猫にナッツ類を与えても大丈夫?【答え:全般的に与えないほうがいい】

「猫にナッツを与えても大丈夫なの?食べさせてしまったら、猫にどんなことがおきますか?」
こんな疑問に答えます。

毎日少量食べると健康にいいと噂されているナッツ類。
猫にも健康でいてもらいたい場合、あげても大丈夫なのか疑問に思いますよね。

本記事の内容

  • 猫にナッツを与えても大丈夫?
  • 猫がナッツを食べたらどうなるの?
  • 猫がナッツを食べてしまった時の対処法

上記のトピックを扱っています。

猫にナッツを与えても大丈夫?

結論をいうと「猫にナッツを与えるのはダメです。」種類によっては、中毒の可能性があったりと、絶対に与えてはいけないナッツもあります。

猫とナッツの関係性について見ていきましょう。

そもそもナッツ類とは?

ナッツとは、簡単にいえば「木の実」のことです。
代表的な種類は下記のとおり

・アーモンド
・ピスタチオ
・カシューナッツ
・マカダミアナッツ
・ヘーゼルナッツ…etc

そーいえば聞いたことがある!と思うような名前が並んでいますね。

ちなみに、ピーナッツは厳密にいうとナッツではありません。ピーナッツは種類としてはマメであって、”木の実”ではないんですね。

猫に与えてはいけない理由は2つ

  1. ナッツは消化しにくいから
  2. ナッツには大量の油脂が含まれているから

順番に見ていきます。

理由①:消化しにくいから

ナッツはとても固いですよね。なので、ナッツを猫に食べさせてしまうと、消化器(胃や腸など)に負担がかかり、消化不良により吐き戻してしまったり、下痢といった症状を起こす可能性があります。

理由②:大量の油脂が含まれているから

ナッツには、ああ見えてたくさんの脂肪分が含まれています。猫に与えてしまうと肥満の原因になっていまいます。
また、ミネラル成分も豊富なため、尿路結石の原因になると言われています。

結論:猫にナッツ全般を与えない

こういったことから、猫にナッツは与えない方にしましょう。

また、種類によっては猫にとって中毒性をもつ可能性があるため、最悪のケースとして死に至ることもあります。

特に危険なナッツ3種類

  • マカダミアナッツ
  • ココナッツ
  • アーモンド

上記を解説していきます。

マカダミアナッツ

ナッツ類の中で一番危険なナッツがマカダミアナッツ。

犬で中毒症状が報告されている

食べてしまうと嘔吐、気分がふさぎ込む、けいれん、高体温などの中毒症状が出ると言われています。

中毒症状の原因物質はまだ分かっていません。また、猫による中毒症状の例もありません。
しかし、犬がダメならば猫にも与えないほうが良いでしょう。

ココナッツ

少量摂取した場合、猫に深刻な害を及ぼす可能性は低いです。

しかしココナッツの白い果肉やココナッツミルクには、胃の不調、軟便、下痢を引き起こす油が含まれています。

このため、猫にココナッツを与えないよう注意が必要です。

また、ココナッツウォーターはカリウムが豊富なので、こちらも猫に与えないようにしましょう。

アーモンド

アーモンドにはナッツ類でもトップクラスのミネラル分(ビタミンE)が含まれています。

ダイエットにも効果的なアーモンドですが、猫が食べてしまうと危険だと言われています。

アーモンドチョコは最悪なおやつ

アーモンド+チョコレート=猫にとって中毒のオンパレード

ナッツとチョコの組み合わせは、猫にとっては最悪の組み合わせと言えるでしょう。アーモンドチョコが好きな方も、猫だけにはあげないように十分注意してください。

猫がナッツを食べてしまった時の対処法


「猫がナッツを食べてしまった!」という場合の対処法をご紹介します。

すぐに動物病院へ連れていきましょう

早ければ早いほど、猫が助かる可能性が高まるからです。
胃のなかに残っている状態で病院へ連れていけば、薬を使って吐かせることができます。ナッツを取り除いてしまえば、中毒になることはありません。

念のため電話相談

食べた直後に、症状が出ていなくても、念のため獣医さんに相談することをお勧めします。電話での相談であれば、料金もかからないですからね。

パッケージを持っていく

獣医さんが診断するのに、大いに助けになってくれます。結果的に猫への治療を迅速に始められるので、

「なにを」「いつ」「どのくらい食べたか」

上記を伝えられるのがベストです。

まとめ:猫にナッツを与えても大丈夫?

答え:ナッツ全般を与えてはいけない

猫にナッツを与えると、健康になるどころか、悪影響を及ぼしてしまいます。

愛猫に健康でいてもらいたいなら、ナッツ類を与えることはやめましょうね。