なじめばきまま Written by Fukutaro Sugiyama

ソマリ Somali

ソマリの基本情報

体重 3〜5kg
ボディタイプ フォーリン
毛の種類 長毛種
毛の色 ルディ、レッド、ブルー、フォーンなど
性格 活発で、人懐っこく社会性がある。神経質な面もあり、マイペース。
登録団体 CFA、TICA、GCCF、FIFe

ソマリの特徴

アビシニアンの長毛種

ソマリは「アビシニアンの長毛種」と言われ、アビシニアンから派生した猫種だ。

しかしながらその起源についての記録は残されていない。

2つの有力な説

  • アビシニアンから自然発生した突然変異
  • アビシニアンと長毛種の猫が異種交配して誕生した

「ソマリ」という猫種名の由来

アビシニア(現在のエチオピア)の隣国、ソマリアにちなんで名付けられ、「アビシニアに近い存在」という意味が込められている。

※ソマリア出身ではないので注意。原産国はアメリカ。

ティッキングと毛色

ソマリの毛は、1本1本に濃淡のしま模様があり、光の加減でキラキラ輝いて見える。
これをティッキングという。

長さはセミロングだが、肩のあたりの毛がやや短めで、逆に尾はふさふさしている。

毛色

・ルディ
・レッド
・ブルー
・フォーン

上記が広く認められるが、登録団体によっては下記の毛色も認められている。

・シルバー
・トータシェル
・チョコレート
・ライラック

外見

胴:中位の長さで、筋肉質。
頭:丸みのあるくさび型。鼻の上から額にかけてのラインがはっきりしている。
耳:大きく、先端がややとがっている。内側には飾り毛がある。
目:大きなアーモンド型。
尾:太い尾はキツネのように、豊かな毛に覆われている。

社会性があるが、マイペースな性格

ソマリは他の人と一緒にいるのが好きで、飼い主の膝に乗ったり、近くで時間を過ごすことが多い。

遊びにも全力で、おもちゃを追って走り回るのは日常茶飯事。

しかし、何をするにも気が向いた時だけというマイペースな一面もある。

ソマリの歴史


ソマリがどうやって誕生したのか、その記録は残っていない。

前述したとおり、2つの説が有力だが、もしアビシニアンから自然発生したとすれば、ソマリはかなり古い歴史を持っていることになる。

また、長毛の猫との交配によって誕生した説だが。
実際、第二次世界大戦によってアビシニアンの数は激減し、種を存続させるために長毛種との異種交配も行われていた。

どちらが正解なのかはわからない。

長毛のアビシニアンとして初めて特定されたのは、1953年にアメリカに持ち込まれた「レイビー・チュファ・オブ・セレーネ」と、オーストラリアの「ブルーン・アキリーズ」という2匹。

この2匹は長毛遺伝子を持っていて、現在のソマリにその血統が受け継がれている。

ロングヘアアビシニアンからソマリへ

1960年代にはいると、ロングヘアアビシニアンとして、独立した猫種として扱われるようになる。

ソマリが認定されるまで、アメリカ人のエブリン・マーグの努力を無視することはできない。彼女こそ「ソマリ」という猫種名の名付け親である。

マーグはアビシニアンのブリーダーをしていたのだが、自分の飼い猫である2匹を交配させると、生まれた子猫のうち1匹だけふわふわの被毛をもつ子猫が生まれた。

「ジョージ」と名付けられたその猫は、マーグの血統からの最初のロングヘアアビシニアンだった。

ところが、アビシニアンとしては的外れな容姿だったので、ぞんざいに扱われることもあった。

その時から彼女は、ロングヘアアビシニアンを猫種として公認させる!と意気込み、

1972年ソマリ・キャット・クラブを創設。
1975年には国際ソマリ・キャット・クラブが創設された。

1979年以来、CFA、TICAともにソマリを猫種として公認している。

ソマリは日本でも人気のある猫種で、国内で繁殖をしているブリーダーもいる。