カラーポイントショートヘア Colorpoint Shorthair

カラーポイントショートヘアの基本情報

体重 2.5kg〜4.5kg
ボディタイプ オリエンタル
毛の種類 短毛種
毛の色 レッド、クリーム、トータシェル、リンクスなど16種類のポイントカラー
性格 エネルギッシュで外交的。よく遊び、高い声でよく鳴く。
登録団体 CFA

カラーポイントショートヘアの特徴

16種類のポイントカラー

ポイントカラーとは、耳、顔面、足先、しっぽの被毛だけが色の濃い状態のこと。
16種類の分類は下記のとおり。

ソリッドカラーポイントの種類

ソリッドポイント:ポイントカラーが1色の状態のこと。
  • レッドポイント
  • クリームポイント

リンクスポイントの種類

リンクスポイント:ポイントカラーに模様があるタイプのこと。
トーティーポイント:ポイントカラーに赤と黒が入った状態のこと。
  • シールリンクスポイント
  • チョコレートリンクスポイント
  • ブルーリンクスポイント
  • ライラックリンクスポイント
  • レッドリンクスポイント
  • クリームリンクスポイント
  • シールトーティリンクスポイント
  • チョコレートトーティリンクスポイント
  • ブルークリームリンクスポイント
  • ライラッククリームリンクスポイント

パーティーカラーの種類

パーティーカラー:白の斑点が入ったものを指す。
  • シールトーティーポイント
  • チョコレートトーティーポイント
  • ブルークリームポイント
  • ライラッククリームポイント

ボディと頭の形はシャムと同じ

全体的にスリムな体を持つカラーポイントショートヘア。
筋肉が発達しており、引き締まった体は触ると硬い。

頭は長めのくさび型をしており、鼻筋がまっすぐ通っている。

目はややつり目のアーモンド型で中くらいの大きさ。
しっぽは細長く、先端が細い。

体にそぐわない大きな耳

耳は大きく、根元が広く、先端がとがっている。

耳のラインがそのまま顔の輪郭になめらかにつながっており、神秘的な魅力を与えている。

性格もシャムに似ている

カラーポイントショートヘアはシャムの血をひいているだけあって、人なつっこい性格と、どのような場所でもリラックスできる賢さを持ち合わせている。

アビシニアンや赤毛の短毛種と交配させたことにより、非常にエネルギッシュだ。

カラーポイントショートヘアの歴史


第二次世界大戦後、アメリカとイギリスのブリーダーたちが、シャムの品種改良に乗り出す。
ポイントカラーのバリエーションを増やそうと考えたのだ。

シャムとアビシニアンや赤毛の短毛種を交配させ、苦労を重ねた末にカラーポイントショートヘアが誕生した。

CFAは、1964年にレッドポイントとクリームポイントをチャンピオンシップ・ステータスに昇格させ、
1969年にリンクスポイントとトーティーポイントが、
さらに1974年にはそのほかのカラーも認定を受けるに至っている。

カラーポイントショートヘアはシャムの特性をよく受け継いでおり、違いといえば毛色だけだ。

そんなこともあり、ほかの登録団体は「シャムのバリエーション」と位置付けており、品種として認定するには議論が分かれている。

なお、カラーポイントショートヘアの長毛種は「ジャバニーズ(Javanese)」と呼ばれ、こちらもCFAのみが公認している。