なじめばきまま Written by Fukutaro Sugiyama

ピクシーボブ Pixiebob

ピクシーボブの基本情報

体重 3.5〜7.7kg
ボディタイプ ロング&サブスタンシャル
毛の種類 短毛種・長毛種
毛の色 ブラウン・スポッテッド・タビー
性格 アクティブで、社交的。知的で、飼い主に従順。
登録団体 TICA

ピクシーボブの特徴

筋肉質でたくましい猫

ピクシーボブはボブキャットのような野生的な外見が特徴的。

耳の先端にはオオヤマネコのような飾り毛があるのが望ましい。

毛色はすべてのブラウン系が認められるが、理想はブラウン・スポッテッド・タビー。

短い尾

尾は短いもので5cm程度。

ねじれがあったり巻いていたりすることもある。

多指症(たししょう)が認められる

猫は通常、前足に5本、後ろ足に4本の指を持っている。

ピクシーボブは、7本までの多指症が認められている。

野球のグローブのような見た目はかわいいし、物を器用に掴んだりすることができることが多い。

犬のような性格の猫

従順さ、愛情深さ、知性の高さは「犬のような猫」と言われるのも納得だ。

トレーニング次第では、ハーネスをつけてお散歩することもできる。

そして時折、鳴き声をあげて飼い主とコミュニケーションを取りたいと思っている。

ピクシーボブの歴史


アメリカ・ワシントン州のベーカー山のふもとに1組の夫婦が、多指症で尾の短いメス猫と一緒に住んでいた。

ある日、外が騒がしいので見に行ってみると、ボブキャットらしき動物と飼っていた猫が喧嘩をしていた。

それからしばらくして、メス猫は子猫を産むが、父親はその時のボブキャットだと思われる。

その子猫のうち、多指症で短尾、かつスポット模様のある猫を引き取ったのが、キャロル・アン・ブリュワーというブリーダー。

1985年のことだった。

繁殖させる

1986年1月、ブリュワーは多指症で短尾で大柄な猫をもう1匹入手し、「ケバ」と名付ける。

ケバは近所の猫と交配し、それによって生まれた子猫1匹を、ブリュワーは手元に置いておいた。

「ピクシー」と名付けられたこの猫こそ、のちにピクシーボブの血統の基礎となった猫である。

ブリュワーは計画交配をスタートさせ、さまざまな遺伝的要素が取り入れられた。

その結果、短毛種と長毛種が誕生し、健康的で丈夫な猫が生まれたのだ。

猫種としての登録

ブリュワーがスタンダードを作成し、猫種名を「ピクシーボブ」としたのは1989年のこと。

1993年には公認を受けるために、TICAにアプローチし、
1996年にはニュー・ブリード&カラーステータス(NBC)へと認定された。

さらに1998年にはチャンピオンシップ・ステータスへの昇格も果たしている。