【猫の不思議】なぜ猫の耳の根元には小さなポケットがついているのか?

猫の耳の根元をよーく見てください。

猫の耳の付け根は、薄い皮膚が二重に重なったようなかたちをしているんです。

「これって病気なんじゃないの?」と心配になる方もいらっしゃるかもしれません。

でも安心して大丈夫。
猫の耳の根元は、割れているのが正常だから。

  • 割れている部分の正式名称
  • なんのために二重になってるの?
  • 猫の耳の根元の不思議

上記についてご紹介していきます。

猫の耳の根元の割れている部分の名前

猫の耳の付け根にある二重になった部分、正式名称を「縁皮嚢(えんぴのう)」といいます。

獣医解剖学の用語集にも「縁皮嚢」としっかり書かれていました。P522、感覚器-耳介という欄を見ていくと見つかると思います。

獣医解剖学用語 - 日本獣医解剖学会

  • 縁(えん)とは「つながり」とか、「関係」とかいう意味ですね。
  • 皮(ぴ)とは文字通り、「動物の皮膚」のこと。
  • 嚢(のう)とは「ふくろ」という意味があります。

こうしたことから、俗称として『耳袋(みみぶくろ)』と親しみを込めて呼ばれることがほとんどです。『副耳(ふくじ)』とも言われているようです。

ただ副耳だと人間の用語と被ってしまいますが、そこらへんはどうなのでしょう?詳しいことはわかりませんでした。

ちなみに英語では「Henly's Pocket(ヘンリーズポケット)」と言うそうです。英語にするとなんだかカッコイイですねぇ

英語に関する記事はこちら≫Why Do Cats Have Little Pockets on Their Ears?

ともあれ

私は長年猫を飼っていますが、すべての猫に耳袋が付いていました。付いていない猫はいません。

ときどき動物病院へ「猫の耳が切れてるんですっ!」と来院される方もおられるようで

初めて猫を飼う方にとっては異質な存在なのでしょうね。

でも安心してください!付いているのが正常なのです。

耳袋ってとても柔らかくて触っているととっても気持ちいいんですよね。あの柔らかさ、なんとも形容しがたい…

それもそのはず、実は耳袋には骨が入っていないのです。

「耳に骨なんて入っているの!?」と疑問に思われたあなた。実は猫の耳には軟骨が入っているのです。

もちろん人間の耳にも軟骨が入っているので、柔らかいけど形崩れしないという絶妙な固さと柔らかさのバランスを保っていたのです。

猫に耳袋が付いているのはなぜ?

実は詳しいことはまだ誰も知りません。

不思議な形状ですし、役割もはっきりしていないそうですが、主に2つの役割があると考えられています。

  1. 耳を広範囲に動かしやすくなる
  2. 高音の検出を強化している

1.耳を広範囲に動かしやすくなる

耳袋のひとつめの役割として、耳の可動域が広がるということが挙げられます。

耳袋はとても柔らかいので、猫が耳を大きく動かしてもスムーズに動くよう助けているのです。

これは猫がハンティングするときに役立つでしょう。

猫は待ち伏せタイプのハンターですから、獲物に居場所を知られないようじっとしている必要があります。

「ガサガサッ」と獲物の音がして、音の方向に頭を振ったらどうなるか? もうお分かりですね。
木の枝や草に頭が当たってしまい、余計な音が出て獲物に逃げられてしまうのではないでしょうか。

ですから獲物の音をキャッチして、より正確な位置を特定したい時、頭を動かさなくても耳だけを動かせばOKなのです。

動物の体ってとても合理的ですね。

2.高音の検出を強化している

ふたつめの役割は、低音を減衰させることによって高音を検出するのを助けるというものです。

具体的な原理は、私も全然わかりません!

ただし、人間の耳タブにある窪みや溝が共鳴器となり、特定の周波数を増幅させているのは有名な話です。

なんらかの作用で猫の耳では、耳袋が高音を検出するのに一役かっているのかもしれません。

これは獲物となるネズミの「チューチュー」という音を明敏に察知するのに役立っていると考えられないでしょうか。

ネズミの「チューチュー」という鳴き声は、およそ2万Hzの鳴き声で、人間が聞ける範囲ギリギリの音です。

まして自然の中でこの音を聞こうと思っても、高音は空気中のチリや地面に吸収されてしまい遠くまで届かないので、聞きとることは不可能でしょう。

一方の猫は、しっかりと聞き取り獲物をゲットしています。

5万Hzまでは余裕で聞き取れる猫の耳ですから、高音をより強化した結果なのかもしれませんね。

ちなみに耳袋は、耳ダニがよくたむろしている場所なので、定期的に汚れていないかチェックした方が良いです。

≫【猫の耳ダニ症】どんな病気?知っておきたい簡単な予防と治療法

猫の耳の根元の不思議


猫の耳は他にも、猫しか知らない不思議なことがあるんです。

それは、猫の耳の根元はハゲている!

ハゲているて言うと言い過ぎかもですが、猫の耳の付け根って毛が薄くなっていませんか?

これも全ての猫ちゃんがそうなんです。

でもハゲている理由は誰も知りません。どんなに偉い学者であってもこの理由は知らないのです。

そう考えると、「まだまだ猫について知らないことはたくさんあるんだなぁ」と考えさせられる次第です。

もし誰かご存知の方がおられたら、是非とも教えてください!

猫の耳の根元まとめ

  • 猫の耳には「縁皮囊(えんぴのう)」と言う不思議な袋がついています。
  • 耳袋の役割は誰も知りません。
  • 猫の耳の根元がハゲている理由も、誰も知りません。

解明されていない謎のベールに包まれて、猫は白雪姫のようにスヤスヤ眠っているのでしょうか。

何も考えていないように見えますが、意外と賢いのかもしれません。

猫ロマンをまたひとつ発見です。