猫にビールを飲ませても大丈夫?【答え:絶対にダメです!】

「猫にビールを少しだけなら飲ませても大丈夫ですか?飲ませてみたいんですが、猫も酔っぱらうのでしょうか?」
こんな疑問に答えます。

はっきりいってしまうと、猫にとってビールはとても危険な飲み物。ビールを与えることの危険性を知らないと大変なことになるかもしれません。

本記事の内容

  • 猫にビールを飲ませても大丈夫?
  • 猫がビールを飲んでしまった時の対処法
  • ビールの危険から猫を守るためにできること

上記のようなトピックを扱っています。

猫にビールを飲ませても大丈夫?【答え:絶対にダメです!】

猫にビールなどのアルコール類を飲ませるのは絶対にNG。猫の体は人間とは違うので、ほんの一口でも大変危険です。

猫はアルコールを分解できない

人は肝臓でアルコールを分解して無害化することができますが、猫はアルコールを分解する酵素を持っていないので、無害化することができません。

つまり、アルコールを摂取するといつまでも毒が体内に残ることになるのです。

猫がビールを飲むとどうなる?

アルコールには脳を麻痺させる性質があります。猫はアルコールの影響をまともに受けてしまい、その症状は顕著にあらわれるでしょう。

アルコール中毒の症状

  • まっすぐに歩けない
  • 立つことができない
  • 意識がもうろうとする
  • 意識がなくなる
  • 昏睡状態に陥る
  • 呼吸数の低下
  • 心肺停止

上記のとおり。
これらが人よりもはるかに短い時間で顕著に現れます。

最終的には生命維持にかかわる脳の中枢神経までも麻痺してしまい、呼吸や心臓を停止させ死に至ります。これが「アルコール中毒」です。

「ほんの少しなら…」という考えが、非常に危険だということがわかります。

飲ませようとする人が結構いる

気をつけなければいけないのは、猫にビールを飲ませようとする人が結構いるということ。

「晩酌につきあってくれる人がいない…」という寂しさから、猫にも飲ませようとするのかもしれませんが、、、

猫にビールは絶対に飲ませてはいけません!

致死量とか関係ありません。とにかく飲ませてはいけないのです。

結論:猫にビールは絶対に飲ませない!

猫は体が小さい分、ほんのわずかなアルコールでさえ、ほろ酔いをすっ飛ばして泥酔、昏睡状態に陥ってしまうリスクがあります。

絶対にビールを舐めさせないよう、飼い主さんがしっかり管理することがとても重要なのです。

猫がビールを飲んでしまった時の対処法


それでも、猫がちょっとした隙にビールを舐めてしまうことがあるなら、どう対処したらいいのでしょうか?

今すぐに動物病院へ連れていきましょう

アルコールが吸収される前に、胃の洗浄などでアルコールを取り出すことができれば、助かる可能性があるからです。

時間が命

できる限り早く対処すれば、助かる可能性を上げることができます。
逆に「これくらいなら大丈夫だろう」と放っておくと、気づいた時にはもう手遅れ、、、という状態になる可能性も。

ビールを飲んだことに気がついたなら、一刻も早く動物病院に連れて行かなければなりません。

飼い主さんが吐かせないようにしましょう

猫の意識が低下しているときに、飼い主が無理やり吐かせようとするのは危険な場合があります。

ビールを「いつ」「どのくらい」飲んだのか、正確に獣医師に伝えてください。

【衝撃】猫にビールを飲ませようとする人が意外と多い


記事の冒頭でも述べたとおり、飼い主や友人が酔った勢いで、猫にもビールを飲ませようとすることがあります。

危険な人から猫を守るために

ビールを飲ませる危険性を理解したなら、そういった危険の人から猫を守ってください。

猫を守る方法

・猫に飲ませないよう説得する
・猫をほかの部屋に避難させる
・酔っ払いに帰ってもらう

上記のとおり。
酔った人に対応するのは大変です。
できるなら酔う前に、説得なりしておくといいですね。

まとめ:猫にビールを飲ませても大丈夫?

答え:絶対に飲ませてはいけません。死にいたる可能性があります。

「猫にビールを飲ませたらどうなるんだろう…?」などという気持ちが、一生の後悔につながるかもしれません。

猫に飲ませないよう管理する責任は、ほかでもなく飼い主さんにあります。猫をしっかり守ってあげてください。