セレンゲティ Serengeti

セレンゲティの基本情報

体重 3.5〜7kg
ボディタイプ セミフォーリン
毛の種類 短毛種
毛の色 ブラウン・スポッテッド・タビー、ソリッド・ブラック、シルバー・スモーク
性格 好奇心旺盛で、よく遊ぶ。飼い主に忠実だが、人見知りもする。
登録団体 TICA

セレンゲティの特徴

斑点のあるなめらかな被毛

セレンゲティの被毛は短毛で、なめらかな手触りをしている。

毛色は下記の通りだ。

ブラウン・スポッテッド・タビー
茶色の地色に、濃い茶色または黒色のスポット模様がはいる。
ソリッド・ブラック
一見すると黒1色だが、よく見るとごく薄い斑点模様がある。これはゴースト・マーキングといい、黒いジャガーのよう。
シルバー・スモーク
シルバーの地色に、黒色のスポット模様がはいる。

大きくて丸い耳

ピンと立った大きな耳が印象的。
頭の真上についており、根本が幅広で先端が丸い。

長い足、長い体

セレンゲティの体格には風格があり、まるで古代の彫像のよう。

体は筋肉質で引き締まっており、四肢は長く、優雅な印象を与える。

愛想のよい、親しみやすい性格

ヤマネコのようにワイルドな見た目をしているが、イエネコ同士を交配させて作られた猫種なので、性格はとてもおだやか。

恥ずかしがり屋で人見知りをするが、これは必ずしも悪いことではない。

一度なれてしまえば、深い愛情を注ぐし、たくさん愛情を注いでほしいと思っている。
また、見た目を裏切らないエネルギッシュな猫ゆえに、遊ぶことも大好きだ。

セレンゲティの歴史


セレンゲティの創設者は、カレン・サウスマンという保全生物学者。

彼女はアメリカ・カリフォルニア州にキャッテリーを所有しており、「野生種を用いずにサーバルのようなワイルドな外見を持つイエネコを誕生させたい」と考えていた。

1994年から計画交配をスタート。

ところが予想外のことからセレンゲティは生まれる。

飼っていたオリエンタルショートヘアとベンガルが、彼女の目を盗んで、自然交配していたのだ。

こうして生まれたのがまさに求めていた猫であり「セレンゲティ」の誕生だった。

セレンゲティのワイルドな容姿はベンガルから受け継いだもので、高い位置についた大きな耳は、オリエンタルショートヘアから受け継いだものだ。

彼女は理想とする容姿を発現させるため、交配させる猫を注意深く選んだのだが、ことはそう簡単には進まない。

とくに難しかったのは、オリエンタルの特性であるティッキングが邪魔をして、はっきりとした美しいスポット模様を発現させられない点だった。

今なおセレンゲティの開発は継続中であり、ほかのブリーダーたちも協力している。

現在、TICAのアドバンスド・ニュー・ブリードに登録され、数多くのキャットショーにも出陳。

ブリーダーたちはセレンゲティのチャンピオンシップ・ステータス獲得に向けて精力的に活動を続けている。