なじめばきまま Written by Fukutaro Sugiyama

猫の肉球の色がまだら模様、これって病気?【病気ではありません】

「猫の肉球が、黒色のまだら模様みたいになっているんですが、、、これって病気ですか?」
こんな質問に答えます。

実は、僕の飼っている猫の肉球も黒とピンクのまだら模様です。

この記事を読めば、病気ではないということが知れて、安心できると思います。

本記事の目次

  • 猫の肉球の色がまだら模様。これって病気?
  • 猫の肉球の色はどのようにしてまだら模様になるのか?
  • 肉球のほかにもまだら模様があらわれる部位

さっそく見ていきましょう。

猫の肉球の色がまだら模様。これって病気?


猫の肉球に黒いまだら模様があらわれたら、心配になりますよね。しかし安心してください。

猫の肉球に黒いまだら模様があるのは病気ではありません。

健康な猫でも、まだら模様の肉球を持っている個体はとても多いです。

僕の飼っている猫の場合

僕の飼っているちび子という名前の猫は、若い頃は真っ黒の肉球だったんです。

ところが、歳を重ねるにつれて色に変化があらわれました。

ちび子の肉球と鼻の色の画像

上記の写真のとおり、黒だった肉球にピンク色のまだらが混ざるようになったんです。

もちろん僕も心配して色々調べました。

調べた結果、どうやら心配はいらないとわかり、ほっと一安心。

色々な理由でまだら模様になることがあるみたいです。

猫の肉球の色はどのようにしてまだら模様になるのか?


まだら模様になる猫の肉球には主に2パターンあります。

①:もともとまだら模様の肉球だった

猫の肉球はメラニン色素の量によって色が決まると言われています。

肉球のメラニン色素が全体的に薄い猫は、肉球がピンク色になり、
肉球のメラニン色素が全体的に濃い猫は、肉球の色が黒色になる傾向にあります。

ではまだら模様はどうか?

メラニン色素が部分的に沈着していると、肉球は黒とピンクのまだら模様になるのです。

まだら模様の出方はランダムで、さまざまな模様の猫がいます。

・ホクロのようにポチッとタイプ
・うずらの卵のようなまだらタイプ
・肉球それぞれの色が個別に違うタイプ

上記のとおり。
これは生まれた時の個性ですから、なんの心配も入りません。

②:だんだんとまだら模様に変化していった

加齢とともに肉球の色が変化していく猫もいます。

先ほど紹介したちび子もそうで、高齢猫になり室内で過ごす時間が長くなってきてから、徐々に肉球に変化があらわれました。

こちらの場合も、体調に異常が見られなければ、心配する必要はありません。

肉球のほかにもまだら模様があらわれる部位


まだら模様になるのは、なにも肉球だけではありません。

例えば下記のとおり。

  • 皮膚
  • 口の中

上記のように、主に皮膚がむき出しになっている部分が分かりやすいですね。

肉球がまだら模様の猫は、鼻もまだら模様になっていることがあります。

一般に、肉球の色と鼻の色はリンクしている傾向にあります。

詳しくは下記の記事で解説しました。

皮膚


皮膚の場合、毛に覆われているので観察しにくいのですが、まだら模様になっていることは珍しくないです。

毛色もぶち模様になっている猫の場合、皮膚も同じようにぶち模様になっているかも知れません。

ちなみに「スフィンクス」という毛のない猫の場合、その様子がとてもよく分かります。

口の中

口の中の粘膜がホクロのように、黒くなっていることもよくあります。

これも異常ではないので、心配する必要はありません。

詳しくは下記の記事で解説しています。

まとめ:猫の肉球の色がまだら模様

この記事では、猫の肉球がまだら模様になっていても、心配する必要がないことを解説してきました。

鼻や口の中などにも黒っぽい模様がある猫も珍しくありません。

体調に異変がなければ、それは猫の個性ですので、飼い主として可愛がってあげてくださいね。