【複雑】猫があくびをするのはなんで?うつることもある!?

暖かな日差しが眠気を誘い、気持ち良さそうにあくびをする猫を見ると「猫になりたいなぁ」なんて思ったりしますね。

忙しい毎日を送っていると余計にそう思うもしれません。

猫のあくび。実はいろいろな意味が隠されていたってご存知でしたか?眠い時だけではないんです。どんな感情が隠されているんでしょうか?

さっそく見て行きましょう。

猫があくびをする理由と種類


時おり、全く眠くなさそうなのに猫があくびをしている姿を見たことありませんか?

むしろ長い睡眠から起きた直後にあくびをする猫ちゃんもいるほど。そこにはどんな理由があるんでしょうか?

眠る直前、起きた直後にあくびをする

行動が変わる節目であくびをして、睡眠モードまたは覚醒モードに切り替えているのを助けている。という説があります。

よく言われることとして「酸欠だから、酸素を取り入れている」というものがあります。

しかし実験により、あくびをしても血中の酸素濃度は上昇しないことが分かったんです。

私たちが考えている以上に、あくびには複雑な脳の仕組みが関係しているのかもしれません。

失敗した時にあくびをする

失敗した時の不安を隠すために、全く関係ない行動(あくび)をすることがあります。

これは「転移行動」と呼ばれています。

自然と出てしまうもので、人間も頭をかくなどして照れ隠しをする場合がありますね。

遊んでいたのに急にあくびをする

猫が急にあくびをする時、、、これは、猫がクールダウンしているサインかも。

あくびの役割として最近有力なのは「脳を冷却している」という説。

あくびによって脳がオーバーヒートするのを防いでいるそう。

実際、氷で頭を冷やした人の方が、あくびが出にくくなることが実験でも分かっています。

ご飯を食べる前にあくびをする

ご飯の前にあくびをする猫も意外と多いです。

睡眠の前後にするあくびと似ていて、「よし!」とやる気をひきだしている合図。

別に「食べんのめんどくさ〜」と思っているわけではないんです。

ストレスがかかる前にあくびをする

ストレスとあくびの関係はまだ解明されていないのですが、、、

喧嘩などの、ストレスがかかる前に頻繁にあくびするようになることは観察によって分かっている事実です。

どうやら自律神経にかかわる脳の中枢部に関係している。ということくらいしか、研究者たちもわかっていないのが現状。

あくびはとっても身近な行動なのに、驚くほどに分かっている事が少ないんです。猫のあくびに関してはなおさらでしょう。今後の研究に期待ですね。

【事実】猫もあくびがうつる!


まずはこちらの動画をご覧ください。

かわいいですねぇ。

人間でも目の前の人があくびをしていると、つられて自分もあくびが出ることがあります。

残念ながら、この点においての猫の研究はまだ無いようで、猫も人間みたいにあくびがうつるのか?はっきりしたことはわかっていません。

でも動画を見る限りでは、確実にあくびがうつっているように見えてしまいます。私だけ?

あくびがうつる理由は、「共感」によるものだと言われ、好意や親しい間柄であるほどあくびがうつりやすいことが人間を対象とした実験でわかってきています。

集団生活をしている犬も、飼い主のあくびにつられてあくびをすることがよくあるとか。かわいいですねぇ。

あくびとともにニオイ、歯の衛生状態をチェック


猫は口呼吸をしない動物なので、あくびをしているときは口の状態をチェックする絶好のチャンスです。

あくびを観察しながら

  • 口臭はきつくないか?
  • 歯が抜け落ちていないか?
  • 歯ぐきは赤くなっていないか?
  • 舌は健康的な色をしているか?
  • のどに異物が引っかかっていないか?

などを見てあげてください。

猫のあくびは3秒くらいで終わってしまうことがほとんど。だから「一度のあくびで全てをチェックすることはできない」と思われるかもしれません。

ですから、あくびをしている事を見計らって、数回に分けてチェックする事をお勧めします。

同時に、猫があくびをしながら涙を流したり、くしゃみをするようなら、猫風邪かも。念のため熱を測ってあげましょう。

猫のあくびまとめ

この記事では、猫はなんであくびをするのか?この疑問を深掘りして来ました。

まだまだわかっていることは少ないのが現状。ですから、「こうなんじゃないか?」と言われている説を4つご紹介。

  • 転移行動
  • 脳を冷却している
  • 行動の切り替えを助けている
  • ストレスに対処している

猫のあくび。実にいろんな意味が隠されているんですね。

これからあくびをしている猫に会ったら、「どんな気持ち?」なのか想像してみると面白いですね!