猫に牛乳を与えても大丈夫?【答え:なるべく避ける。】

「猫に牛乳を与えてもいいの?映画やドラマではよく飲んでるけど…?」
映画やドラマなどで、猫が牛乳を飲むシーンを目にしたことはありませんか。僕は「トムとジェリー」で、トムがミルクを飲むシーンを何度となく見たことがあります。

  • 猫に牛乳を飲ませてもいいのでしょうか?
  • 猫用ミルクって牛乳となにが違うの?
  • 牛乳を与える時の注意点

こういった点をご紹介していきます。

この記事を読めば、猫にとっての牛乳の立ち位置を知ることができます。ではさっそく見ていきましょう!

猫に牛乳を与えても大丈夫?【答え:なるべく避ける。】

猫に牛乳の飲ませることは、なるべく避けた方がいいです。

中途半端な表現になってしまいましたが、牛乳は猫にとって有毒な成分が含まれているわけではありません。しかし、猫の体質による問題が大きいため、なるべく避けた方がいいという結論に至ります。

いったいどういうことでしょうか?解説していきます。

猫は「乳糖不耐症」の子が多い

乳糖不耐症(にゅうとうふたいしょう)とは、乳糖(ラクトース)を分解するのに必要な酵素(ラクターゼ)が足りないために起こる症状です。

乳糖不耐症の症状

  • 元気がない
  • 消化不良
  • 食欲不振
  • 下痢

上記のとおりで、人間のお腹が痛いときの症状と似ていますね。それもそのはず、猫と人間における乳糖不耐症は同じ原因で起こるので、症状もほぼ似たようなものになるのです。

猫はラクターゼをあまり持っていないので、人間よりもこの症状が多く発生します。

人間にもある乳糖不耐症

人間でも、牛乳を飲むとお腹を壊す人っていますよね。これも実はラクターゼが少ないことが原因。

日本人は西欧人に比べて、ラクターゼの量が少ないので、牛乳を飲むとお腹を壊しやすいと言われています。

ラクターゼの量は猫によって違う

これが大きな問題点で、猫によって持っているラクターゼの量は違います。つまり、、、牛乳を飲んでも大丈夫な猫もいれば、ちょっとでも飲むとお腹を壊す猫もいるということ。

僕の飼っている猫も牛乳が好きで飲んでいますが、これまでお腹を壊したことはありません。おそらく大丈夫な猫ということでしょう。

とはいっても、「お腹を壊すと猫に負担をかける」という点を考慮すると、「なるべく避けた方がいい」という結論に、あなたも納得するのではないでしょうか。

牛乳はなるべく避けましょう

ですから、猫が牛乳を飲んで下痢をするようなら、猫が欲しがったとしても与えるのはやめましょう。また、「猫の健康を乱したくない」という方も、牛乳を与えない方がいいでしょう。

猫に牛乳を与える時の注意点


なかには牛乳を少量飲んでも大丈夫な猫もいます。与える時の注意点を確認しておきましょう。

牛乳は常温に戻してから与える

冷蔵庫から出したばかりの冷えた牛乳ではなく、常温に戻してから与えます。子猫の場合には、人肌より若干ぬるいくらいに温めてからあげるといいでしょう。

キンキンに冷えた牛乳をあげると、お腹を壊す原因になりますので注意。

乳製品アレルギーに気を付ける

あなたの猫は乳製品にアレルギーを持っていますか?アレルギーを持っているなら牛乳も絶対に与えてはいけません。

わからないようであれば、少量からはじめて、様子を見てあげる必要があります。

猫に牛乳を初めてあげるときの手順

  1. 大さじ1杯の牛乳を与える
  2. 5〜10分くらい様子を見る
  3. 下痢や嘔吐の症状がないかチェックする

上記のとおり。

また、飲んで数時間後に湿疹ができたり、体を痒そうにしていたら、乳製品によるアレルギーの可能性があります。体調の変化をよく観察して、大丈夫そうなら量を増やすようにしてあげましょう。

猫用ミルクは牛乳となにが違うのか?


子猫も母猫のミルクを飲んですくすく育っていきますよね。猫の母乳・猫用ミルク・牛乳の違いってなんでしょうか?

答え:成分が違う

簡単に解説すると、下記のとおり。

・猫の母乳→タンパク質や脂肪の量が多く、乳糖などの炭水化物が少ない
・猫用ミルク→牛乳に乳糖対策をした商品
・牛乳→牛からしぼった乳

順番に解説していきます。

猫の母乳は猫のためのミルク

猫の母乳は、牛乳と比べるとタンパク質や脂肪の量が多く、乳糖などの炭水化物が少ないのが特徴です。比べてみると下記のとおり。

牛乳 猫の乳
タンパク質 26% 36%
脂肪 28% 40%
乳糖 40% 19%
ミネラルなど 6% 5%

引用:飼い主のためのペットフード・ガイドライン〜犬・猫の健康を守るために〜(環境省)

このため、子猫に牛乳を与えると、エネルギーやタンパク質が不足して、すくすく成長できない場合があります。子猫には猫の母乳か、専用のミルクを与えましょう。

猫用ミルクは調整された人工乳

猫用ミルクは、牛乳(ヤギ乳やラクダ乳の場合もある)になんらかの乳糖対策をして、猫用に栄養素を調整して作られた人工乳です。タウリンなども添加されています。猫の乳に近い栄養素となっているので、子猫にも与えることができます。

牛乳は牛のためのミルク

牛乳はそもそも子牛を育てるためのミルクであって、猫を育てるためのミルクではありません。牛の赤ちゃんには有用な栄養バランスですが、猫にとっては十分な栄養バランスではないのです。

よく子猫を牛乳で育てようとする飼い主さんがいますが、成長不良になりがちなので、絶対に使ってはいけないのはこのためです。

ミルク製品も避けた方がいい?


牛乳から作られる食べ物はいろいろな種類がありますよね。それも全てダメなのでしょうか?

成分調整牛乳

乳糖を少なく調整した低脂肪牛乳などが市販されていますが、これらも避けた方がベター。やはり人用なので、猫が飲むには猫用ミルクが安全です。

ヨーグルト

猫によります。牛乳に比べれば乳糖が少ないですが、完全にないわけではありません。なるべく避けた方がいいでしょう。

チーズ

人間用はNGです。詳しくは下記↓の記事をご覧ください。

バター

猫にバターもなるべく避けましょう。有毒ではないのですが、脂肪分が多すぎるからです。

アイスクリーム

アイスクリームはNG食品です。高カロリーだけでなく、乳糖による下痢などが危惧されています。

生クリーム

生クリームも猫にはNG。糖分が多すぎます。