝ていて、朝ベッドで毛玉を吐かれました。しかも布団の中で一緒に寝ていたので、私のお腹のすぐ横に新鮮なゲロがあるという、なんとも悲しくなるような状況。

さすがにこれには「うわぁー」と引きましたね。

ではその後の猫との関係はどうなったかというと、、、全く変わらず「ニャーニャー」と甘え声を出しながら、スリスリしてきてくれます。

嫌われていたら、近づいてこないですよね。

だから、ベッドとか飼い主さんの洋服の上とかに、毛玉を吐かれても、悲しまなくても大丈夫ですよ。嫌われた訳ではないのです。

毛玉を吐く場所はしつけられる?


とは言いつつも、「毛玉の処理が面倒くさいから、吐く場所をしつけられないの?」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。
私も毛玉を片付けながら同じこと思ったことあります。

でも断言しましょう。無理です。しつけられません。

なぜなら、猫も吐く場所を選ぶことをしないからです。

もし吐く場所をしつけられるとしたら、誰かがすでにやっているとも思われませんか?

こうした有益な情報が世の中に出ていないということも、人類がまだ猫の嘔吐場所をしつけられていない証拠。これからに期待してもいいのかもですが、、、

現状としては、ブラッシングして飲み込む毛の量を減らしてあげるのが、吐く回数を減らすのに1番効果的な対策です。

毛玉を吐く場所をしつけられたら、とても助かるんですが、無理でしょうねぇ。

新聞紙で受け止めたいのに、あえて避けるのはなぜ?

早食いが原因で吐いた時、猫は吐いたキャットフードをまた食べようとします。
つまり、「これはまだ食べるから、片付けないで!」という気持ち。

あるいは本当に具合が悪くて、「ちょっと一人にして、、、」という気持ちから、飼い主さんを警戒しているのかもしれませんね。

私の飼っている猫は、新聞紙で受け止めようとしたら、吐きながら逃げていくので、ビシャーとゲロが横長に、、、

かえって片付けるのが面倒くさくなったので、それからというもの、猫のゲロを受け止めることはあきらめました。

まぁ嫌がらせをしたいわけではないということは確かでしょう。上手に付き合っていくしかないですね。

猫の毛玉を吐く場所まとめ

この記事では、猫が毛玉を吐く場所に関して4つのトピックをご紹介しました。

  • 猫は毛玉を吐く場所を決めていない
  • ベッドで吐かれても、嫌われていない
  • 毛玉を吐く場所をしつけるのは無理
  • 紙で受け止めたいのに、あえて避けるのは、「まだ自分のご飯だから、片付けないで」という気持ちだから

調べていたら、毛玉を必ず床で吐く、という猫ちゃんもいるようです。ソファにいたのが、床におりてするらしいのです。不思議ですね。

猫が毛玉を吐くことに、興味深さを感じてもらえたら、嬉しいです。