猫にチーズを与えても大丈夫?【答え:人間用はNGです。】

チーズを食べていると、猫がかわいく「にゃ〜(食べたい)」とおねだりしてくることはありませんか?あげたいな、という気持ちになるかもしれません。

僕もその誘惑に負けて、一口あげてしまったことがあります、、、

でも猫にチーズを与えて本当に大丈夫なのでしょうか?

気軽に猫に与えてしまう前に、注意したいことがあるのでぜひチェックしておきましょう。

猫にチーズを与えても大丈夫?【答え:人間用はNGです。】


結論は下記のとおりです。

人間用のチーズはNG
猫用のチーズは、OK

チーズ自体は猫に毒ではないので食べることはできますが、おすすめはしません。なぜなら人間用に作られたチーズは塩分、脂肪分が多いからです。

ただ、猫用に成分が調整された「猫用チーズ」ならご褒美にあげてもいいですね。与えすぎは厳禁です。

プロセスチーズ100gあたりの成分

プロセスチーズとは、スライスチーズや6Pチーズなど、お手軽に手に入るチーズのこと。

エネルギー 339kcal
水分 45.0g
タンパク質 22.7g
脂質 26.0g
炭水化物 1.3g
灰分(無機質) 5.0g
ナトリウム 1100mg
食塩相当量 2.8g

出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)

猫にとってはナトリウムが多い

AAFCO(米国飼料検査官協会)によると、キャットフードのナトリウム含有量は下限値0.2%以上を推奨しています。(キャットフードでは0.4%くらいが平均値)

上記の成分表よりプロセスチーズのナトリウム含有量を計算してみると、、、

ナトリウム含有量1.1%

猫にとってはナトリウムが多すぎることが分かりますね。

猫にとって脂肪分も注意

市販されているキャットフードの脂肪含量は12〜20%くらいの商品が多いです。

一方でプロセスチーズは26%ですから、ちょっと多いかなぁという印象で、食べ過ぎればもちろん肥満になってしまうでしょう。

人間用に作られたチーズは猫に与えない方が良いでしょう。

猫用チーズおすすめベスト3


猫の体に合わせて作られている「猫用チーズ」というものが市販されています。人間用のチーズに比べて、塩分や脂肪分をすくなく調整しているので、「ご褒美にチーズをあげたい」という方はコチラの方が安心です。

猫ちゃんのおやつ チーズプレーン

・低塩タイプで柔らかい
・賞味期限が1年
・3個入り

カントリーロード クリスピーチーズ

・塩分1%程度の無添加ナチュラルチーズを使用
・人工保存料、着色料、香料は使用していない
・フリーズドライだからベタつかない

猫用おやつ キャットSNACK チーズスライス

・柔らかくて猫が食べやすい
・チーズをお魚でサンド
・保存料不使用

猫にチーズを与えるときのコツ・注意点


では、実際に猫用チーズを与える時の注意点をご紹介します。

アレルギーがある猫には与えない

乳製品にアレルギーを持っている猫もいるため、初めて与えるときは様子を見てあげましょう。
チーズを食べて下痢や嘔吐、湿疹やかゆみなどの症状が出たら、与えるのをストップして、獣医さんに相談してください。

おやつ程度に与えましょう

猫用チーズでも、与えすぎには注意です。チーズには脂肪分が多く含まれているため、肥満の原因となります。

食欲増進やご褒美のため、猫用チーズを少量与えるなら問題ないでしょう。

猫にチーズ製品は食べさせてもいいの?


この記事の冒頭でも紹介したとおり、人間用チーズは基本的にNGです。

トッピングのチーズ

ピザの上にトッピングしてあるチーズなどは猫にNG、食べさせてはいけません。

チータラ

チーズを鱈(たら)でサンドしてあるおつまみですね。ビールのおともに欠かせないものですが、猫にはあげないようにしましょう。チータラは猫にNGです。

チーズおかき

甘さとしょっぱさが絶妙にクセになるということで、好きな方も多いのではないでしょうか。しかし塩分が多いので猫に与えてはいけません。チーズおかきもNGです。

クリームチーズ

クリームチーズも猫にはNG食品ですね。チーズの中では塩分が少なめなクリームチーズですが、猫にとっては塩分過多となる食べ物です。

まとめ:猫にチーズを与えてもいいの?

人間用のチーズはNG
猫用のチーズは、OK

僕の猫もチーズを欲しがる猫で、過去に与えてしまったこともあります。
しかし、基本的には与えない方がいいですね。猫用チーズを買うことにしましょう。