猫にブロッコリーを与えても大丈夫?【答え:大丈夫です。】

「うちの猫がブロッコリーを食べるんですが、これって大丈夫…?あと、与えかたにコツとかあったら教えてください。」
こんな疑問に答えます。

ブロッコリーが好きすぎてかじる猫ちゃんもいるようです。
猫とブロッコリーの関係について知りたいですよね。

本記事の内容

  • 猫にブロッコリーを与えても大丈夫?
  • 猫にブロッコリーをどうやって与えたらいいの?
  • ブロッコリーを食べない方がいい猫と注意点

上記のトピックを扱っています。

猫にブロッコリーを与えても大丈夫?【答え:大丈夫です。】

結論をいえば「猫にブロッコリーを少量なら与えても問題はありません。」

猫に有毒な成分は含まれていない

ASPCA(アメリカ動物虐待防止協会)の発行している「猫に与えてはいけない植物リスト」にも挙がっていません。

ブロッコリーが好きな猫もいる

安全なのを知っているのかわかりませんが、ブロッコリーにかじりつく猫ちゃんもいるようです。

好んで食べる猫は、ブロッコリーの食感が好きなのかもしれませんね。

ただし大量に与えるのは避けましょう。

猫の欲しいまま与えてしまうのはダメです。
食物繊維が豊富なので、胃腸に負担をかけてしまいます。

飼い主さんが食べる量をしっかり管理してあげましょう。

結論:与えても大丈夫ですが、量には気をつけてください。

ブロッコリーは猫が食べても平気な野菜でした。
時々、嗜好品として与えれば、猫もきっと喜びますね。

猫にブロッコリーをどうやって与えたらいいの?


ブロッコリーを与えるさいのコツをご紹介します。

茹でるか蒸すかして、柔らかくする

生のままでも大丈夫ですが、柔らかくした方が猫が食べやすく、親切ですね。

猫は噛まずにそのまま飲み込むので、茹でたブロッコリーも小さめにカットしてあげてください。

トッピング程度の量を与える

細かくカットしたブロッコリーは小さじ1杯程度

少なっ!と思うかもしれませんが、体の小さな猫にとっては十分な量です。

普段食べているキャットフードの上に、トッピングしてあげると「おっ!今日はなんか豪華だにゃ」と喜んでくれるかも。

ブロッコリーの葉や茎も大丈夫

ブロッコリーの葉っぱや茎の部分も、同じように小さく切って、猫に与えることができます。

どの部位が好きか?

いろいろ試して見ると面白いですね。

ブロッコリーを食べない方がいい猫と注意点


基本的には大丈夫なブロッコリーですが、気をつけなければいけないことが3点あります。

注意点①:甲状腺の機能が低下している猫には控える

ブロッコリーに含まれる「ゴイトロゲン」は、甲状腺機能が低下している猫にとって、有害である可能性があります。

ヨウ素の吸収を邪魔してしまい、症状が悪化する可能性があるのです。
(とはいえ、よほど大量摂取しない限りは問題ないとされています。)

念のため、甲状腺機能が低下していて、治療を受けている猫には与えない方が無難でしょう。

注意点②:味付けはいっさいしない

マヨネーズや塩といった調味料で味付けをする必要はありません。猫にとっては塩分や脂質が多すぎます。

猫にブロッコリーを与えるときには、味付けはいっさいしないようにしましょう。

注意点③:毎日の主食とはしない

記事の中ほどでも述べたとおり、トッピング程度の量が適量。
猫は肉食動物ですから、多くの野菜は必要としません。

「健康のために野菜を食べないと…」と人間と同じ感覚で野菜を食べる必要はないのです。

猫にキャットフードを与えていれば、栄養不足になる可能性はほとんどないと言われています。

まとめ:猫にブロッコリーを与えても大丈夫?

答え:与えても大丈夫です。ただし与えすぎには注意してください。

ブロッコリーは猫も食べられる野菜です。量には気をつけて、様子を見ながら与えてあげましょう。