爪切りで暴れる猫ちゃんへ!大人しくなる5つの方法

「成猫の爪切りをしたいんですが、かなり暴れて爪切りできません!押さえておくのもかわいそう。何かもっと良い方法ありませんか?」

この記事ではこうした質問に答えています。

どうにもこうにも爪切りが嫌いな猫ちゃんっていますよね。

18年以上猫を飼っている僕が、いろいろ試してみて、最終的に行き着いた方法をご紹介します。

ちょっと根気はいりますが、猫にも飼い主にも安全な方法です。

爪切りで暴れる猫ちゃんへ!大人しくなる5つの方法


爪を切ろうとすると暴れる猫ちゃんに、試してほしい方法を5つご紹介。下記のとおり

  1. 背中の首の皮膚に洗濯バサミ
  2. 猫用マスクで顔を覆ってあげる
  3. 猫用ネットで全身をすっぽり包む
  4. 寝ているすきに、爪切りしちゃう
  5. 最後の砦、獣医さんの力をかりる

順番に解説していきます。

背中の首の皮膚に洗濯バサミ

猫の背中の首の皮膚を洗濯バサミでつまんであげると、猫はおとなしくなるのをご存知でしょうか?

よく子猫が親猫に首をくわえられて運ばれるのを見ますね。

猫の首の皮膚は、伸びてゆとりがあるようになっています。

そして、そこをつままれると成猫であっても、力が抜けたようにおとなしくなるのです。

つまんだまま持ち上げてはいけない

注意点として、首の皮をつまんだまま持ち上げることのないようにしてください。

成猫の場合、体重が重いので息がしづらくなってしまうからです。

床に伏せたまま、洗濯バサミで首の皮をつまみ、おとなしくなっている間に爪切りをしてしまいましょう。

猫用マスクで顔を覆ってあげる

猫は目隠しされるとおとなしくなるという習性があります。
この習性を利用した方法が、猫用マスク

顔を覆うように設計されているので、猫を落ち着かせることができます。

顔用マスク3つの効果

  1. 猫を落ち着かせる
  2. 噛みつくのを防止
  3. 爪切りを猫に見えないようにする

≫Amazonで猫用マスクを見る

視界を遮ると、おとなしくなる猫ちゃんもいます。

猫用ネットで全身をすっぽり包む

猫は狭い場所にはいると落ち着くという習性があります。
この習性を利用したアイテムが、猫保定袋

[キャットグルーミングバッグ][みのむし袋][洗濯キャットバッグ]という名前でも販売されています。

手足が出せるタイプが爪切りには最適です。

≫Amazonで猫保定袋を見る

大きめのバスタオルで包んだり、洗濯ネットに猫を入れたりすることで、同じ効果が得られるかもしれません。

寝ているすきに、爪切りしちゃう

猫が寝ているすきにちょこっとずつ爪切りをしてしまう方法です。

都合がいいことに、猫は1日の大半を寝て過ごしています。

寝ている間なら抵抗されることがないので、安全に爪切りを終えられることでしょう。

僕の行き着いた方法はコレ。記事の後半で詳しく解説します。

最後の砦、獣医さんの力をかりる

爪切り補助アイテムを使っても、どうしてもうまくいかない、、、

そんなときの最後の砦、動物病院で獣医さんに爪切りをしてもらいましょう。

トリミングサロンでもいいが、獣医さんのほうが安心

できれば、獣医さんに爪切りをしてもらったほうが安心感がありますね。

というのも、猫の扱いに慣れていないサロンもあるからです。

【僕の行き着いた方法】寝ているすきに爪切り作戦


いろいろ試してみて、最終的に僕が行き着いた方法は「猫が寝ているすきに爪切り作戦」です。

この作戦のメリット

  • 猫をおとなしくさせる必要がない
  • 飼い主も引っかかれることがない
  • 動かないので確実に爪切りができる

この作戦のデメリット

  • 1度に数本の爪しか切れないこと
  • 何度も爪切りをしないといけない
  • 丸まって寝ていると爪切りができない

上記のとおり

寝ているすきに爪切り作戦は、文字通り猫が寝ているので、まずおとなしくさせる必要がありません。
これが最大のメリットですね。

これならできると感じる方も多いのではないでしょうか。

「爪切りを何度もするのがめんどくさい…」

確かに何度も爪切りをするのはめんどうくさいですよね。分かります。

とはいえ、猫にも飼い主にも安全にできるというメリットの方が優れていると、僕は経験から判断したのでこの方法を採用していますね。

引っかかれたり、猫に嫌われたくないですからね。

根気よく爪切りをする必要はありますが、安全に爪切りしたいという方は「猫が寝ているすきに爪切り作戦」おすすめです。

まとめ:爪切りで猫が暴れる

この記事では、爪切りで猫が暴れるときの対処法について解説してきました。

試してほしい方法を5つ

  1. 背中の首の皮膚に洗濯バサミ
  2. 猫用マスクで顔を覆ってあげる
  3. 猫用ネットで全身をすっぽり包む
  4. 寝ているすきに、爪切りしちゃう
  5. 最後の砦、獣医さんの力をかりる

僕がいろいろ試した結果、寝ているすきに爪切り作戦がとても効果的なのが分かりました。

根気はいりますが、安全にできるのでとってもおすすめです。ぜひ試してみてくださいね。