【クーラーが嫌いな猫】お留守番はエアコンなしでOKです【理由を解説】

「うちの猫、クーラーを嫌がるんですが、お留守番中はどうしたらいいの?やっぱりつけておく方がいいのかなぁ…」

僕の飼っている猫たちもクーラーを嫌がる猫です。

そこで今回は、クーラーを嫌がる猫たちを、エアコンなしでお留守番させる方法をご紹介します。

仕事が手につかなくなる前に、ちゃちゃっと済ませて夏を乗り切りましょう。

クーラーが嫌いな猫。お留守番はエアコンなしでOKです


もしも飼っている猫ちゃんがクーラーを嫌うなら、お留守番の時はエアコンなしでもOKです。

ただし条件が3つあります。

・窓を開けていく→防犯面をあきらめる
・飲み水を用意する→飼い主さんの努力義務
・冷んやりグッズ購入→猫が気に入るか分からない

上記の条件をのめるなら、エアコンなしでお留守番をさせることができます。

僕の飼っている猫たちもクーラー嫌いな猫で、まさにこんな感じで毎年夏を乗り切っています。

ムンムンに暑いから、猫もバテてしまうだろうと思って、クーラーの効いた部屋に連れてきてあげるのですが、涼しいはずなのにすぐにどっか行ってしまうのです。
「こんな暑い中どこで涼んでいるの?」と疑問に感じて、猫のあとをついて行ったら、裏口のコンクリートで舗装された土間で涼んでいました。

また別の猫は、日陰にある大きな岩の上で休んでいましたね。
日陰の岩で休む猫
こんな感じでも、夏の暑さでやられることはないので猫も大丈夫なのでしょう。ですから、クーラーが嫌いな猫でもエアコンなしでお留守番させることができるのです。

エアコンなしでお留守番させる具体的な方法


では、エアコンなしでのお留守番って具体的に言ってどうすればいいのでしょうか?エアコンを嫌がる猫たちのためにできることを5つご紹介します。

①窓やドアを開けておく

これは1番重要な対策。エアコンでの空調管理ができない以上、猫に自分で快適な場所を見つけてもらうしかありません。

それを邪魔しないように、部屋を自由に行き来できるよう、ドアを開けておきましょう。

ちなみに僕の家は日本家屋で引き戸が多いです。いつの間にか猫たちは引き戸を開けるテクニックをマスターしてしまったので、もはやドアを開けておく必要がありません。

同時に、空気の流れをよくするため窓を開けることも必要。

「防犯が心配…」って方もいることでしょう。

はい。

防犯面はあきらめてください。正直いって無理です。

猫を取るか?防犯面を取るか?どっちか選びましょう。

僕の場合は、猫をとって家の防犯面はすっぱりあきらめています。盗まれるような高級品を持たないと決意しました。

②飲み水を用意しておく

猫に水を飲んでもらえれば、体内から体温を下げることができます。

まずはおわんでもお皿でもOKですので、水飲み場をふやす工夫をしましょう。

とはいえ、水の中に氷を入れる必要はありませんよ。冷たすぎてお腹を壊しちゃいますからね。

それから、水は毎日1回以上は交換してください。絶対に。

水道水も放置しておくと腐る

ですから、こまめに取り替えてあげて、同時に容器も洗ってあげるとよりGOODですね。

ちょっと面倒くさいですが、猫の体調の方が大事。

③冷却グッズを用意する

猫が体温を下げることができる工夫をしてあげましょう。

僕の飼っている猫の場合は、コンクリートの土間や日陰の岩でした。

ほかにもお風呂の浴槽とか、市販されている冷却グッズなんかでもいいですね。

冷却グッズについての記事はこちら
≫猫の留守番中、停電でエアコンが停止!どうする?

④ご飯をしっかりあげる

猫も人と同じように、夏は食欲が落ちてしまいがち。でも夏バテ防止のためにご飯をしっかり食べてもらいたい。

我が家では、朝ご飯をウェットフードにすることで食いつきを良くしています。

ちなみに我が家の猫たちのお気に入りはこちら。
朝起きると、必ずエサ皿の前でスタンバイして、「待ってました!」と言わんばかりです。18歳のおばあちゃん猫もよく食べてます。

⑤こまめなブラッシング

冬毛が残っているとちょー暑いので、ブラッシングでスッキリしてもらいましょう。

とはいえ、夏毛でも見るからに暑そうですよね、、、

ブラッシングについては「猫の毛づくろいの頻度はどれくらいがベスト?【しすぎは要注意】」をご覧ください。

猫がクーラーを嫌う3つの理由


猫がクーラーを嫌がる理由として考えられるのは下記の3つ。

  • エアコンの動作音が嫌い
  • エアコンの風が冷たすぎる
  • エアコンの風が嫌い

サクッと見ていきましょう。

エアコンの動作音が嫌い

人間の何倍も耳がいい猫ですから、エアコンの「ゴ〜」という音が気になるのかもしれませんね。

猫の耳は高音をきくのに優れていると言われており、人間には聞こえない周波数の音も聞いているそうです。

ですから、機械が発している「キーン」という音も聞こえていて、それが嫌なのかもしれません。

エアコンの風が冷たすぎる

猫にとって、人間が設定した温度は冷たすぎるので、すぐに部屋から出て行ってしまうことも考えられます。

猫の体温は約38度。人間よりも少し高い温度ですね。快適に感じる温度も、猫は27度〜30度といわれており少し高め。

ですから、人が涼しいと感じる温度でも、猫からしたら寒いと感じている可能性は大いにあります。

加えて、冷たい空気は部屋の下のほうに溜まりますから、猫が歩く床付近ではさらに1度〜2度低いことも拍車をかけているのかもしれません。

エアコンの風が嫌い

自然の風はいいけど、人工的な風は気に入らないのかも。

僕の飼っている猫たちは扇風機もあまり好きではないようで、扇風機をつけても風に当たっている様子を1度も見たことがありません。

無風を好むようですね。

中には扇風機の目の前で毛をなびかせる猫ちゃんもいますが、それは例外です。

まとめ:クーラー嫌いな猫の留守番

この記事では、クーラーを嫌がる猫たちを、エアコンなしでお留守番させる方法をご紹介しました。

エアコンなしでお留守番させる方法

  1. 窓やドアを開けておく
  2. 飲み水を用意しておく
  3. 冷却グッズを用意する
  4. ご飯をしっかりあげる
  5. こまめなブラッシング

上記のとおり

防犯面はあきらめるしかありませんね。貴重品は持たないか、携帯するようにしましょう。

それでは、今年も元気に暑い夏を乗り越えていきましょう。