【おみやげ】猫が獲物を持ってくるのは飼い主へのお礼?

猫が昆虫や小動物を家の中まで持ち帰り、目の前でポトリと置かれてギョッ!とした経験はありませんか?

「おみやげ」や「プレゼント」とも呼ばれていますが、正直そこまで嬉しいものではないですよね。むしろ処理に困ります、、、

でもどうして猫は獲物を持ち帰ってくるのでしょうか?気になります。

この記事では、その理由や、持ち帰らないようにする対処法をご紹介します。

猫が獲物を持ち帰る理由


スズメ、ネズミ、モグラ、セミ、チョウ、、、いろいろ持ち帰る猫ですが、どんな気持ちで持ち帰っているのでしょうか?

実は、真実はまだ解明されていません。

でもいくつかの説はあるようなので、ご紹介しましょう。

狩りができない子猫に狩りを教える母猫の気持ち

飼い主のことを子猫だと思って、母猫になったつもりで狩りを教えているのです。

子育てをする母猫は、子猫の元に獲物を運んで狩りを教えます。

わざわざ子猫の前で獲物を食べて「これは食べられる獲物」と教えたり、半殺しの獲物を子猫に与えて、仕留め方を実践教育するのです。

飼い猫が獲物を持ち帰るのは、この習性の変形だと考えられており、「猫は飼い主のことを子猫とみなしているのではないか」という仮説が立てられています。

ただ持ち帰っただけ?

食用としてとった獲物を、安心できる場所で食べたかっただけかもしれません。

ドアの後ろや部屋の隅っこで「おみやげ」が見つかった場合は、この説の方が説得力がありますね。

たまたま飼い主さんに見つかってしまい、なんとかごまかそうとして、ポトリと落としちゃったのでしょうか。

獲物がとれてハイテンション、でも飼い主さんに見つかったショック、これからどうしようという迷い。

いろいろな考えが入り乱れた結果、飼い主さんを驚かすことになっているのでしょう。

とった獲物を褒めて欲しい

持ち帰った獲物をいかにも「私がとったんだよ!」と言わんばかりのドヤ顔で見せにきている可能性もあります。

猫に”自慢する”という概念があるのかはわかりませんが、飼い主との良いコミュニケーションを望んでいるのは確かでしょう。

決して飼い主さんのことが嫌いなのではなく、やはり好きだからわざわざ持ち帰っているのかもしれませんね。

非常にありがたくないプレゼントですが、、、

私の飼っている猫の場合

私の飼っている猫の場合は、持ってくることも持ってこないことも両方ありました。

鳥を仕留めて、車の下で食べているのを発見したこともありますし。

深夜「ウナーオ、ウナーオ」と大きな声で鳴いているので、起きて行ってみたら、まだ生きているネズミをくわえていることもありました。

こうした経験から感じる私の印象は、安心できる場所まで運んでいる、ということ。深夜に唸っている時は、他の猫もいたので奪われたくなかったのでしょう。

プレゼントをもらったらどう対応すればいいの?

もしあなたの猫ちゃんから「プレゼント」をもらったら、ひそかに処分しておいても大丈夫。

猫もそんなに気にしません。虫とかならゴミ箱に捨ててしまえばいいのですが、小動物は処分にちょっと困りますね。

生きているようなら、逃がしてあげて自然の成り行きに任せましょう。死んでいるようなら、新聞紙でくるみ、ビニール袋に入れて燃えるゴミとして処分しましょう。

プレゼントの処理方法

  1. 新聞紙にくるむ
  2. ビニール袋に入れて口を縛る
  3. 燃えるゴミとして処分する
どんな菌を持っているかわからないので、直接触らない方がいい
ゴム手袋をして、処理後は手を洗うと、よりGOOD

獲物のニオイがすると、猫がまたゴミ箱等をほじくり返してしまうので、ニオイが出ないように厳重に隔離するのがオススメです。

持ち帰りをやめさせる方法


何度も何度も持ち帰られると「また〜!?」とやめさせたくなりますね。でも残念ながら、猫に狩りを完全にやめさせることはできないでしょう。

なるべく持ち帰らせない方法

  • 完全に室内飼育にする
  • 猫が満足するまで遊びまくる
  • カラフルな首輪をつける

このような対策をすると、持ち帰り率を減らせるかもしれません。お試しを。

おもちゃで狩りをさせると効果的


狩りの欲求を満たせるよう、おもちゃで遊ばせるのはとても効果的。ダイエット効果やストレス解消も見込めます。

実際、空腹を満たすために狩りをする猫は少ないのが事実

なぜなら、飼い猫であればキャットフードを十分に食べているからです。

あくまで「狩りをしたい!」という猫の欲求によるものであり、その欲求をおもちゃで満足させようというわけ。

猫のおもちゃについて詳しく知りたい方はコチラ↓

面白いことに海外では、「おみやげ」を減らす首輪が売られていたりします。

首輪というより、ピエロの襟みたいでちょっとダサいかも、、、でも効果はけっこうあるみたいです。

日本のAmazonでは売っていなかったので、興味がある方は個人輸入する必要がありそうですね。アメリカのAmazonでは取り扱いがあったのでリンク載せておきます。

アメリカのAmazonへのリンク→Birdsbesafe Cat Collar Cover

英語サイトですが、Birdsbesafe公式ページもあります。

猫が獲物を持ってくるまとめ

この記事では、どうして猫は獲物を持ち帰るのか?という疑問に関して、3つの仮説をご紹介しました!

  • 狩りができない子猫に狩りを教える母猫の気持ち
  • 安心できる場所で食べたかった
  • とった獲物を褒めて欲しい

少なくとも、嫌がらせで持ち帰っているのではないことを忘れないでください。

気持ちは受け取りますが、獲物は速やかに処理してしまって大丈夫です。

代わりにいっぱい遊んであげてくださいね!