猫が仰向けで寝る3つの理由【安心・適温・要求】

猫が寝ている姿ってなんであんなにも気持ちよさそうなのでしょう? 特に仰向けになって寝ている姿は、一段と気持ちよさそうですよね!

ネットで猫の寝姿を調べると、いろいろ変な体勢で寝ている猫ちゃんも見受けられますが、仰向けで寝るのにも何か理由があるのでしょうか?

実際に猫を飼っている私が調べて、この記事でまとめました。

猫が仰向けで寝る3つの理由


猫が仰向けで寝る理由は、下記の3つ

  1. 安心している
  2. 暑いから
  3. 構って欲しい

順番に見ていきます。

安心している

「仰向けで寝ても危険はない」とわかっているので、猫はだら〜んと仰向けで寝るのです。これが最大の理由でしょう。

なぜなら、野良猫はほとんど仰向けで寝ることはないからです。家猫でしかも完全室内飼いだったりすると、仰向けで寝る可能性は高くなると感じています。

悪く言えば”完全に油断している証拠”ですが、良くとらえれば”暮らしている空間になれた証拠”。

もし新しい猫が仰向けで寝ているようであれば、それは新しい環境になれたと判断できるのです。

暑いから

気温が暑すぎるので、涼しくしている可能性もあります。

冷たい地面やコンクリートになるべく多くの面積を接するようにして、体から熱を逃がしているのかもしれません。

私の猫の場合は、家の周りの金属のガス管に寄りかかることで、涼んでいるようで。夏の暑い時期になると、昼間はだいたいそこにいます。

猫は汗をかいたり、犬みたいに口を開けて、体温を下げることができないので、風通しのいい場所を見つけて、体を冷たいものに直接当てて涼しくしているんですね。

構って欲しい

新聞を読んでいる時、パソコンで作業している時、猫がゴロンとお腹を見せてくるのは、構って欲しいという気持ち。

別にガッツリ遊んで欲しいわけではありません。

片手間程度になでてあげるだけで猫は満足してくれます。猫が来るたびに作業がストップしていたら、仕事が終わりませんからね、、、

「ねぇねぇ、ちょっとだけ遊んで〜」と猫が甘えてきたら、ちょっとだけ遊んであげましょう。

猫が仰向けで寝る条件


しかしながら、全ての家猫が仰向けで寝るわけではありません。

私は3匹の猫を飼っていますが、仰向けで寝るのは1匹だけです。ここには何かしらの理由があると思われませんか?

調べたかぎりでは、条件は以下の5つ

  • 安心している
  • 適度な暖かさ
  • 股関節が柔らかい
  • 性格がおっとり
  • お腹を触られることに違和感がない

まずは物理的条件について、気温が寒すぎても暑すぎても猫は仰向けで寝てくれません。

21度〜25度くらいの気温がベストコンディション。湿気もあまりないほうがよさげな感じです。

重要なのが、股関節の柔らかさ。

股関節が固いと足が開かないので、パタンと横に倒れてしまいます。これでは仰向けで寝たくても寝られませんね。

次に、性格などの条件については、臆病な性格の子は仰向けで寝たくないと思うのかもしれません。

全体的におっとりとした性格の猫の方が、仰向けで寝る確率が高いように思います。周りで起きていることをあんまり気にしない子なんかは仰向け確率UPです。

猫が仰向けで寝ている時の注意点


猫が仰向けで寝ている時は、いくつか注意しなければいけないことがあります。注意を怠ると、仰向けで寝てくれなくなってしまうこともあるかもしれません。

どんなことに注意すれば良いのでしょうか?ここでは2つの注意点をご紹介します。

猫を起こさない

猫が仰向けで寝ている時は、猫を起こさずにゆっくり寝かしておきましょう。

猫は安心して寝ている状態です。これを邪魔してしまうと、「ここでは安心して寝れない」と考えてしまうかもしれません。

また、気温が下がってくると猫は丸まって寝るようになります。暖かい場所で、猫が気持ちよく眠ることができるよう、環境を整えてあげることも大切。

敏感なお腹を触らない

仰向けで寝る猫のお腹は触らないようにしましょう。

たいていの猫はお腹を触られると「ビクゥッ!」となって触られることを嫌がります。

「でも、かわいくてついつい触りたくなっちゃう」と感じることもあるでしょう。分かります、その気持ち。私も仰向けで寝ている猫を見ると、同じ気持ちで心がいっぱいになります。

でも我慢しましょう。その誘惑に負けて触ってしまうと、猫の警戒心が高くなり、逃げられてしまいます。

いつまでも仰向けで寝てくれるように、気持ちよく寝ている猫には触らないようにしてあげましょう。

猫が仰向けで寝る理由まとめ

この記事では、猫が仰向けで寝る理由を3つご紹介しました。

  1. 安心している
  2. 暑いから
  3. 構って欲しい

特に1の安心している。というのがけっこう重要だったりします。まず第一に、猫が安心できる環境じゃないと、仰向けでは寝てくれないんですね。

猫がリラックスして寝る。そして寝たところを見て楽しむ。というのが猫にとっても飼い主にとっても、最高に幸せな時間なのかもしれません。