猫にローズマリーを与えても大丈夫?【答え:食べられるけど香りは苦手かも】

「猫にローズマリーを与えても大丈夫なんでしょうか?食べさせたら何か問題がありますか?教えてください。」
こういった質問に答えます。

スッキリとした香りが特徴的なローズマリー。大半の猫はあまり香りを好まないようですが、まれに興味を持つ猫もいるようです。植えていると食べられるんじゃないか…と心配になりますよね。

この記事の内容

  • 猫にローズマリーを与えても大丈夫?
  • 猫にローズマリーを食べさせる方法
  • ローズマリーは猫除けにも使われる
  • ローズマリーの精油は要注意!!

上記のトピックを扱っています。

猫にローズマリーを与えても大丈夫?【答え:食べられるけど香りは苦手かも】

結論をいうと、「葉をかじる程度なら食べても大丈夫」です。ただし、大量に食べさせたり、無理やり与える必要はまったくありません。

猫とローズマリーの関係について見ていきましょう。

猫に毒になるような植物ではないと思う

実は現在のところ、猫がローズマリーを摂取した時の影響について、信頼のおけるデータは無いです。

ネット上では「食べさせても大丈夫」「食べさせてはいけない」と意見が分かれており、両方とも信頼における根拠はありません。

僕個人の意見

猫を3匹、18年以上飼っている僕の意見は下記のとおり。

「毎日、主食のように食べさせない限り、大丈夫なのではないか」

だって、ローズマリーが有毒であればもっと多くの人が、話題にしているはずですよね。
それが無いということは、少なくとも大きな毒性はないのではないでしょうか。

キャットフードに配合されていることもある

ローズマリーは天然の酸化防止剤として、キャットフードに配合している場合もあるんです。

たとえば、ヒルズのサイエンス・ダイエットという有名なキャットフードの原材料名には「ローズマリー抽出物」と記載されています。

ヒルズのキャットフードはこちら↓から確認

とはいえ、香りが嫌いな猫が多い

猫に毒ではないとはいえ、あの特徴的な香りは、猫の鼻にはお気に召さないようです。猫除けとしても活用できるとか。(詳しくは後述)

結論:あげてもあげなくてもどっちでもOK

こういったことから、あげてもあげなくてもどっちでもOKそうです。
猫が好きなら、あげてもいいんじゃないでしょうか。

猫にローズマリーは毒ではないようですが、必要な栄養素を持っているわけでもないですしね。

猫にローズマリーをどうやって与えたらいいの?


猫にローズマリーを与えるさい、どんなことに注意したらいいのでしょうか?今回は3つご紹介します。

注意ポイント

  1. トッピング的に使う
  2. 乾燥したものを使うと簡単
  3. 念のため大量に与えない

順番に解説していきます。

注意点①:トッピング的に使えばOKです

ローズマリーを猫に与えるさいは、少量をフードの上にトッピングしてあげましょう。パラパラと振りかけるだけでOKです。

注意点②:乾燥したローズマリーをふりかけるのが簡単

振りかけるんであれば、乾燥させたドライタイプを使うのが簡単ですね。
お家に植えてあるローズマリーを使うのであれば、細かく刻んであげてもいいでしょう。

注意点③:大量に与えるのは避けましょう

大量に与えると体調が悪くなる可能性があります。どんな症状が出るかはわかりませんが、リスクを回避するために大量に与えることは絶対にしないでください。

ローズマリーは猫よけに使われることも


ローズマリーの香りを猫が嫌うというのは前述したとおり。そのため、猫よけとして庭に栽培する方もいます。

ローズマリーを植えておくだけで効果あり!?

「野良猫が庭に糞をしてとても困っている…」という方は、ローズマリーを置いておくと効果があるかもしれません。猫は人間以上に嗅覚が敏感なので、ローズマリーの香りをイヤがって逃げていく可能性が高くなります。

ローズマリーの精油(エッセンシャルオイル)は要注意!


最後に、とても危険な注意ポイントがあるので、それだけご紹介して終わりますね。それは、、、

猫に精油(エッセンシャルオイル)は危険

ローズマリーの精油が危険というより、ほとんどの精油が猫に有毒である可能性が高いです。

精油の危険性については↓こちらの記事にまとめましたので、興味のある方はどうぞ

まとめ:猫にローズマリーを与えても大丈夫?

答え:食べられるけど香りは苦手かも

食欲のない猫に、ローズマリーを試して見てもいいかもです。とはいえ、与えすぎは禁物です。

また、香りを嫌がる猫には無理やり与えないようにしてくださいね。