猫のゴロゴロ音がうるさい。やめさせる方法はあるの?【夜眠れない】

猫を初めて飼うと、「猫のゴロゴロ音が気になって、夜眠れなくなる。」という方もいらっしゃるようです。やめさせる事はできるのでしょうか?

この記事では、ゴロゴロ音がどうしても我慢できない時の対処法についてご紹介しています。

結論としては2つです。

  • 猫を飼うのをやめましょう。
  • 動物虐待は絶対にしてはいけません。

世の中にはどうしようもないことがあるのも確かですから、バランスの取れた見方が必要かもしれませんね。ではサクッとみていきましょう。

夜寝る時ゴロゴロうるさい。やめさせる方法はあるの?

はっきり言って、ありません。

猫のゴロゴロについて、さまざまな人が研究してきたようですが、いまだ完全解明には至っていません。

そもそもどうしてゴロゴロ鳴らすのか?すらわかっていない状況ですので、どうしたらやめさせられるか?については、なおのこと分かっていないのです。

それに加え、猫には人の言葉が理解できないので、「やめて」と言っても理解できないからです。
おそらく、しつけることも難しいのではないでしょうか。

僕が観察した限りでは、猫のゴロゴロは感情と密接にリンクしています。

人で例えるなら、

  • 嬉しくて心がウキウキする。
  • 悲しくて涙が出る。
  • 怒ると攻撃的になる。

といった行動と似ているのかもしれません。

抑えようとすれば、抑えられるのかもしれないですが、かなり難しいですよね。

人にとって難しい事は、猫にとってはほぼ不可能だと思いませんか?でも研究が進めば、やめさせる方法も発見される可能性もあります。今後の研究に期待ですね。

ゴロゴロ音が不快に感じる”特定の音”なのかも


もしかすると、ゴロゴロ音の周波数が、不快に感じるのかもしれません。

特定の音に怒りや不安を強く感じてしまう病気に「ミソフォニア」と呼ばれるものがあります。日本語にすると「音嫌悪症(おとけんおしょう)」です。

脳が音を処理する機能の不具合によるものではないかとされています。ミソフォニアについての研究は近年になって始まったばかりなので、基準が明確になっていません。ですから、その可能性がある、としか言えませんが、、、

ミソフォニアの人たちが反応するのは、

  • 咀嚼音(そしゃくおん)
  • タイピング音
  • 呼吸の音
  • 会話

といった他人が立てる日常的な音。猫のゴロゴロ音に反応するという記事は見つけ出すことができませんでしたが、可能性はないとも限りません。

僕は、いびきでも”大丈夫ないびき”と”ダメないびき”があります。

高い音のいびきは聞いていても大丈夫なんですが、空気がブルブル振動するような、地をはうような低いいびきは耐えられません。

もしかすると、あなたは猫のゴロゴロ音が無理な体質なのかもしれませんね。

対処法:耳栓をする

対処法は、耳栓をすることです。

理由はシンプルで「ゴロゴロ音が聞こえなければ、大丈夫」だから。

実際、ミソフォニアの方も耳栓をして過ごすこともあるそうです。

他にも、環境音にノイズを加えるという方法もあります。

ノイズを加えることによって、反応を引き起こす音を聞くのが少なくなり、結果として反応も少なくなるそうです。「ノイズキャンセリング」という技術ですね。

夜寝る時に、ノイズキャンセリング機能を持ったイヤホンをつけて寝ると、効果があるかもしれません。

音楽用だけではなく、日常的に使える製品も市販されています。「デジタル耳せん」「ノイズキャンセリング耳栓」という名前で売られていたりします。

さらにリサーチを続けると、防音を最大の目的とするヘッドフォンとして、「イヤーマフ」という工業用製品も発見しました。騒音が大きい工事現場や射撃場など、難聴になるほど大きい音がする現場から、耳を守るために開発された製品です。

これをつけて寝れば、猫のゴロゴロ音も気にならなくなるでしょう。その代わり、寝返りをうてないというデメリットはありそうですがね。

どうしても慣れないなら、「飼わない」という選択


ここまでしても、「どうしても我慢できない。」という方は、猫を飼わない方が良いでしょう。猫との相性が悪かったということで、残念ですが、お別れをするのも方法かもしれません。

水を吹きかけたり、叩いたりするのはダメですよ。動物虐待になりかねませんからね。
それと、捨てるのも絶対にダメです。ペットとして飼われた飼い猫は、野生に戻ることができないからです。

猫を飼うのをやめようとするなら、

  • 里親募集している団体に連絡してみる。
  • 知り合いで猫を飼いたい方にたくす。
  • 動物病院に相談する(断られる可能性もあります。)

など、猫をもらってくれそうな人に相談することが大切。

「それでも猫を飼いたいんじゃー」という方は、もう、うなることができる大型のネコ科動物を飼いましょう。

例えば、トラやライオンはうなる事はできますが、ゴロゴロ音を鳴らすのがうまくありません。ですから、夜にゴロゴロ音を聞く必要もなさそうですね。

ただし、トラやライオンの飼い方を僕は知りませんので、力になる事はできません。ちなみに猫はうなることができません。

まとめ:猫のゴロゴロ音がうるさい

この記事では、猫のゴロゴロ音をやめさせる事はできないのか?という疑問にお答えしました。

  • 猫に、ゴロゴロ音をやめさせる事は、できません。
  • 対処法は、耳栓をするかノイズキャンセルをするかです。
  • どうしても慣れないなら、猫を手放しましょう。
  • 動物虐待はしてはいけません。絶対。

世の中広いですから、猫のゴロゴロ音が嫌いな方もいらっしゃることでしょう。本当に嫌いな方に「慣れろ!」というのも無理な話。

そうなると、お互いが干渉しないように生きていくしか、方法はないのかもしれませんね。