猫の爪切りはどこまで切ってもいいの?【先端部分だけでOK】

「猫の爪切りをしたいのですが、どこまで切ったらいいのか分からないので不安です…。わかりやすく教えてください。」

この記事ではこうした疑問に答えています。

初めての頃はどこまで切ったらいいのか怖いですよね。僕も同じ気持ちでした。

「こういう情報があったらよかったな」と思うことを画像付きでまとめましたので、参考にしてください。

猫の爪切りはどこまで切ってもいいの?【先端部分だけでOK】


結論を言ってしまいましょう。下記画像のOKゾーン内であればどこでもOKです。

猫の爪切りはクイックを切ってはいけない

触ってみてとがってなければ全部OK

僕の基準は「触ってみてとがってなければ全部OK」です。

NGゾーンは絶対に切ってはいけない

NGゾーンはクイックと呼ばれていて、血管や神経が通っている部分なので、絶対に切らないように注意しましょう。

もしも切ってしまうと出血と痛みで、猫が爪切りを大嫌いになってしまいます。

OKゾーンであればどこでもOK

猫の爪切りは先端だけ切ればOK

文字にするよりも画像を見てもらったほうが早いですね。
僕はいつも上記画像のように爪切りをしています。

「そんなに切らなくてもいいんだ」と思いませんか。

そうなんです。とがってきた先っぽをちょこんとカットする感じ。
これならできそうだと思いませんか。

スレスレを狙う必要はありません。

どっちみちすぐに伸びてくるので、定期的な爪切りは必要です。

NGゾーンを狙ったりせずに、安全に先端部分だけをカットしましょう。

爪切りが怖いと感じる理由と解決策


僕もはじめの頃は爪切りが怖いと感じていました。
それはなぜなのでしょうか?

答えは「実際に切る場所が隠れていて見えないから」です。

きっとこの記事を読んでいる方は、爪切りをしようとして爪切りを買って、いざ爪切りをしようとしたら不安に感じたという方でしょう。

僕も全く同じでした。つまり「道具を使い慣れていない」ということなんですね。

【解決策】爪切りがどこまで切れるかを知る

解決策は、お手持ちの爪切りでどこまで切れるかを、感覚的に知ることです。

一見すると難しいことのように感じますが、下記の練習方法を試してみてください。すぐにできますよ。

爪切りに慣れる練習方法

  1. ストローを用意して、マジックで線を適当にひく
  2. 爪切りで線のところを切れるように練習する

上記のとおり

ここも画像があったほうがわかりやすいですね。

1.ストローを用意して、マジックで線を適当にひく

ストローにマジックで線をひく

2.爪切りで線のところを切れるように練習する

引いた線の上を爪切りで切る

線のとおりに爪切りで切ることができた

最初のうちは線よりもズレた場所を切ってしまうかもしれません。それは感覚がずれているからなんですね。

ズレたら、ズレた分だけ修正してもう一度トライしてみましょう。

線のとおりに切ることができるようになったら完了。自信を持って大丈夫です。

いざ実践!自信を持って猫の爪切りをしてみよう


ここまでで「どこまで切ったらいいのか」「道具の使い方」を知ることができましたね。

次にすることは実際に猫の爪切りです。実践してみましょう。

まずは猫の爪をよーく観察して、どこまで切ったらいいか狙いを定める

クイックの長さは猫によってさまざまです。長い猫もいれば、短い猫もいます。

飼い猫のクイックはどこまでなのかを観察しましょう。

わかりづらいときは、光を当てると見やすい

「観察したけど、いまいち分かりにくい…」と感じるときは、裏から光を当ててみるといいですよ。

猫の爪は半透明なので、クイックの部分は影になって見やすくなると思います。

猫の腕を固定して、爪を出してあげる

狙いが決まったら、片手に爪切りをもち、猫の体を固定しながら爪を出してあげましょう。

猫の体を固定しないと、暴れたときに危険

猫は手先をつままれるのを嫌がるため、サッと手を引くことでしょう。猫の力に負けないように、しっかりと猫の手を持って固定しましょう。

サクッと爪切りをしてあげる

ここまできたらもう一歩。サクッと爪をカットしてあげましょう。

勇気を出して、これまでのことを思い出してください。

意外と爪は固いなぁを思われるかもしれませんが、そこは思い切ってカットしちゃいましょう。

中途半端に切ってしまうと、逆にめんどくさいことになるので、ひと思いに切ってしまったほうが楽ですよ。

まとめ:猫の爪切りはどこまで切ったらいいのか

この記事のポイントをまとめましょう。

  • 猫の爪切りは、クイックより先端であればどこでもOK
  • NGゾーンは絶対に切ってはいけません
  • とはいえ、とがってなければ全部OKです
  • 道具の使い方に慣れましょう

慣れてくると猫の爪切り自体は難しいことではありませんが、爪切りが苦手な猫ちゃんに行うのは大変ですね。

無理をせず、先端をちょこんと切ることを心がけると、スムーズに終えることができますよ。

それでは猫ちゃんの爪のお手入れをしてあげましょう。