バリニーズ Balinese

バリニーズの基本情報

体重 2.5〜4.0kg
ボディタイプ オリエンタル
毛の種類 長毛種
毛の色 ポイントカラー各種
性格 甘えん坊で、よく鳴く。好奇心旺盛で、遊び好き。
登録団体 CFA、TICA、FIFe、GCCF

バリニーズの特徴

被毛の長いシャム

バリニーズは被毛の長いシャム。
長くて細い体、よく鳴く性格など、シャムとの共通点が多い。

唯一違っているのは、被毛が長いこと。
バリニーズの被毛は、シングルコートで、中くらいの長さの毛が、体にピッタリ沿うように生えている。

尾も、房のような毛で覆われている。

ポイントカラー

顔、耳、四肢、尾といった体の末端の毛が濃くあらわれるのを「ポイントカラー」という。

これは体温の低い部分の毛が濃くなるというもので、高齢猫になるほど全体的に色が濃くなるという。

ポイントカラー基本4色

  • シールポイント
  • ブルーポイント
  • チョコレートポイント
  • ライラックポイント

上記以外のポイントカラーについては、
バリニーズに含めている団体もあれば、「ジャバニーズ」という新しい猫種として認めている団体もある。

登録団体によって、考え方はまちまちだ。

社交的でよく鳴く

性格はシャムそのもの。

飼い主のすることなら何でも関わってくるし、放っておくとイタズラをするので、たくさん遊んであげると良い。

また、よく鳴いてコミュニケーションを取ろうとする。とても外交的な性格だ。

バリニーズの歴史


バリニーズが、いつどのようにして長毛を手に入れたかについては、まだ解明されていない。

短毛の子猫にまじって長毛の子猫が生まれることは、20世紀前半からしばしば報告されていた。

もっとも確かな記録となると、1928年にCFF(猫愛好家連盟)に長毛のシャムが登録されているのが最古のものとなる。

猫種としての歩み

1950年代〜1960年代にかけて、2人のブリーダーがバリニーズを猫種として確立するために精力的に活動した。

カリフォルニアのマリオン・ドーシーと、ニューヨークのヘレン・スミスである。

名付け親はスミスで、優雅でしなやかに動くさまがバリ島のダンサーによく似ていることから「バリニーズ」と名付けた。

この2人の女性は、バリニーズをキャットショーに初めて出陳させ、新しい猫種として認知を広めた。

1965年、マリオン・ドーシーは自身のキャッテリーを、イギリス人のシルビア・ホランドに売却する。

ホランドは、バリニーズに魅了され、残りの人生をすべてバリニーズに捧げることを決意。

バリニーズを猫種として認めてもらうこと、そして数を増やすために、ブリーダーたちと連携を取ることに努めた。

実際、バリニーズの血統をたどっていくと、ほとんどがホランドの育てた猫に行きあたる。

登録が認められる

CFAがバリニーズをチャンピオンシップ・ステータスに認めたのは1970年のこと。

それから、バリニーズが初めてグランドチャンピオンの称号を得るまでには5年かかったが、すでにホランドは亡き人となっていた。

1979年にTICAが設立されたときには、バリニーズはチャンピオンシップの猫種として認められている。

バリニーズがイギリスに渡ったのは1973年で、イギリスでも着々と数を増やしていった。

そのかいあって、1986年にはGCCFの公認を受け、チャンピオンシップ・ステータスを獲得した。