ボンベイ Bombay

ボンベイの基本情報

体重 2.5〜4.5kg
ボディタイプ セミコビー
毛の種類 短毛種
毛の色 ブラック
性格 穏やかで、愛情深い。賢く社交的で、遊び好き。
登録団体 CFA、TICA、GCCF

ボンベイの特徴

黒ヒョウのような外見

つややかな漆黒の被毛と、カッパーの大きな目は、黒ヒョウをイメージして作り出された。

漆黒の被毛

光沢のあるブラックの短毛で、なめらかな手触り。

カッパーの大きな目

目は丸くて、やや離れてついている。
色はカッパーが望ましいが、ゴールドも認められる。

「ボンベイ」という猫種名の由来は、黒ヒョウの住んでいる地域、インドのボンベイ(現在のムンバイ)にちなんでいる。

中くらいのサイズで、バランスが良い

体:中くらいのサイズで、筋肉質。持ってみると、その大きさの割には、ずっしりと重い。

頭部:頭部と顔は丸く、シャープな印象ではなく、丸い印象を与える。

耳:耳は中くらいのサイズで、離れてついており、やや前方に傾いている。

性格は穏やかで、愛情深い

黒ヒョウのような見た目から活発そうに見えるが、実は落ち着きがあり、穏やかな性格。

家族みんなでいることを好み、ドアの前で喜んで迎える姿をみることができる。

また、辛抱強く知的な一面もあるので、子どもとも仲良くできるし、投げたおもちゃを追いかけて遊ぶのも大好きだ。

ボンベイの歴史


1950年代、アメリカ・ケンタッキー州のブリーダーであるニッキー・ホーナーは、黒ヒョウのような外見の猫を生み出したいと考えていた。

当初、バーミーズとブラックのアメリカンショートヘアを交配させたが、思うような結果は得られず失敗。

それでもあきらめず、試行錯誤を続けると、少しずつ理想とする形質があらわれはじめた。

ボンベイの血統の元

最終的にボンベイの血統のもとになったのは、1965年から使用した猫たち。下記のとおり。

ショーニー・カシアス・クレイ
ショーニー・コル・ケイシー
ショーニー・リトル・ブラウン・ジャグ
以上、バーミーズのオス3匹

ショーニー・ショット・イン・ザ・ダーク
デイビット・カッパーフィールド
以上、ブラックのアメリカンショートヘアのオス2匹

デイビッズ・ブラック・オニキス
ショーニー・オブシディアン
エスクワイアー・エスカペード
以上、3匹のメス

ホーナーは積極的にキャットショーへの参加を続けた。

その結果、1970年にCFAのプロビジョナル・ステータスに認定され、1976年にはチャンピオンシップ・ステータスに昇格することができた。

TICAは1979年6月にチャンピオンシップに受け入れている。

品種の進歩

スーザン&ハーブ・ズウェッカー夫妻もまた、バーミーズとアメリカンショートヘアの新しい組み合わせで、新しいライン(血統)を開発。

ほかには、ロン&ウェンディー夫妻はフランスに2匹のボンベイを送り、それがヨーロッパにおけるボンベイの基礎となった。

イギリスにおけるボンベイ

ブリティッシュボンベイの歩んだ道筋は、アメリカとは少々異なる。きっかけは偶然だった。

ビリー・オリバー夫人の飼っていたバーミーズが、血統不明の黒猫と交配してしまった。

生まれた子猫は「ロチバンク・プリンセス」と名付けられ、体型はバーミーズそのものだった。

そして、プリンセスも子猫を生み、「アドリーシャ・ピヤーダ」が誕生。
これが、ブリティッシュボンベイの基礎となった猫。

その後も計画的な交配を続けた結果、ブリティッシュボンベイが完成したのだった。

ちなみに、イギリスではボンベイは独立した猫種とは認めておらず、エイジアン(Asian)グループの猫として分類されている。