なじめばきまま Written by Fukutaro Sugiyama

ライコイ Lykoi

ライコイの基本情報

体重 2.7kg〜5.5kg
ボディタイプ フォーリン
毛の種類 短毛種
毛の色 ブラックローン
性格 知的で、問題解決能力が高い。愛情深く、飼い主に忠実。
登録団体 CFA、TICA、GCCF

ライコイの特徴

ユニークな外見

”小さなオオカミ”のような衝撃的な外見をもつライコイは、自然の突然変異によって生まれた猫種だ。

「Lykoi」という猫種名は、オオカミを意味するギリシャ語「Lycos」に由来している。

読み方は「ライコイ」のほか、「リコイ」や「リュコイ」とも呼ばれることがある。

中型の体で、耳の付け根が広く先端はとがっている。

目は大きなクルミ型で、やや上向きに傾いている。目の周りにも毛がないことが望ましい。

特徴的な被毛

ライコイの被毛は、部分的に無毛であるが、実際にはほとんど毛に覆われている個体や、ほとんど無毛の個体など程度はさまざま。

ただし常にアンダーコートは無く、ガードヘアだけのシングルコートである。

手触りはとても柔らかく、なめらか。

目、鼻、マズル、あごの周りははっきりとした無毛で、これがオオカミのような印象を与える。

ブラックローン

ライコイは様々な毛色を持って生まれてくるが、チャンピオンシップを競えるのは、「ブラックローン」のみ。

ブラックローンとは、黒一色の毛と白一色の毛が混ざって生えているパターンのこと。

「Roan」は日本語で「粕毛(かすげ)」といい、馬などにも見られるが、ほかの猫種には見られない。
今のところ、このパターンをもつ猫種はライコイだけである。

色のついた毛の割合は30〜70%までが認められており、50%が理想的。
白色の割合が多いほど、シルバーに見える。

愛情のある知的な猫

ほかの猫や家族、子どもと遊ぶのが好きで、積極的に関わろうとする。

また、おもちゃを投げると取ってきたりと、とても頭のいい猫であることがわかる。

毛が薄いぶん、寒さや紫外線には弱いので、室内で飼うのが望ましい。

ライコイの歴史


実のところ、ライコイに似た外見をしている猫は40年以上前に知られていたが、猫種としての歴史は2010年に始まる。

2010年、アメリカ・バージニア州でスフィンクスのブリーダーをしていたパティ・トーマスの飼っていた黒猫が、全体的に被毛が薄い2匹の兄弟猫を産む。

2011年には、2番目のペアがテネシー州で、獣医のジョニー・ゴブルと妻ブリトニー・ゴブルによって発見された。

ゴブル夫妻は、バージニアで見つかった猫とテネシーで見つかった猫を交配させ、最初のライコイを誕生させる。

ライコイの異常にも見える外見が、病気や遺伝的な欠陥でないことを証明するために、ゴブル夫妻はさまざまな健康検査をおこなう。

特に皮膚と心臓に注目して、広い範囲における健康検査を実施したが、いたって健康であることが証明された。

とはいえ、見つかった4匹だけでは遺伝子プールを拡大させることはできないので、ブラックのショートヘアの猫との異種交配を開始。

時がたつにつれ、ライコイ遺伝子は劣性遺伝子であることが判明し、ブラックのイエネコとのより多くの異種交配が行われた。

ほかにもライコイに似た猫はミズーリ州やカナダでも発見され、その都度血統に追加され、繁殖プログラムに取り入れられた。

猫種としての歩み

2012年、TICAは新品種としてキャットショーには出場できない限定付き品種に認定する。

2017年には、ライコイをチャンピオンシップ・ステータスに公認した。

CFAは承認プロセスを開始したばかりの品種を対象とする、ミスレニアスクラスに認定している。

イギリスへは2013年に上陸しており、GCCFは2017年に承認の第1段階を認め、2020年2月にプレリミナリーステータスに昇格している。