猫に牛肉を与えても大丈夫?【答え:食べてもOKです。】

「猫に牛肉って食べさせてもいいですか?あと…食べさせるなら生のままがいい?それとも加熱した方がいい?教えてください。」
こういった質問に答えます。

キャットフードだけを食べさせていると、意外と牛肉を食べさせてもいいのか迷いますよね。「でも猫も肉食動物だし…」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

この記事の内容

  • 猫に牛肉を与えても大丈夫?
  • 猫に牛肉を安全に与える方法
  • 牛肉を与えてはいけないケース

上記のトピックを扱っています。

猫に牛肉を与えても大丈夫?【答え:食べてもOKです。】

結論をいえば、「猫に牛肉を与えてもOK」です。ただし気をつけたいポイントもあります。

猫と牛肉の関係について見ていきましょう。

猫は肉食動物なので牛肉も消化できる

猫はもともと肉を食べて生きていけるので、牛肉を食べることに問題はありません。
まぁ野生で牛を捕獲して食べることは、ありえないでしょうけど、新鮮であれば生肉を食べてもへっちゃらです。

牛肉は猫の体にいいの?

牛肉を食べさせることで、猫の健康を促進できるというわけではないでしょう。食欲が落ちている時のサポートとしたり、ご褒美やおやつとして与えるのが、良さそうです。

キャットフードを与えているなら、栄養不足になることはほとんどありません。
ですから、嗜好品としてたしなむ程度がいいと思います。

結論:牛肉を少量与えよう

お肉好きな猫ちゃんはとても多いです。

僕の飼っている猫たちも、僕が庭でバーベキューを始めると、どこからかやってきて、おこぼれをもらえないかとずーっと待っています。

猫に牛肉を与えても大丈夫です。

牛肉はどうやって与えたらいいの?


「生のままがいいの?それとも加熱した方がいいの?部位はどこがおすすめ?」

おすすめの部位1位は【脂肪の少ないヒレ肉】

猫に最適な牛肉を選ぶときの基準はズバリ、脂肪分の少なさです。それをふまえた上でおすすめベスト3は下記のとおり。

おすすめの部位ベスト3

  1. ヒレ肉←脂肪が一番少ない
  2. もも肉
  3. 肩ロース

上記のとおり。

ヒレ肉が脂肪が少なく、もっともおすすめな部位。とはいえ、ちょっと値段が高い部位でもあるので、安く済ませたい方は牛もも肉でもOKです。

スーパーで買うなら加熱した方が安心

牛肉は、豚肉や鶏肉ほど食中毒のリスクはありませんが、念のため加熱した方が安心してあげられますね。

「生肉の方が栄養があり、消化もしやすいのでいいのでは?」と思う方もいることでしょう。確かにこの情報は間違っていません。

しかしながら、今回は栄養を目的として与えるわけではないので、加熱してもOKなのです。

ワンポイントアドバイス

新鮮な牛肉なら生のままでも大丈夫です。新鮮な牛肉が手に入る方は、試してみてもいいかもですね。

味付けはいっさい禁止

牛肉に塩こしょうや、焼肉のタレで味付けは絶対にしてはいけません。猫にとって塩分が多すぎるからです。猫に牛肉を与える時は、味付けをいっさいしないようにしましょう。

与えすぎには要注意!

最後に、与える量には気をつけてください。一般的におやつは、1日の総カロリーの10%を超えるべきではありません。猫の体重によって前後しますが、、、

1日10g以内におさめる

上記のようにするなら、食べ過ぎを防ぐことができます。人の感覚では少ないと思うかもしれませんが、小さな猫の体にはこれくらいで十分なんです。

こんな時は牛肉を与えるのを控えよう


牛肉は猫に与えても大丈夫な食材ですが、猫に与えない方がいい状況もあります。

体調不良のとき

猫が風邪をひいていたり、獣医さんから食事制限を課されている場合などには、牛肉を与えるのを避けましょう。

病気によって免疫が落ちている場合、中毒にかかる可能性が高くなるので、生肉も避けた方が安心です。

牛肉にアレルギーがあるとき

牛肉にアレルギー反応をしめす猫も、珍しくありません。
アレルギー反応が出た場合には、牛肉を与えないようにします。

分からない場合は、ごく少量から始めましょう。

猫に初めて牛肉を食べさせる時は、まず少量を与えるようにしてください。それから様子を見て、大丈夫そうであれば徐々に量を増やしてあげます。

アレルギーが出たら、すぐに病院へ

もし猫の体調が悪くなったら、牛肉を与えるのをすぐにやめて、動物病院を受診してください。

まとめ:猫に牛肉を与えても大丈夫?

答え:食べてもOKです。

猫にどうやって牛肉をあげたらいいのかを解説してきました。これで自信を持って猫に牛肉をあげることができますね。

是非ためしてみてください!