猫にバナナを与えても大丈夫?【答え:少量ならOKです】

「猫がバナナを食べようとしますが、バナナって食べても大丈夫なの?あと…バナナ製品もどうなのか教えて欲しいです。」
こういった疑問にお答えします。

鮮やかなイエローと天然の甘み、それを知ってか知らずかバナナを欲しがる猫もいるそうです。

食べても大丈夫なら与えたいですよね。そこで今回は、バナナが猫に与える影響と、与える際の注意点などをご紹介します。

猫にバナナを与えても大丈夫?【答え:少量ならOKです】

結論からいえば、「猫にバナナを少量なら与えても大丈夫」です。多すぎると、便秘などの問題が発生することがあります。

そもそもバナナは猫に必要ではない

猫はそもそも肉食の動物なので、バナナを食べなくても生きていけます。
バナナに関しては、猫に有毒ではないという意味から食べても大丈夫です。

とはいえ、猫がバナナを食べる理由はなく、バナナに含まれる糖類を消化できないので、積極的にあげる必要はないでしょう。

バナナ100gあたりの成分

エネルギー 86kcal
水分 75.4g
タンパク質 1.1g
脂質 0.2g
炭水化物 22.5g
食物繊維 1.1g
ビタミンE 0.5mg
ビタミンB 10.05mg
ビタミンB 20,04mg
ビタミンB 60.38mg
ビタミンC 16mg
カリウム 360mg
マグネシウム 32mg
カルシウム 6mg
リン 27mg
0.3mg

猫がバナナを食べるメリット

猫に必要な栄養素がとれる

バナナにはビタミンCが含まれています。これは、猫にとって毎日の食事に必要なものです。

腸内環境をととのえる

水分量が多く、食物繊維が含まれているバナナは腸内環境を整える働きをします。
便秘気味の猫ちゃんには効果的。

オシッコが少ない猫にありがたい

カリウムにはナトリウム(塩分)を排出する役割や、利尿作用があるので、もともとオシッコが少ない猫にはありがたい栄養素なのです。

猫にバナナを与えるときのコツと注意点


では実際に猫に与えるとき、どんなことに注意したらいいのでしょうか?

細かく切ってから与える

大きい塊のまま与えてしまうと、喉につっかえてしまう恐れがあります。

キャットフードくらい細かくカットするか、すり潰します

小さくしてあげれば、消化もよくなるので一石二鳥ですね。

皮をむいてから与える

バナナの皮には農薬が付いているかもしれません。

洗えば落ちるかもしれませんが、万が一のことを考えると皮のまま与えないほうがいいでしょう。

アレルギーがある猫には与えない

猫の中にもバナナアレルギーがある子もいます。

「うちの猫はバナナアレルギーか分からない…」という場合には、少量ずつ様子を見ながら与えることが必要。

少しでも異変(かゆがる、嘔吐など)を感じたら、食べるのをストップしてください。

おやつ感覚で与えてあげましょう

柔らかく食べやすいバナナですが、猫にとっては糖分が多く、カロリーが高いものなので、与えすぎには注意してください。

4分の1以下で十分でしょう

猫によっても違いますが、バナナ1本は明らかに食べ過ぎですね。4分の1は猫ちゃんにあげて、残りは飼い主さんとシェアするといいかもです。

バナナ製品は食べてもいいの?


生のバナナを食べても大丈夫なのは分かりましたが、ほかのバナナ製品についてはどうなのでしょうか?

バナナジュース

添加物をまったく加えていないバナナジュースならOK。食べやすくするために少量の猫用ミルクを加える方もいるようです。

人間用のバナナジュースは加糖され、味が調整されているのでNGです。

冷凍バナナ

夏の暑い季節などにはバナナアイスとなってくれます。食べてもOKです。とはいえ、固く冷たいので、誤飲などには注意が必要です。

バナナチップ

バナナチップは基本的にNG。乾燥させることで、成分量が変化してしまい、食べすぎると病気や体調不良の原因になります。

チョコバナナ

チョコバナナは絶対にNG。チョコレートが猫にとって有毒なので絶対に食べさせてはいけません。

焼きバナナ

焼きバナナも食べてOKです。ただし、加熱することで糖分が増加したり、油を使うことになるので与えすぎには十分に注意です。

青く熟していないバナナ

黄色いバナナと同じく食べてもOK。とはいえ、日本ではあまり見かけることがないので食べさせる機会はないでしょう。

黒く熟したバナナ

バナナの皮に出る黒いポツポツは「シュガースポット」と呼ばれ、完熟した証拠です。
黒く熟したバナナも猫に与えてOK。有毒ではありません。

まとめ:猫にバナナ

猫にとってバナナは食べても有毒ではないので、少量なら食べてもOKです。
しかしながら、食べ過ぎには十分注意してあげてください。

やはり猫の基本的な食事は、キャットフードがおすすめです。