【猫用爪とぎ】麻のタイプ別おすすめ商品5選

「うちの猫、麻の爪とぎが好きなんです。おすすめはありますか?」
「麻の爪とぎって何がいいの?」

猫用の爪とぎにはいろいろな種類があって、どれを購入すればいいのか迷ってしまいますよね。

そこで今回は「麻の爪とぎ特集」として、タイプ別におすすめ商品をご紹介します。

お部屋にマッチする爪とぎが見つかるはずですよ。それではさっそく見ていきましょう!

麻(あさ)の爪とぎが好きな猫


猫の爪とぎにもいろいろな素材があれど、麻の爪とぎがお気に入りな猫ちゃんもいます。

麻の爪とぎのよい所

  • 自然由来の素材だから安心
  • ガリガリとぎ心地が最高
  • 可燃ごみだから捨てやすい
  • ダンボールに比べて丈夫

上記のとおり。

山とかに自然と生えている植物だからそういった素材が安心できるって猫ちゃんには最高の素材ですよね。

肝心のとぎ心地にかんしても、バリバリ激しく爪とぎをする猫ちゃんにはおすすめな素材です。

麻の爪とぎの交換時期は?

麻や麻縄が毛羽立って柔らかくなってきたら交換時期。可燃ごみで捨てられるので、ゴミ箱にポイ〜でOK。簡単でいいですね。

麻の爪とぎは食べてしまっても平気?

マタタビを振りかけていると食べてしまう猫ちゃんもいるようです。

少量なら食べてしまっても大丈夫

麻は猫にとって毒ではないので、少量なら食べてしまっても大丈夫です。数日後にウンチと一緒に排出されるでしょう。

縄ごと食べたら危険

気をつけたいのが、麻縄ごと食べてしまった場合。ロープが腸の中で絡まってしまい、最悪命を落とす危険性もあります。

こうなってしまうと外科手術で取り出すしか方法がないので、猫にとって負担となること必至。

もし縄ごと食べてしまった場合は、念のため動物病院へ連れていきましょう。

【猫用麻の爪とぎ】タイプ別おすすめ商品5選


それではタイプ別におすすめな麻の爪とぎをご紹介します。

ポールタイプ(支柱型)

  • 組み立ては簡単!
  • 交換支柱も販売中
  • ネズミのおもちゃ付き

ボードタイプ(板型)

  • 天然麻100%だから安全
  • 両面使えて長持ち経済的
  • しつけに役立つマタタビ付き

マットタイプ

  • 天然の麻素材を使用
  • 裏面はすべりにくい素材
  • 場所を選ばず、どこでも掛けられる

コーナーに置くタイプ

  • 自然素材のサイザル麻
  • 高さも自由に調整可能
  • 折れ目があるので、曲げて使える

キャットタワー一体型

  • ポールで爪とぎができる
  • ハンモックでお昼寝できる
  • 猫の隠れ家にピッタリ

≫Amazonで麻の爪とぎ一覧を見る

まとめ:猫用爪とぎ麻製

今回は、麻の爪とぎを特集してご紹介してきました。

猫は爪をとぐとストレス解消になります。タイプ別の爪とぎを参考に、猫が快適に爪とぎをするような商品を見つけてください!