猫にエビを与えても大丈夫?【答え:やめときましょう。】

「エビを猫に与えても大丈夫なのでしょうか?あと…実は猫がエビをちょっと食べてしまいました。対処法を教えてください。」
こういった質問に答えています。

なんとなくエビって猫に与えてはいけないような気がしますよね。

  • なぜ猫にエビを与えてはいけないのか
  • 猫がエビを食べるとどうなるのか
  • 猫がエビを食べてしまった時の対処法

上記のようなトピックをご紹介していきます。

猫にエビを与えても大丈夫?【答え:やめときましょう。】

エビの内臓には、チアミナーゼが含まれているため、猫の健康に悪影響を及ぼすことがあります。ですから、猫にエビを与えるのはやめておきましょう。

チアミナーゼってなに?

チアミナーゼとは、酵素の一種でビタミンB1を分解する働きがあります。

少量であれば問題はないのですが、大量に摂取してしまうと「ビタミンB1欠乏症」になってしまいます。人間がビタミンB1欠乏症になると、脚気(かっけ)などの症状が出ますが、猫も同じと考えてください。

猫にとってもビタミンB1は大切な栄養素

ビタミンB1は別名「チアミン」とも呼ばれ、糖をエネルギーに変換するためのサポートや、神経・筋肉・心臓の機能を正常に保つ役割を担っています。猫にとってもビタミンB1は必要な栄養素です。

チアミナーゼは内臓に多く含まれている

この酵素は、魚介類の内臓に多く含まれています。これはエビが食べる餌にチアミナーゼが多く含まれているためであり、自然と多く持つようになるというわけです。ちなみに肉となる筋肉にはあまり含まれていません。

生のエビの内臓を与えるのは危険!

ですから、生のエビまるごと1匹を猫に与えるのは非常に危険だと言えるでしょう。

ただし、チアミナーゼは熱に弱く、加熱すると酵素の働きは失われる

内臓をしっかり取り除き、加熱すれば猫にとって無毒になります。

猫は肉食動物

最後に、忘れていけないのは「猫は肉食動物」だということ。つまり栄養素的にはエビを必要としてはいないのです。必要なのは低カロリー高タンパクの、肉類です。

結論:猫にエビを食べさせる必要はない


「しっかり処理すれば猫にとって無害、なら猫に与えてもいいんじゃない?」と考えるかもしれません。
確かに処理したエビなら無害なので食べさせても大丈夫ですが、猫にとってのメリットがないので食べさせる必要はありません。

キャットフードを食べてれば栄養不足にはならない

キャットフードを与えていれば、まず栄養不足になることはありません。猫に必要な栄養素が考えられて作られているからです。

でも「たまには違うもの食べさせてあげたい」と思いますよね

そんな時は、猫用のおやつを与えると良いでしょう。たくさんの猫用おやつが市販されているので、お気に入りを見つけるのも楽しいですね。

猫がエビを食べるとあらわれる症状


もしもエビを大量に食べてしまうと、下記のような症状があらわれます。

  • 食欲低下
  • 嘔吐
  • 下痢
  • けいれん
  • ふらつき

上記のとおり

初期段階では、食欲低下や嘔吐などの症状。悪化すると神経症状があらわれます。人間の病気である「脚気(かっけ)」と同じく、最悪の場合、死にいたる怖い病気です。

生のエビの内臓に含まれている「チアミナーゼ」は摂取してはいけないと覚えておきましょう。

どのくらいで症状があらわれるかは個体によって違う

日頃からビタミンB1が不足している猫なら、少ない量で症状が出るかもしれません。一概にどのくらいの量を食べたら、症状が出るかは猫によって違います。「ちょっとだから大丈夫だろう」とは思わず、警戒しましょう。

猫がエビを食べてしまった時の対処方法


もしも猫がエビを食べてしまったことに気がついたなら、いったいどうしたらいいのでしょうか?

一口くらいなら、様子をみる

エビを一口くらいなら、ただちに健康に影響はない場合がほとんど。1日様子を見てあげて、普段と変わりないなら大丈夫でしょう。

様子がおかしい場合は、動物病院へ

「エビを食べてから、猫の様子がなんとなくおかしい…」と感じたら、すぐに動物病院へ連れていきましょう。

エビをいつ、どのくらいの量食べたのか?

上記をメモしていくと、診察の時にパニックにならずに済みますよ。

エビ製品は与えてもいいの?


基本的にエビ製品も猫にはすべてNGです。

エビの殻

エビの殻は消化しにくいのでNGです。もし食べてしまっても毒ではないですが、食道に引っかかる恐れも。食べさせない方が良いです。

えび煎餅

猫にとって、塩分も多いため猫に与えてはいけません。えび煎餅はNGです。

エビフライ

エビフライもNG料理ですね。加熱はされていますが、猫にとっては油が多すぎるからです。

エビのお寿司

エビのお寿司も避けた方がいいでしょう。エビが生であるという点が猫にとっては懸念されます、エビのお寿司もNGですね。

サクラエビ

ときどきキャットフードにもサクラエビが含まれているようです。しかし基本的にはやめた方が良いでしょう。人間用の食品には塩分が多く、添加物なども含まれているかもしれません。