【ユリ中毒】猫にユリは危険な花だった!その理由とは?

「ユリが猫に危険って言うけど…本当なの?どのくらい危険ですか?教えてください。」
こんな疑問に答えます。

ユリは猫にとって危険な「ユリ中毒」を引き起こします。
1年中見かける花ですが、マジで危険な花です。

本記事の内容

  • 猫にユリを近づけたらダメ!その理由とは?
  • 「ユリ中毒」を分かりやすく解説します。
  • 「ユリ中毒」の症状と対処法

上記のトピックを扱っています。

猫にユリを近づけたらダメ!その理由とは?

猫がユリを食べてしまうと「ユリ中毒」を引き起こすからです。

意外と知らなかったという飼い主さんもいるかもしれません。

実は、最近になって知られるようになった「ユリ中毒」
1992年に最初の症例が報告されました。

中毒とは?

猫に対して毒性をもつ物質が、体内に取り込まれることにより、正常な機能がじゃまされること。

たとえば「ユリ中毒」は、猫の腎臓(じんぞう)の機能に深刻なダメージを与えると言われています。

結果として、猫に悪影響をおよぼし、最悪のケースとして死に至ることがあるのです。

「ユリ中毒」を分かりやすく解説します。

原因物質:まだ不明

猫にユリ中毒を引き起こす、正確な毒素は今のところ不明です。

現時点で分かっていること

なんらかの毒素が、猫の肝臓に大きな影響を及ぼす。

ユリの部位全てが非常に危険

ユリという植物全体が危険です。これには、

・花
・葉
・茎
・花粉
・球根
・花瓶の水

上記のすべてが含まれています。

ユリを生けていた花瓶の水さえも危険であると言われていて、その毒素が水溶性のものである可能性があります。

また、ユリは花粉をたくさん落とすことでも有名、ユリに体をスリスリした時、猫の体に花粉がくっつきます。

その後、猫がグルーミングをすると、ユリの花粉を摂取することになるので、非常に危険だということです。

ユリ中毒の症状は?


ユリ中毒の代表的な症状は下記のとおり。

  • 突然の嘔吐
  • 食欲不振
  • 無気力(元気がない)
  • 脱水症状
  • 腎不全
  • 方向感覚の喪失
  • 歩くことができない
  • 発作

上記のとおり

特徴的な症状の1つは「突然の嘔吐」

ユリ中毒になった猫は、嘔吐、下痢、脱水症状、食欲不振の兆候を示すことがよくあります。

「たぶん大丈夫だろう…」
と放っておくと、ユリを食べてから4〜7日いないに死んでしまう可能性があります。

不思議なことに、猫はユリ中毒に敏感

犬、マウス、ウサギにおいては、かなりの量を摂取しても中毒症状になることはありません。猫はユリの毒素に、とくべつ敏感なようです。

猫がユリを食べてしまった時の対処法

とにかくすぐ動物病院へ

早ければ早いほど、助かる可能性は高くなります。

「葉っぱをかじった跡がある」とか「花瓶の水を舐めたかもしれない」という場合、速やかに動物病院を受診しましょう。

夜間であっても、ペットの救急病院へ連れて行くぐらいの心構えが必要です。

サンプルを持っていくと獣医さんに親切

可能であれば、動物病院へ連れて行くとき、ユリの花や葉っぱなどを持っていきましょう。(猫に付かないように十分注意して)

これにより、獣医師は診断しやすくなり、治療を迅速に始められるため、腎不全のリスクを最小限に抑えることができます。

猫をユリ中毒から守る方法


こんなに危険なユリですから、なんの対策もしないのは、シートベルトを締めずに車に乗るようなものです。

よくあるシチュエーション

・お盆やお彼岸、お墓参りでユリを供える
・贈り物で、ユリが入った花束をもらった

僕のおじいちゃんも、その季節になると、必ず仏壇の前にユリの花を生けています。

幸いなことに、飼っている猫たちはいっさい興味を示さないので、噛んだりはしないと思いますが、、、
ユリ中毒のことを知った瞬間に「ヤバッ!」と冷や汗をかきました。

対策:ユリを家の中に持ち込まない

これが最も簡単で、効果的な対策です。

仏教のやり方で必要な場合は、必ず猫を近寄らせないように、しっかり見張っておく必要がありますね。もしくは、部屋に入れないようにするのも効果的。

「好奇心が猫を殺す」という慣用句がありますが、例え話ではなく、本当に猫が死んでしまうので、飼い主さんは要注意です。

まとめ:猫のユリ中毒

ユリ中毒の重大さが身にしみて分かりました。

大きく綺麗な花で、見ていてとても魅力的ですが、猫を飼っている皆さまにとっては、控えておいた方がイイですね。

まだユリ中毒について知らない飼い主さんも多いようなので、周りの猫好きさんたちにも、ぜひ教えてあげてください。