【根拠】猫のしっぽが膨らむ4つの理由とメカニズム

猫が怒るとボワっとしっぽが膨らみますね。

でも、それ以外の時にも猫のしっぽが膨らむ時があるってご存知ですか?

猫のしっぽは猫の気持ちとリンクしているので、しっぽを見ることで猫の気持ちもわかっちゃうんです。

ではどんな時に猫のしっぽは膨らむのか?サクッと見ていきましょう。

猫のしっぽが膨らむ時の気持ち

猫のしっぽは、猫の気持ちが大きく動いた時によく膨らみます。

怒っている時

猫は怒っている時に、しっぽがボワっと膨らみます。これは有名ですね。

しっぽの毛を逆立てることによって、自分を大きく見せようとしているのです。

例えば、ナワバリに侵入してきた他の猫を追い払う時なんかに使います。

「ここは俺のナワバリだ!出ていけ!!」と警告して、なるべく喧嘩にならないように猫なりの牽制しているというわけ。

もちろん人間に対しても警告する猫ちゃんがいるので、そんな時安易に近寄ると、本気の猫パンチをくらうので要注意。

びっくりした時

急に大きな音がすると、ビクって驚きますね。

猫も同じで、のんきに毛づくろいしている最中に、近くで大きな音を立てると、ボンっと爆発したようにしっぽが膨らむんです。

猫の後ろにキュウリを置くと、猫がびっくりしてビヨーンってジャンプして驚く動画を見たことがあるでしょうか?

キュウリがヘビに似ているので、びっくりしているという説もありますが、

猫の気持ちとしては「うわっ!?」と不意を突かれて驚いている気持ちでしょう。

警戒している時

新しい家具を買ってきたり、見慣れないものを発見した時にも、猫のしっぽは膨らみます。

「これは一体なんだにゃ?」危険なものかどうか調査しているのです。

この場合は、全身の毛を逆立てることはなく、目をまん丸に開いて、警戒しながらも対象物の情報を得ようとします。

猫が「これは大丈夫だにゃ」と判断したら元に戻るので、気がすむまで調査させてあげてください。

テンションMAXの時

遊んでいる時に、興奮しすぎてしっぽが膨らむことも。若い猫によく見られますね。

決して悪い気持ちではなく、むしろ良すぎてテンションが振り切れている状態。

私たちも嬉しすぎて興奮すると、感情を爆発させたくなる時ってありますよね。

スポーツでここぞという時に点を取ると、思わず「やったぜ!」とガッツポーズしてしまいます。

猫も顔には表れませんが、しっぽによく感情が表れるのです。

猫のしっぽは無意識に太くなる


猫はしっぽを意識的に膨らませることはできません。なぜなら「猫のしっぽは交感神経が刺激されることで「立毛筋(りつもうきん)」が収縮し、毛が逆立つから」です。

簡単に言うと、感情によって自動的に膨らんだりしぼんだりするということ。私たち人間も、

  • 悲しいと涙が出る
  • 怒ると顔が赤くなる
  • 興奮すると心臓の音が早くなる

など感情によって体に変化が表れることがあります。でもこれってコントロールしたくてもコントロールできない変化ですよね。

要はそれと同じことが、猫にも起きているということです。

では、猫がしっぽを膨らませている時、猫の体ではどのような変化が起こっているのでしょうか?

猫のしっぽが膨らむメカニズム


簡単に流れをかくと以下のような流れになると思います。

  1. 恐怖、驚き、怒りなどの感情
  2. 脳から「アドレナリン」分泌
  3. 交感神経に作用し
  4. 立毛筋を収縮させ
  5. しっぽが膨らむ

キーワードは「アドレナリン」「交感神経」「立毛筋の収縮」です。

「アドレナリン」

猫も人間も『恐怖、驚き、怒り』などの感情により、「アドレナリン」が脳から分泌されます。

アドレナリンという言葉、なんとなく知ってるよーって方もいると思います。

詳しくは扱わないので、「なんとなく聞いたことある」レベルの知識でOK。

つまり、アドレナリンが出るような気持ちがなければ、しっぽはボアボアに逆立たないということ。

ですから、猫の感情はとっても大切なんです。

「交感神経」

自律神経系の1つで、激しい活動を行なっている時に活性化します。

猫の意思とは関係なく、独立して働き、立毛筋をコントロール。

立毛筋が交感神経の支配下にあるので、猫は意識的にしっぽを膨らませることはできないのです。

交感神経が作用すると、立毛筋は収縮します。

「立毛筋の収縮」

猫の毛穴付近に立毛筋はあります。読んで字のごとく”毛を立たせる筋肉”のこと。

立毛筋が縮むことによって、皮膚が引っ張られて毛が逆立ちます。

実は人間にも立毛筋があり、『鳥肌が立つ』状態も猫の『毛が逆立つ』こととメカニズムはほぼ同じなのだそう。

猫のしっぽには立毛筋が多くあるため、猫は真っ先にしっぽの毛を逆立ててしまうようです。

猫のしっぽが膨らむまとめ

猫のしっぽは猫の気持ちと関係が深いことがわかりましたね。特に以下の気持ちの時に、猫のしっぽはボワっと膨らみます。

  • 怒っている時
  • びっくりした時
  • 警戒している時
  • テンションMAXの時

また、しっぽが膨らむメカニズムを知ることで、猫の気持ちとしっぽがリンクしていることをより深く知ることができたのではないでしょうか。

「猫の気持ちはしっぽを見るとわかる」このことにはちゃんとした根拠があったのです。しっぽって大事ですねぇ〜