猫の毛割れがヒドイ!原因や対処法は?

猫の毛が束のようになって割れてしまう「毛割れ」。老化の進んだ猫に見られる変化なのですが、ときおり若い猫でも毛割れすることがあります。

「どうして毛が割れているんだろう?病気なのかな?」と心配になりますね。

この記事では、毛割れが起きる原因とその対策についてご紹介します。

猫の毛割れの原因


猫の毛割れの原因は下記の5つ

  • 老化
  • 乾燥
  • 毛づくろい不足
  • 腎不全
  • 栄養不足

それぞれをサクッと見ていきます。

老化

毛割れの原因で1番多いのが老化。

人間でもそうですが、猫の場合も年を重ねてくると体に変化が出てきます。

体全体が衰えてくるので、毛にツヤがなくなったり、毛づくろいが少なくなったり、水分を取らなくなるので、毛割れを起こすことがあるのです。

これは正直どうしようもないですね。老化を止めることはできません。

乾燥

空気が乾燥していると、猫の毛並みにも影響を及ぼします。

それほど深刻になることはまずないと思いますが、エアコンなどを1日中付けっ放しにしているお家は、加湿器も同時に使用するといいですね。

そしていつでも新鮮な水が飲めるように、準備してあげましょう。

毛づくろい不足

毛づくろいをサボっている猫ちゃんも、毛割れを起こす可能性が高いです。

猫は毛をペロペロ舐めることによって自分の唾液を付け、潤いを与えたり、絡まった毛をほぐしたり、ムダ毛を処理したりしています。

世の中には、サボりがちな性格の猫ちゃんもいるので、そのような猫は、毛割れを起こしているかもしれません。

腎不全

内臓疾患を抱えている猫も、毛割れを起こす可能性があります。

腎不全にかかり、脱水を起こしている猫は、頻繁に毛割れが見られます。猫は腎不全にかかりやすいと言われている動物。老化と見分けがつきにくいことも、、、

毛割れが病気のサインのこともあります。

栄養不足

老化も病気もしていない猫が毛割れを起こしている場合、キャットフードに問題があるのかもしれません。

高品質な動物性タンパク質が含まれているキャットフードを活用するのがいいでしょう。しかし、低価格のフードにはかさ増しのために、穀物を多く使っていることもあります。

成分表示を見ると分かるので、チェックすることをオススメします。

猫の毛割れの具体的な対策


上記でご紹介した原因に対して、私たちがおこなえる対処法もお教えします。

老化には勝てない

申し訳ないのですが、老化にはどうあがいても勝てません。

それでもなるべく良い状態をキープするために、18歳の猫を飼っている私が、していることをご紹介します。

  • シニア猫用のキャットフードを与える
  • 毎日1回ブラッシングしてあげる
  • 手でなでて、手アブラでツヤを与える
  • ベッドとエサ皿の距離を離して、運動を促す

これらのことを無理のない範囲でおこなってあげることで、私の猫は大きな毛割れをせずに、比較的毛並みもツヤツヤしています。

毛づくろい不足にはブラッシング

猫が自分で毛づくろいしないようなら、私たち飼い主の方でブラッシングしてあげましょう。

特に長毛の猫を飼っている方は、定期的なブラッシングを強くオススメします。

換毛期には「どこからこんな量の毛がでてくるの?!」とビックリするほどムダ毛が出てきます。

ほおっておくと被毛の健康状態は悪くなる一方です。

さらに詳しく知りたい方はこちらの記事を参照

皮脂よごれにはシャンプー

猫はもともと毛づくろいをして、体をキレイにしているので、それほどシャンプーは必要ありません。

でも、皮脂よごれが原因で毛割れを起こしている場合には、シャンプーも効果的。

猫の体調や気温を考慮して、風邪を引かないように注意してあげてください。自分では難しいなら、プロに頼むのも手ですね。

栄養不足ならフードを変えてみる

栄養成分表示の原材料を見て、動物性タンパク質を多く含むフードに変えてあげましょう。

最初のほうにタンパク質となる、肉や魚などの食材が表示されているとGOOD。

フードを変えてから変化が見えるようになるまで、1〜2ヶ月くらい。気長に待ってあげましょう。

猫の毛割れまとめ

この記事では、猫の毛割れの原因とその対処法についてご紹介しました。

毛割れの原因は5つ

  • 老化
  • 乾燥
  • 毛づくろい不足
  • 腎不全
  • 栄養不足

毛割れの原因で1番多いのは老化。年をとると毛づくろいもさぼりがちに、、、

そんな時は私たちの側でブラッシングしてあげるのが効果的。私もほぼ毎日ブラッシングして、毛並みをツルツルに保っています。

慣れてくれば嫌がることもないので、本当にオススメですよ。