猫にコーヒーを与えても大丈夫?【答え:絶対にNGです。】

「猫にコーヒーを与えたらいけないって言われているけど、何がそんなに危険なの?ちょっとでもダメなの?」
こういった質問に答えます。

朝は一杯のコーヒーから始めるという方も多いでしょう。人間にとっては嗜好品でも、猫にとっては命をおびやかしかねない危険があります。

  • コーヒーの何が猫にとって危険なのか?
  • 猫がコーヒーを飲んでしまった時の症状
  • 猫がコーヒーを飲んでしまった時の対処法

上記のようなトピックをご紹介します。

猫にコーヒーを与えても大丈夫?【答え:絶対にNGです。】

猫にコーヒーを飲ませてはいけません。カフェオレなどミルクで薄めていたとしても、中毒になる可能性があるので危険です。

コーヒーのカフェインが危険

コーヒーにはカフェインが含まれていることをご存知でしょう。実はこのカフェインが猫にとって非常に危険なのです。

人間には安全な量でも、猫には危険な量

人間がコーヒーを飲むと、眠気がなくなったり、集中力が高まったりと良い効果がありますね。けれど、猫がコーヒーを飲んでしまうと、体が小さい分そうした効果が過度に働いてしまい、健康を害することになるのです。

コーヒー以外にも含まれるカフェイン

コーヒーにカフェインが含まれているのは有名ですが、それ以外にもカフェインを含む食品は、身の回りにたくさん存在しています。たとえば下記のとおり

緑茶
紅茶
ココア
烏龍茶
コーラ
チョコレート
エナジードリンク

コーヒーが含まれる食品にも注意しよう

飲み物だけでなく、コーヒーが含まれている食品はたくさんあります。下記のとおり

コーヒー豆を使ったチョコ
コーヒーゼリー
キャンディー
ティラミス

上記のとおり、コーヒーを含む食べ物はたくさんありますね。おやつで食べていたら、ついついあげたくなっちゃいますが、絶対に与えてはいけません。

猫がコーヒーを飲むとどうなる?カフェイン中毒の症状


猫がコーヒーを飲むと下記のような症状があらわれます。(症状の一例にすぎません。)

精神症状

落ち着きがなくなる
不安な様子
気分の高揚
精神錯乱
衝動性

身体症状

下痢
嘔吐
呼吸数の増加
頻尿や失禁
けいれん
歩行困難

猫のカフェイン中毒の特徴

ごく微量であれば症状が出ないこともありますが、たいていは1時間後、遅くとも2時間以内に、上記のような中毒症状が出始めるようです。

猫のカフェインの致死量

体重1キロあたり100〜200mgと考えられています。(エビデンスは見つけられませんでした)

しかし、猫に中毒症状が起こるのはもっと少ない量で、体重1キロあたり15〜20mg摂取したころだとされています。(個体差によってこの量以下でも症状が出ることはあります)(こちらの数値もエビデンスなし)

体重4キロとすると、コップ1杯で命にかかわる

コップ1杯をぐびぐび飲む猫の姿は想像できませんが、警戒するに越したことはありませんね。また、中毒になる量には個体差があることから、「少ない量でも中毒症状が出ることもある」ということを覚えておきましょう。

猫がコーヒーを飲んでしまった時の対処法


「猫がコーヒーを飲んでいた!どうしたらいいの?」という場合の対処法についてご紹介します。

すぐに動物病院へ連れていくor相談する

もし猫がコーヒーを舐めたことがわかっているなら、中毒症状が出ていなかったとしても、動物病院へ連れていったほうが良いでしょう。
一口ペロッと舐めたくらいでは、問題ない場合が多いと思いますが、心配なら獣医さんに診察してもらいましょう。

自分では絶対に吐かせない

ときおり、「飼い主さんが吐かせましょう」と書いてある記事も見受けられますが、素人がこれをやるのは非常に危険!絶対にやめましょう。

獣医さんは猫の状況を見ながら、薬で吐かせたり胃の洗浄をしたり決定します。これらの治療は、獣医さんが判断して行うものです。本当に猫の健康を願うなら、飼い主さんが自分でやるのは良い方法とは言えません。

猫にコーヒーを飲ませないようにしよう


猫がコーヒーを飲んでしまうと大変なことになってしまいます。日頃から飲ませないように対策しておくと、いらぬ心配をせずにすみますよ。今回は3つご紹介します。

コーヒーカップを目に見える範囲に置いておく

猫が飲まないようにするため、コーヒーを目に見える範囲に置いておくのはとても良い対策です。猫が飲もうとしたら、すぐにストップできますしね。

のみ残しを放置しない

特にミルクが入っていると、猫は「おっ!これいい匂いがする」と思ってペロッと舐めてしまうかもしれません。飲み残しは放置せず、すぐに洗うといいですね。

ドリップしたコーヒーかすはすぐに捨てる

コーヒーかすにもカフェインは含まれています。興味を示すことはないと思いますが、猫が口にしないよう気をつけましょう。