【猫の本音】猫のひげを見れば気持ちを読み取れる!

猫の気持ちってどうすればわかるのでしょうか?猫も言葉で気持ちを伝えてくれたらどれほど良いだろうと日々悩んでいる私です。

そんな皆さまに有力情報!

猫のひげを観察することで気持ちがわかるというのです。

さっそく調べてまとめてみました。この記事を読めば、猫の気持ちをもっと分かってあげられます。

猫の気持ち:ひげが前を向いている時

まずひげが前を向いている時は「興味しんしん」「遊びたい」「なんだこれは!?」などの気持ちの表れです。
  • 遊びに夢中になっている時
  • 新しいものを買ってきた時
  • いつもと違うエサをあげた時
  • 大好きなオヤツの匂いがする時

こうしたシチュエーションの時、猫はひげを前に向けていませんか?

そうした状態は、積極的な猫の姿勢を表していると言えるでしょう。

ひげが前を向いていることに加え、耳をピンと立てて興味のある方へ向いていたり、瞳孔が広がり、やや興奮気味の時は「興味しんしん」で間違いないでしょう。

猫の気持ち:ひげが後ろを向いている時

次にひげが後ろを向いている時は「怖い気持ち」「かなり警戒している」「驚く・ビックリする」などの気持ちを表しています。
  • 雷の音にビックリした時
  • 動物病院で診察されている時
  • 掃除機などの嫌いな音がしている時
  • 他の猫と喧嘩を始めようとしている時

こうしたシチュエーションの時に、猫はひげを後ろに向けることが多いです。

我が家の猫は雷の音がとても嫌いなようで、雷の「ゴロゴロ、ドッカーン!」という音がすると目をまん丸に見開き、耳もひげも「これでもか」というくらい後ろにそらせます。

動物病院で診察されている時はそれほど怖がらず落ち着いているので、動物病医院よりも雷の音の方がキライなようですね。

ちなみに食事中も猫のひげは後ろを向いています。これはただ単にひげを汚したくないからです。

キレイ好きな猫ならではの行動ですね。

猫の気持ち:ひげが上を向いている時


ひげが上を向いている時はどんな気持ちなのでしょうか。

「嬉しい」「褒められてテンションが上がっている」「撫でられて心地よい」という気持ちです。
  • もっと構って欲しい時
  • おもちゃで遊んで満足した時
  • 飼い主さんに褒められて嬉しい時
  • 理由はわからないけど、絶好調にご機嫌な時

こうしたシチュエーションの時は、猫からあなたへコミュニケーションを図りたいと言っている時なので、愛猫との信頼関係を深める最大のチャンスです。

めいっぱい撫でてあげたり、遊んであげたりして猫の好感度を爆上げしましょう!

でもやりすぎは注意ですよ。嫌になったとたん猫は不機嫌になりますからね。見極めが大切です。

我が家の猫は構って欲しい時、ひげもしっぽも上にピンっ!と立てながらスリスリしてきます。私が猫に気がついて猫の方を見ると、「ニャーニャー(かまえかまえ)」と言わんばかりに鳴き声をあげ要求。

もちろん私は猫の要求に抵抗するはずもなく、猫の要求を受け入れてしまうのでした。

猫の気持ち:ひげが下を向いている時


では最後に猫のひげが下を向いている時の気持ちをご紹介しましょう。ひげが下を向いている時の気持ちには2パターンあります。

1パターン目:リラックス系

「リラックス」「眠い」「ボケーっとしている」などの気持ちがだらーんとしたひげに表れます。
  • 何も考えていない時
  • 疲れてやる気がない時
  • 睡魔に襲われている時
  • 何もすることがなく退屈している時

私はこうしたシチュエーションがいかにも猫らしくて大好きです。

毎日忙しい生活を送っていると、こうしたほのぼのした猫の姿に癒されるんですよね〜

我が家の猫も、窓辺のポカポカした場所にすわり、外の様子をボケーっと眺めていることがよくあります。そんな猫を、私も何も考えずボケーっと眺めることで、小さな幸せを感じております。

何もしなくても人を癒してくれる猫って一体何者なのでしょうか?

2パターン目:ネガティブ系

「元気がない」「体調不良」「病気にかかっている」時にもひげが力なく下に向きます。
  • 寒い時
  • 食欲がない時
  • 下痢をしている時
  • 病気にかかっている時

こうしたシチュエーションの時は病気を疑った方がいいかもしれません。

ただリラックスしていてやる気がない時も、見方によっては元気がないように見えるので、その辺りの見分けは難しいですね。

我が家の猫も下痢をしていた時は、ずーっと寝たまんまで、時々起きたと思ってもヨタヨタと水を飲みに行く程度でした。その時のひげも力なく垂れ下がっていましたね。

数日猫の様子を見て、回復していなさそうなら動物病院に連れて行ってあげてください。猫の自然治癒力は高いと言われていますが、限界があるのも事実ですから。

ひげの向きでわかる猫の気持ちまとめ

  1. 前・・・「興味しんしん」「遊びたい」「なんだこれは!?」
  2. 後ろ・・「怖い気持ち」「かなり警戒している」「驚き・ビックリする」
  3. 上・・・「嬉しい」「褒められてテンションが上がっている」「撫でられて心地よい」
  4. 下・・・「リラックス」「眠い」「ボケーっとしている」
     ・・・「元気がない」「体調不良」「病気にかかっている」

猫のひげは私たちにいろいろな事を伝えてくれているようです。

ひげだけではなくしっぽや耳、表情を合わせて観察することで、より正確な猫の気持ちを知ることができるのではないでしょうか。

気持ちを知ることで、もっと猫と仲良くなれるはずですよ。