かわいい猫のいびきの原因4つ【病気のサインかも?】

私の飼っている猫は、寝ていると「ブーブー」という鼻に何かが詰まっているようないびきをかくんです。

あなたの飼っている猫ちゃんもいびきをかくことってありますか?

最初にいびきを聞いたときは、「猫もいびきかくんだ!」とビックリしたものですが、

注意しないといけない「いびき」も存在。そこで今回の記事では、猫のいびきを深掘りしていきます。

猫のいびきの原因4つ


猫もいびきをかきます。その原因は4つ。

  • 鼻の穴が狭い
  • 太っている
  • アレルギー
  • その他の病気

順番に解説していきます。

猫のいびきの原因:鼻の穴が狭い

猫のいびきのほとんどはコレ。鼻腔(びこう)が狭いことが原因なんです。

  1. 寝ていることで、力が抜ける
  2. 舌がのどの方に下がってくる
  3. 呼吸の空気の通りが悪くなる
  4. のどの粘膜が振動する
  5. いびきの音が出てくる

「ピーピー」とか「スピースピー」のような高い音でいびきをかいているなら、特に病気を気にすることはありません。大丈夫。

いろいろな猫の種類で発生するようですが、特に発生しやすいのは”鼻が低い猫”です。

例えば下記のような猫種たち

  • ペルシャ
  • ヒマラヤン
  • スコティッシュフォールド
  • エキゾチックショートヘアー

上記の猫たちは普段から鼻腔が狭くなりがちなので、いびきをかきやすいと言われています。

でも正常に呼吸ができているようなら、特に健康に問題があるわけではないようです。

猫のいびきの原因:太っている

太った猫ちゃんは、脂肪で空気の通り道が塞がれやすくなっているので、大きないびきをかくことがあります。

「ガーガー」とか「ブーブー」といういびき。

肥満自体が猫にとっては良くないことですから、ダイエットさせましょう。

痩せればいびきもなくなるかもしれません。

猫のいびきの原因:アレルギー、猫風邪

いびきの元となるのは、肥満と同じ理由で、空気の通りが悪くなるからです。

でも根本的な原因が違うということ。

つまり、アレルギーや猫風邪の症状によって気道が狭くなることもあるのです。

例えば下記のとおり

  • 鼻水が出ていて、鼻の穴がつまる
  • 鼻腔内に、鼻くそが詰まっている
  • のどの腫れが気道を狭くしている

アレルギーでいつも鼻水が垂れている猫ちゃんとかだったりすると、「ズビーズビー」という音がしそうですね、、、

根本的な治療ができればいいのですが、アレルギーが原因だとそうもいかないのが現実。

今の所、アレルゲンを取り除くしか方法はなさそうです。

猫風邪は、自然に治る場合もありますし、動物病院で治療を受ければほとんどの場合なおります。

数日後には「何かあったっけ?」みたいにケロっとした顔を見せてくれるでしょう。

猫のいびきの原因:その他の病気

例えば、心臓の病気である「心筋症(しんきんしょう)」の症状としていびきがあることも。

心臓の筋肉が分厚くなってしまう「肥大型心筋症」を患っていると心臓が大きくなり、気道を圧迫してしまうことで、いびきをかくこともあるそうです。

多少のいびきなら大丈夫ですが、

  • 大きないびき
  • 重低音のいびき
  • 口呼吸をしている
  • 息苦しそうにしている
  • 普段の呼吸にいびきが混じる

などの様子が見られる場合は、一度様子をうかがうことをオススメします。

心筋症などは、初期症状がわかりにくく、進行してしまってから発見されることも多いので、普段の小さな変化を見逃さないようにしたいですね。

猫の可愛い⁈いびきを動画でチェック!

いい感じにエコーまでかかって、なんともいえないクセになる音ですね(笑)

私の飼っている猫も、上記の動画のような「ブーブー」といういびきをかきます。

いびきをかいている時の姿勢は、横になってダラーんと寝ているときが多いですね。

箱座りや座って寝ているときは、いびきをかいていないような気がします。

病気とかではないようですが、はっきり聞こえるくらいのいびきだとビックリしますよね。

猫のいびきまとめ

この記事では、猫のいびきを深掘りしました。

猫がいびきをかく原因は4つ

  • 鼻の穴が狭い
  • 太っている(肥満)
  • アレルギー、猫風邪
  • その他の病気

猫が寝ているとき、そっと近寄っていびきをかいていないかどうかチェックしてみてください!

猫好きにとっては、いびきすらも愛おしいものです。

長く一緒にいられるように、いびきにも少し耳を傾けてみるのもイイかもしれませんね。