メインクーン Maine Coon

メインクーンの基本情報

体重 4.0kg〜9.0kg
ボディタイプ ロング&サブスタンシャル
毛の種類 長毛種
毛の色 すべての色
性格 穏やかで、知的。自立心が強いが、飼い主には忠実。
登録団体 CFA、TICA、FIFe、GCCF

メインクーンの特徴

大きな体

メインクーンは巨大で、力強い筋肉質の体とがっしりとした脚が特徴的。

大きな足先は丸く、飾り毛がふさふさとしている。

耳は大きくて背が高く、根本が幅広で先端が細い。先端には「タフト」と呼ばれる飾り毛がついている。

マズルは四角く、頬骨が高い。

卵型の目は大きく、色はグリーン、ゴールド、カッパー。被毛が白色ならばブルーとオッドアイも認められる。

ゴージャスで長い被毛

シャギー(不揃い)な感じの被毛は、肩のあたりが短く、そのほかの場所が長いダブルコート。

尾も特徴的で、体と同じくらい長く、ふさふさとした毛に覆われている。

毛色やパターンに制限はない。

もっとも一般的なパターンはブラウンクラシックタビーまたはブラウンマッカレルタビー。ホワイトが入る場合もある。

穏やかな巨人

大型の体と温和な性格から、「Gentle Giant(穏やかな巨人)」と呼ばれ、誰にでも親しみやすいことで知られている。

また、撥水性の高い被毛を持つためか、水遊びが好きな個体も珍しくない。

知的で遊び好き。さらには穏やかな性格なので、飼い主と深い絆を結ぶことができるだろう。

メインクーンの歴史


メインクーンの原産地は、アメリカの最東北部に位置するメイン州。

冬の寒さが厳しく、少々孤立した地域である。

メインクーンの名前は、「Maine(メイン州)」と「Racoon(アライグマ)」を合わせたもので、メイン州の公式猫にも定められている。

起源についてはわかっていない

古くから存在していた猫種ではよくあることだが、多くの伝承や伝説がその起源を取り囲んでいる。

たとえば遺伝子学的にはありえない話だが、大型のネコとアライグマが交配した結果、メインクーンが生まれたとするものや。

処刑直前のマリー・アントワネットが、フランス革命中にフランスから脱出する計画を立てていた時、船に飼っていたペルシャとアンゴラ6匹を乗せた。

結局この計画は失敗し、マリー・アントワネットは処刑されてしまうが、猫を乗せた船は追ってから逃れ、現在のメイン州にたどり着くことができた。

そして、アントワネットの猫たちと土着の猫の交配の結果、メインクーンの祖先が生まれたのだという。

いずれにしても真偽は定かではないが、メインクーンにはアンゴラの血が入っている可能性は高いと思われる。

というのも、北米大陸にやってくる船は、ネズミ退治のためアンゴラを連れてきたからだ。

その後農園に売られ、交配を繰り返し、丈夫な体と長い被毛を手に入れたと考えられる。

アメリカ初の大規模キャットショー

1895年、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで開催されたキャットショーでは、「コージー」という名のメインクーンが優勝。

猫の顔がかかれた銀メダルと、刻印入りの銀の首輪が与えられた。

ちなみに、CFA財団によって設立された猫歴史博物館に展示、保管されている。

猫種としての歩み

1908年のCFA創設時の登録簿には、すでに28匹のメインクーンが登録されていた。

しかし、ほかの長毛猫が人気になったため、メインクーンの人気は低下。

さらに1950年代には絶滅寸前の危機に陥る。

その頃、セントラル・メイン・キャット・クラブ(CMCC)が設立されたことで、窮地を脱し、数を増やすことに成功する。

CMCCはまた、メインクーンのスタンダードを初めて作成した。

その後CMCCは解散するが、メインクーンの種を保存することを目的とした別の協会が組織され、

1976年にはCFAがメインクーンをチャンピオンシップ・ステータスに認定するに至った。

TICAは1979年にチャンピオンシップに公認している。

1980年代になってからは、イギリスにも渡り、1994年にはGCCFのチャンピオンシップ・ステータスを獲得。

こうしてメインクーンは不動の地位を手に入れたのである。